Gmail アプリにメール アカウントを追加する

Gmail アプリで Yahoo や Hotmail などのメールアドレスを使用して、メールを送受信できます。メールを転送する必要はありません。

職場や学校で Google アプリをご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください
 

Google 以外のアドレスでも、Google アカウントと同様に次のような Gmail の機能を多数使用できます。

アカウントを追加または削除する

Android 版 Gmail アプリには、Gmail アカウントと Gmail 以外のアカウントを両方追加できます。

アカウントを追加する
  1. Android のスマートフォンまたはタブレットで、Gmail アプリ を開きます。
  2. 右上のプロフィール写真をタップします。

  3. [別のアカウントを追加] をタップします。
  4. 追加するアカウントの種類を選択します。
    • Windows 版 Outlook で仕事や学校のメールを確認している場合は、[Outlook、Hotmail、Live] を選択します。
    • 利用しているメールサービスが表示されない場合は、[その他] を選択します。
  5. 画面の手順に沿ってアカウントを追加します。
アカウントを削除する
  1. Android のスマートフォンまたはタブレットで、Gmail アプリ を開きます。
  2. 右上のプロフィール写真をタップします。
  3. [このデバイスのアカウントを管理] をタップします。
  4. 削除するメール アカウントをタップします。
  5. [アカウントを削除] をタップします。

Gmail アプリですべてのアカウントのメールを表示する

  1. Android のスマートフォンまたはタブレットで、Gmail アプリ を開きます。
  2. 左上のメニュー アイコン メニュー をタップします。
  3. [すべての受信トレイ] をタップします。

エラーが発生する場合

「ユーザー名とパスワードが拒否されました」

お使いのメールサービスに関して以下の点をご確認ください。

  • サーバー、ポート、セキュリティが正しく設定されているか
  • ログインにアプリ固有のパスワードが必要かどうか
: iCloud アカウントを Gmail に追加する場合は、iCloud を設定する方法をご確認ください。

「メールのセキュリティは保証されていません」

ご使用のメールサービスで高レベルのセキュリティがサポートされていない場合は、この警告が表示されます。

この問題が重要ではない場合は、下記の手順で保護されていない接続を使ってアカウントを追加することが可能です。

  1. [セキュリティの種類] にある下矢印 下矢印 をタップします。
  2. [選択解除] を選択します。

注: この方法を選択した場合、メールサービスへの接続は暗号化されません。つまり、追加したアカウントのユーザー名、パスワード、またはメールの情報を、第三者に読み取られる可能性があります。

証明書のエラー

以下のいずれかのエラー メッセージが表示される場合は、ご使用のメールサービスで安全な接続をサポートしていない可能性があります。

  • 「証明書は信頼されていません」
  • 「証明書は有効期限が切れているか、まだ有効になっていません」
  • 「証明書は変更されています」
  • 「証明書のサブジェクトとホスト名が一致しません」
  • 「証明書が見つかりません」

エラーを解決するには、ご使用のメールサービスに報告してください。

  1. エラー メッセージの [詳細] をタップします。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [共有] をタップします。

Note: You might need to do a search for the contact information of your other email service.

「エラーが発生しました」または「サーバーに接続できませんでした」

Exchange や POP など、IMAP 以外のアカウントを Gmail アプリに追加することはできません。Gmail 以外のアカウントを追加する場合は、メール プロバイダに問い合わせて IMAP が有効になっていることを確認してください。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
17
false