検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ブロックされるファイル形式

さまざまな理由により、「このメールは、コンテンツに潜在的なセキュリティの問題があるためブロックされました」というエラーが Gmail に表示されることがあります。実行ファイルや特定のリンクが埋め込まれているメールなど、ウィルスを拡散させる可能性があるメールは、Gmail でブロックされます。

メールがブロックされる理由

メールにファイルが添付されている

Gmail では、ウィルス対策のため特定の形式のファイルは添付できません。

  • 「添付できないファイル形式」(下記)に指定されているファイル形式。これには、圧縮されている(.gz や .bz2 などの形式)場合や、アーカイブ(.zip や .tgz など)の中に入っている場合も含まれます。
  • 悪意のあるマクロが埋め込まれているドキュメント
  • パスワードで保護されたファイル コンテンツが格納されているアーカイブ
  • パスワードで保護されたアーカイブが格納されているアーカイブ

注: 添付ファイルのサイズが大きすぎる場合はメールを送信できません。詳しくは添付ファイルとファイルサイズの制限をご覧ください。

添付できないファイル形式

.ade、.adp、.bat、.chm、.cmd、.com、.cpl、.exe、.hta、.ins、.isp、.jar、.jse、.lib、.lnk、.mde、.msc、.msp、.mst、.pif、.scr、.sct、.shb、.sys、.vb、.vbe、.vbs、.vxd、.wsc、.wsf、.wsh

メールにファイルが添付されていない

ファイルが添付されていなくてもメールがブロックされる場合があります。

ウィルスを拡散させる可能性があるコンテンツ、画像、リンクを追加した場合、メールがブロックされることがあります。

このヘルプページの執筆者は、Gmail のエキスパートです。このページについてフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?