Gmail の新しいインターフェースなら、1 か所ですべての重要情報を確認できます。新しいレイアウトの詳細をご覧ください。

Gmail で検索する

受信トレイで検索キーワードを入力してメールを見つけることができます。すばやく検索できるように、検索キーワードを入力すると候補が表示されます。検索キーワードの候補は、Gmail アカウントの情報(メール、連絡先、ラベル、検索履歴など)に基づいて表示されます。

検索方法

重要: オフラインの場合は、デバイスに同期されているメールのみが表示されます。Gmail Go では、オフライン中は検索機能を使用できません。

  1. Android のスマートフォンまたはタブレットで、Gmail アプリ を開きます。
  2. 上部の検索ボックスで、[メールを検索] をタップします。
  1. 検索条件を入力します。
  2. 検索アイコン 検索 をタップします。
  • すべてのメール([迷惑メール] と [ゴミ箱] にあるメールを除く)が検索結果に表示されます。
  • ユーザーのメールアドレスを検索すると、そのエイリアスを含むメールも検索結果に表示されます。指定したメールアドレスのみに検索対象を制限するには、検索条件を二重引用符で囲みます。例: "from:john.doe@gmail.com"
  • "from:[メールアドレス]" で検索すると、そのメールアドレスで共有されているドライブ ファイルも検索結果に表示されます。

検索時にフィルタを使用する

検索時または検索後に、フィルタを使用して検索結果を絞り込むことができます。利用できる検索フィルタとその動作は以下のとおりです。複数のフィルタを組み合わせて検索結果をさらに絞り込むことも可能です。

ラベル

  • 作成した特定のラベル内のアイテムを検索します。

From

  • 特定のメールアドレスから送信されたアイテムを検索します。

To 

  • 特定のメールアドレス宛に送信したアイテムを検索します。

添付ファイル

  • 添付ファイルが含まれているアイテム、または、Google ドキュメント、Google スプレッドシート、PDF などの特定の形式の添付ファイルが含まれているアイテムを検索します。

日付

  • 特定の期間または特定の日付に送信されたアイテムを検索します。

未読

  • 現在「未読」とマークされているアイテムを検索します。

カレンダーの更新を除外

  • Google カレンダーの更新を除くすべてのアイテムを検索します。

ヒント: 検索演算子を使用して検索結果を絞り込むこともできます。

検索条件の保存の仕組み

Gmail で検索や閲覧に使用する単語は自動的に保存されます。この機能により、今後検索する際に適切な候補が表示されるようになります。

検索履歴を消去する

  1. Android のスマートフォンまたはタブレットで、Gmail アプリ を開きます。
  2. 左上のメニュー アイコン メニュー をタップします。
  3. 設定アイコン 設定 次に [全般設定] をタップします。
  4. 画面右上のその他アイコン その他 をタップします。
  5. [検索履歴を消去] 次に [消去] をタップします。
ヒント: 消去されるのはお使いのデバイスの検索履歴のみです。Google サーバーから検索履歴を消去することもできます。詳しくは、アクティビティを削除する方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
17
false
false