不在時の自動返信

外出などでしばらくインターネットに接続できない場合も、Gmail の不在通知を使用すると、すぐにはメールを返信できない事を知らせることができます。不在通知が有効になっている間は、あなたにメールを送信した相手に対して自動的に返信が送信されます。

不在通知を有効にする

  1. Gmail を開きます。
  2. 右上にある歯車をクリックします。
  3. [設定] を選択します。
  4. [全般] タブで [不在通知] セクションまでスクロールします。
  5. [不在通知 ON] を選択します。
  6. 期間、件名、メッセージを入力します。
  7. 次のように、不在通知を送信する相手を制限することができます。
    • 連絡先に登録されていないアドレスから送信されたメールに対して不在通知が送信されないようにする場合は、[連絡先リストのメンバーにのみ返信する] チェックボックスをオンにします。
    • Google Apps をご利用の場合は、ドメイン内のユーザーにだけ不在通知を送信するオプションもあります。両方のチェックボックスをオンにした場合、連絡先リストのユーザーとドメイン内のユーザーに、自動的に不在通知が送信されます。
  8. ページの下部にある [変更を保存] をクリックします。
Gmail の設定を開く

設定で自分の署名を有効にしている場合は、不在通知メッセージの最後に署名が自動的に追加されます。

不在通知を無効化、編集する

不在通知が有効になっている間は、Gmail の上部に不在通知の件名を示すバナーが表示されます。不在通知を無効にするには、バナーの [今すぐ終了] リンクをクリックします。不在通知を編集するには、[不在設定] をクリックします。

不在通知が送信される期間

不在通知は、開始日の午前 12:00 から終了日の午後 11:59 までの間に送信されます(それより早く終了した場合を除く)。

通常、不在通知は、あなたにメールを送信した相手に一度だけ送信されます。ただし、不在通知を送信してから 4 日後以降に同じ相手からもう一度メールを受信した場合、引き続き不在通知が有効であれば、しばらくメールで連絡が取れないことを知らせるために不在通知が再度送信されます。不在通知を編集すると、不在通知を設定した時点の状態に戻ります。このため、不在通知の件名やメッセージを編集した後で、編集前の不在通知を受け取った相手からもう一度メールが送信されてきた場合、この相手には編集後の通知メッセージが送信されます。

迷惑メールに分類されたメールや参加しているメーリング リスト宛に送信されたメールには、不在通知は送信されません。