ブロックされるファイル形式

Gmail では、ウィルスに対するセキュリティ対策として、実行ファイル(拡張子が .exe のファイルなど)を送受信できないようになっています。実行ファイルは有害なコードを組み込むことができてしまうため、これによってコンピュータに悪意のあるソフトウェアがダウンロードされる可能性があるからです。また、Gmail では破損したファイルの送受信もできません。

送受信できないファイルの種類

次の種類のファイルは送受信できません。

.ade、.adp、.bat、.chm、.cmd、.com、.cpl、.exe、.hta、.ins、.isp、.jar、.jse、.lib、.lnk、.mde、.msc、.msp、.mst、.pif、.scr、.sct、.shb、.sys、.vb、.vbe、.vbs、.vxd、.wsc、.wsf、.wsh

このような種類のファイルを含むメールは送信者に自動的に返送されます。Gmail では、これらのファイルを圧縮して送信することも認められていません。圧縮形式には次のようなものがあります。

.zip、.tar、.tgz、.taz、.z、.gz、.rar

別の zip ファイル内の zip ファイル

中に別の zip ファイルを含み、パスワードで保護された zip ファイルを送信することはできません。すべてのファイルを解凍するか、可能であればパスワード保護を解除してください。

Mac ユーザーの場合、別の zip ファイルを含む zip ファイルを送信すると、ファイルが破損する可能性が高くなります。最初にすべてのファイルを展開し、1つの zip ファイルを作成し直すことをお勧めします。
最大ファイルサイズ

送受信できるメールの最大サイズは、添付ファイルも含めて合計 25 MB までです。25 MB を超えるメールは配信されずに送信者に返送されます。詳細については、メールの送信および添付ファイルの最大サイズをご覧ください。

ヘルプ

  • Google でウィルスを防ぐ方法については、添付ファイルのウィルス スキャンについてのページをご覧ください。
  • ファイルを zip 形式で圧縮したり、zip ファイルのパスワード保護を解除する方法は、ご使用のオペレーティング システムのヘルプリソースを参照してください。
この記事は役に立ちましたか?