フィルタの使用

Gmail では、受信したメールをフィルタを使用して整理することができます。フィルタを使用すると、メールのラベル付け、アーカイブ、削除、スター付け、転送のほか、迷惑メール防止も自動的に実行できます。

フィルタを作成するには

  1. Gmail を開きます。
  2. 検索ボックスの下矢印をクリックします。ウィンドウが表示され、そのウィンドウで検索条件を指定できます。
    Gmail Search Box

  3. 検索条件を入力します。検索が正しく動作することを確認するには、検索ボタンをクリックします。
  4. 検索ウィンドウの下部にある [この検索条件でフィルタを作成] をクリックします。検索結果を確認する必要がある場合は、[x] をクリックしてフィルタ オプションを折りたたみます。下矢印をもう一度クリックすると、再びウィンドウが開き、入力した検索条件が表示されます。
  5. フィルタで実行する操作を選択します。
    メールを整理するために、多くのユーザーは受信メールに自動的にラベルを付けて受信トレイから削除し、後から都合のよいときに読むようにしています。そのためには、フィルタを作成するときに [受信トレイをスキップ(アーカイブする)] と [ラベルを付ける] を必ずオンにします。
  6. [フィルタを作成] ボタンをクリックします。

注: メールを転送するフィルタを作成すると、新着メールにのみ適用されます。フィルタが該当する既存のメールは転送されません。

特定のメールを使用してフィルタを作成するには

  1. Gmail を開きます。
  2. メール リストでメールを選択します。
  3. [その他] ボタンをクリックし、[メールの自動振り分け設定] をクリックします。
  4. 該当する欄にフィルタ条件を入力します。

既存のフィルタを編集/削除するには

  1. Gmail を開きます。
  2. 右上にある歯車をクリックします。
  3. [設定] を選択します。
  4. [フィルタ] タブをクリックします。
  5. 目的のフィルタを見つけ、編集する場合は [編集]、削除する場合は [削除] をクリックします。
  6. 編集する場合、該当する欄に新しいフィルタ条件を入力して、[続行] をクリックします。
  7. 操作を変更して、[フィルタを更新] ボタンをクリックします。

作成できるフィルタの数に制限はありませんが、他のアドレスへの転送を設定できるフィルタは 20 個までです。フィルタによる転送を最大限に利用するには、同じアドレス宛のフィルタを組み合わせます。

フィルタをエクスポート/インポートするには

利用しているフィルタ システムを別のアカウントでも使用したい場合や、友だちと共有したい場合は、フィルタをエクスポート/インポートできます。

  1. Gmail を開きます。
  2. 右上にある歯車をクリックします。
  3. [設定] を選択します。
  4. [フィルタ] タブをクリックします。

フィルタをエクスポートするには、フィルタの横にあるチェックボックスをオンにし、ページ下部の [エクスポート] ボタンをクリックします。これで .xml ファイルが作成されます。このファイルは必要に応じてテキスト エディタで編集できます。

フィルタをインポートするには、ページ下部の [フィルタをインポート] をクリックします。インポートするフィルタのファイルを選択して [ファイルを開く] ボタンをクリックします。[フィルタを作成] をクリックしてフィルタのインポートを完了します。