[このメールは次のアドレスから送信されたものではない可能性があります] という警告の表示

Gmail から送信されたことを証明する認証データがメールに含まれていない場合に、情報を保護するためにこの警告が表示されます。

警告メッセージが表示される理由

送信者のアドレスが name@gmail.com であると表示されているにも関わらず、メールが実際にその Gmail アカウントから送信されたことを Google が確認できない場合に、この警告が表示されます。

次の原因が考えられます。

  • 送信者が Gmail アカウントのユーザーになりすましてメールを送信している
  • 送信者がウェブサイトからメールを送信している(ニュース記事を共有する場合など)
  • 自動転送によりメールが送信された(学校のアカウントから個人の Gmail アカウントへの転送など)

方法 1: 不審なメールの場合

表示されている Gmail アドレスからメールが送信されたことが疑わしい場合は、次の手順に従ってください。

  1. 警告メッセージで [フィッシングを報告] をクリックします。
  2. 個人情報を提供したり、メール内のリンクをクリックしたりしないでください。

方法 2: 信頼できる送信者からのメールの場合

メールの送信者を信頼できる場合は、今後その送信者から受信するメールに警告を表示しないようにできます。

送信者からのメールに警告が表示されないように個別に設定する
  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. 検索アイコン 検索 の横にある下矢印 下矢印 をクリックします。
  3. [From] 欄に送信者のメールアドレスを入力します。
  4. 右下にある [この検索条件でフィルタを作成] をクリックします。
  5. [迷惑メールにしない] チェックボックスをオンにします。
  6. [フィルタを作成] をクリックします。
転送されたメールに警告が表示されないように設定する

他のメールアドレスからメールの自動転送を行っている場合は、転送されたメールに警告が表示されないように設定できます。

  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. 右上にある設定アイコン 設定アイコン 次に [設定] の順にクリックします。
  3. 上部にある [アカウントとインポート] タブまたは [アカウント] タブをクリックします。
  4. [名前] で、[他のメール アドレスを追加] をクリックします。
  5. 画面上の手順に沿って操作します。

転送されたメールには警告メッセージが表示されなくなりますが、[anotherdomain.com 経由で sender@gmail.com から送信] のようなメッセージが表示されます。

受信者に警告を表示しないようにする

受信者にこの警告を表示しないようにできます。まず、Gmail のメールを送信している方法を次から選択します。

スマートフォンやタブレットの場合

モバイル端末が Gmail の設定のガイドラインに準拠していることを確認します。

Outlook や Apple Mail などの他のメールサービスの場合

Gmail を IMAPPOP で設定していることを確認します。

職場や学校のアカウントの場合

管理者に問い合わせてメール認証を設定してもらいます。

これらの手順がうまくいかない場合は、Google に問題を報告することができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。