メールの自動振り分け設定

Gmail のフィルタを使用して受信メールを自動的に管理し、メールのラベル付け、アーカイブ、削除、スター付け、転送を行うことができます。

フィルタの作成
  1. Gmail を開きます。
  2. 上部の検索ボックスで下向き矢印 下矢印 をクリックします。
  3. 検索条件を入力します。検索が正しく動作することを確認するには、検索ボタン 検索 をクリックして表示されるメールを確認します。
  4. 検索ウィンドウの下部にある [この検索条件でフィルタを作成] をクリックします。
  5. フィルタの動作を選択します。
  6. たとえば、受信メールに自動的にラベルを付けて受信トレイから削除し、後で都合のよいときに読むことができます。この場合は、フィルタの作成時に [受信トレイをスキップ(アーカイブする)] と [ラベルを付ける] をオンにします。
  7. [フィルタを作成] をクリックします。

メールを転送するフィルタは新着メールにのみ適用されます。

特定のメールを使用したフィルタの作成

  1. Gmail を開きます。
  2. 目的のメールの横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. [その他] をクリックします。
  4. [メールの自動振り分け設定] をクリックします。
  5. フィルタ条件を入力します。
フィルタの編集と削除
  1. Gmail を開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [フィルタ] をクリックします。
  5. 目的のフィルタを見つけます。
  6. [編集] をクリックするか、[削除] をクリックしてフィルタを削除します。フィルタを編集する場合、編集が完了したら [続行] をクリックします。
  7. [フィルタを更新] をクリックします。

フィルタは必要な数だけ作成できますが、他のアドレスへの転送を設定できるのは最大 20 個です。

フィルタの書き出しと読み込み

利用しているフィルタ システムを別のアカウントで使用する場合や、友だちと共有する場合は、フィルタを書き出して読み込むことができます。

  1. Gmail を開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [フィルタ] をクリックします。
  5. 目的のフィルタの横にあるチェックボックスをオンにします。

フィルタの書き出し

  1. ページ下部の [エクスポート] をクリックします。
  2. これで .xml ファイルが作成されます。このファイルは必要に応じてテキスト エディタで編集できます。

フィルタの読み込み

  1. ページ下部の [インポート] をクリックします。
  2. 読み込むフィルタが含まれているファイルを選択します。
  3. [ファイルを開く] をクリックします。
  4. [フィルタを作成] をクリックします。

このヘルプページの執筆者は、Gmail のエキスパートです。このページについてフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?