検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Gmail の広告の仕組み

Google では優先トレイなどの機能によって、重要度の低いメールを振り分けられるように自動処理を行っています。広告に関しても同様の方法を採用しています。たとえば、最近カメラや写真に関するメールを多数受け取っている場合は、お住まいの地域のカメラ店からの案内に関心を持つものとみなされる可能性があります。逆に、それらのメールを迷惑メールとして報告した場合は、そのような案内には関心がないものとみなされます。多くのメールサービスでは、このような自動化された処理によって、迷惑メールフィルタやスペルチェックなどの機能を提供しています。

Google では、最も有益で関連性の高い広告を表示するための方法を常に模索しています。たとえば Gmail では、より関連性の高い広告を表示するために、ウェブを Google 検索したキーワード、アクセスしたサイト、Google プロフィール、その他の Google アカウント情報を利用する場合があります。

Gmail での広告の表示は完全に自動化されており、広告の表示のために人間がメールの内容をチェックするようなことはありません。

プライバシー、透明性、ユーザーの選択

Google がユーザーの個人情報(Gmail や Google アカウントの情報を含む)を販売することはありません。また、ユーザーの明示的な許可なく、ユーザーの個人情報を広告主に提供することもありません。

広告の対象となるコンテンツの種類にも注意を払っています。たとえば、人種、宗教、性的指向、健康状態、経済状況などのデリケートな情報に基づく広告は表示されません。Gmail に表示される広告は Gmail 広告ポリシーに準拠しています。

広告表示設定ページで [広告のパーソナライズ] をオフにすることで、メールや個人情報の使用をオプトアウトすることができます。オプトアウトした場合、表示される広告は、Google アカウントに関連付けられているメールやその他の個人データに基づいたものではなくなります。オプトアウトしても、メールのスキャンとフィルタリングの自動処理は引き続き行われます。収集したデータの用途についてはこちらをご覧ください。

ユーザー情報の取り扱いについては、Google のプライバシー ポリシーをご覧ください。

このヘルプページの執筆者は、Gmail のエキスパートです。このページについてフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?