検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

前回のアカウント アクティビティ

Gmail アカウントが使用された日時などのログイン履歴を確認できます。履歴には、アクセスに使用された IP アドレスも表示されます。

アカウント アクティビティの確認

  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. 右下の [アカウント アクティビティの詳細] をクリックします。

ヒント: 最近のセキュリティ イベント ページにアクセスして、Google アカウント全体で最近行われたセキュリティ関連の操作を確認することもできます。

アカウント アクティビティ ページに表示される情報

アカウント アクティビティ ページでは、ログインの記録や下記の情報を確認できます。

最近のアクティビティ

[最近のアクティビティ] では、他の端末、ブラウザ、場所で Gmail にログインしているかどうかを確認できます。

現在のセッション以外のすべてのセッションからログアウトするには、[他のすべての Web セッションからログアウト] をクリックします。

アクセス タイプ

Gmail にアクセスしたブラウザ、端末、メールサーバー(POP や IMAP など)を確認できます。

ロケーション(IP アドレス)

Gmail アカウントにアクセスした直近 10 件の IP アドレスとおおよその場所を確認できます。

アカウントでの疑わしいアクティビティに関するアラートが表示された場合は、疑わしいとされた最大 3 個の IP アドレスが追加で表示されていることもあります。

アクティビティに複数の IP アドレスや場所が表示される場合は、次のような理由があります。

  • POP や IMAP を使用して他のサービス(Apple Mail や Microsoft Outlook など)でメールを読んでいる場合は、これらの場所も表示されます。
  • Mail Fetcher を使用している場合は、Google のサーバーを経由してメールが取得されるため、Google の IP が表示されます。
  • スマートフォンやタブレットで Gmail を使用している場合は、お使いのインターネット サービスやモバイル キャリアの場所が表示されることがあります。現在地から離れた場所が表示される場合もありますが、ご利用になっているキャリア名であれば問題ありません。

問題を解決する

他人があなたのアカウントにアクセスしたと思われる場合

ページに表示されたロケーションやアクセス タイプなどのアクティビティに心当たりがない場合は、フィッシング不正なソフトウェアを利用して他人があなたのアカウントにアクセスした可能性があります。

  1. すぐにパスワードを変更します。
  2. Gmail のセキュリティに関する推奨の手順を行い、アカウントのセキュリティを確保します。
アラートを無効にする場合

アカウントでの疑わしいアクティビティに関する通知を確認できるよう、アラートを有効にしておくことを強くおすすめします。それでもアラートを無効にする場合は、下記の手順を行います。

注: アラートが無効になるまでおよそ 1 週間かかります。これは、あなたのアカウントにアクセスした他人ではなく、あなた自身がアラートを無効にしたことを確認するためです。

  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. 右下の [アカウント アクティビティの詳細] をクリックします。
  3. ページの下部にある [アラート設定] の横の [変更] をクリックします。
  4. [不正な操作に対してアラートを表示しない] を選択します。

このヘルプページの執筆者は、Gmail のエキスパートです。このページについてフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。