メッセージの翻訳

受け取ったメールが理解できない言語で書かれている場合、Gmail ではワンクリックですぐにメールを翻訳できるので、メールの内容を理解できます。

仕組み
デフォルトの言語以外のメールが検出されると、メールの上部にボックスが表示されます。[メッセージを翻訳] リンクをクリックすると、メールが翻訳されます。

翻訳前の元のメールを表示するには、[元の原文を見る] をクリックします。

メッセージの翻訳言語を変更する
デフォルトでは、メールは Gmail の表示言語に翻訳されます。表示言語を変更する方法は次のとおりです。
  1. 右上にある歯車のアイコン をクリックします。
  2. [設定]を選択します。
  3. [言語] セクションの [Gmail 表示言語] プルダウン メニューで言語を選択します。
メールの翻訳は不要なので、この機能を無効にする
表示言語以外のメールでも、理解できる言語で書かれたメールは翻訳する必要がありません。この場合は、メールの上部にある翻訳ボックスの [次の言語で無効にする] をクリックします。

たとえば、フランス語を理解できるのに、フランス語のメールを日本語に翻訳するかどうかを確認するメッセージが表示される場合は、[次の言語で無効にする: フランス語] リンクをクリックします。

この機能を使用して、すべてのメールを自動的に翻訳する
特定の言語のメールを常に自動翻訳するには、メールを翻訳した後、[常に翻訳] リンクをクリックします。

たとえば、ドイツ語のメールを受信した場合、[メッセージを翻訳] をクリックすると、[常に翻訳: ドイツ語] というリンクが表示されます。このリンクをクリックすると、その後はドイツ語のメールはすべて自動的に翻訳されます。

メッセージの自動翻訳を無効にする
特定の言語のメールで有効にした自動翻訳を無効にするには、[次の言語は自動翻訳しない] リンクをクリックします。

たとえば、スペイン語の自動翻訳を有効にした場合は、次回スペイン語のメールを受信したときに、[次の言語は自動翻訳しない: スペイン語] リンクをクリックすると、スペイン語の自動翻訳が無効になります。

翻訳ボックスが表示されない
特定の言語の翻訳を誤って無効にした場合や、メールが 30 文字より短い場合は、翻訳ボックスは表示されません。

ただし、[返信] ボタンの横にある下向き矢印 をクリックし、[メッセージを翻訳] を選択すると、いつでも翻訳ボックスを表示できます。