メールへの差し込み機能を使用してカスタマイズしたメールを送信する

Gmail のメールへの差し込み機能を使用すると、カスタマイズされたメール キャンペーン、ニュースレター、お知らせを多数の受信者に宛てて送信できます。

重要: メールへの差し込み機能は、Gmail のマルチ送信モードに置き換わるものです。メールを作成する際に、[宛先] 行の横にある「メールへの差し込みを使用」アイコン をクリックします。

メールへの差し込みの仕組み

Gmail のメールへの差し込み機能

  • メールへの差し込み機能により、@[名] や @[姓] などの差し込みタグでメッセージをカスタマイズできます。メールを送信すると、各受信者は固有のメールのコピーを受け取ります。それぞれのメール内の差し込みタグは受信者の情報に置き換えられます。
  • 受信者は、メールを他に誰に送信したのかを確認できません。会話を簡単に管理できるように、受信者からの返信は別のスレッドに表示されます。
  • 受信者が多数の場合は、連絡先情報を含むスプレッドシートをリンクできます。スプレッドシートの任意の列をメッセージの差し込みタグとして使用できます。これには、メッセージをカスタマイズするための、各受信者のカスタムの詳細情報が含まれます。

メールへの差し込みが有効かどうかを確認する

メールへの差し込みを使用するには、対象プランを利用中のアカウントにログインしてください。以下の Google Workspace プランが対象です。

  • Workspace Individual
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Education Standard
  • Education Plus

受信者をメッセージに直接追加する

  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. 左上にある [作成] をクリックします。
    • 既存の下書きを開くこともできます。
  3. [宛先] 行に受信者を追加します。
  4. [宛先] 行の右側にある、「メールへの差し込みを使用する」アイコン をクリックします。
  5. [メールへの差し込み] をオンにします。
  6. メッセージに「@」と入力します。
  7. 以下の差し込みタグを選択します。
    • @[名]
    • @[姓]
    • @[氏名]
    • @[メール]
  8. 差し込みタグを挿入するには、Enter キーを押します。

ヒント:

  • メッセージの受信者名が正しいことを確認するには、Google コンタクトで受信者の名前を確認してください。
  • 複数の宛先を追加するには、Google コンタクトでラベルを作成して受信者をグループ化します。Gmail の [宛先] 行にラベルを追加すると、グループの受信者が自動的に入力されます。詳しくは、ラベルで連絡先を整理する方法をご覧ください
  • 受信者が Google コンタクトに登録されていない場合は、[宛先] 行に入力した内容をもとに、メールへの差し込み機能により姓と名が入力されます。
    • たとえば、宛先として「Lisa Rodriguez <lisa@example.com>」と入力すると、Gmail では「Lisa」が @[名]、「Rodriguez」が @[姓] として使用されます。

スプレッドシートから受信者をメッセージに追加する

重要: 連絡先情報はスプレッドシートの最初のタブに含める必要があり、テキストのみを含めることができます。

  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. 左上にある [作成] をクリックします。
    • 既存の下書きを開くこともできます。
  3. [宛先] 行の右側にある、「メールへの差し込みを使用する」アイコン をクリックします。
  4. [メールへの差し込み] をオンにします。
  5. [スプレッドシートから追加] をクリックします。
  6. スプレッドシートを選択します。
  7. [挿入] をクリックします。
  8. ウィンドウで、以下の受信者情報が含まれているスプレッドシートの列を選択します。
    • メール
    • 姓(省略可)
  9. [Finish] をクリックします。
    • スプレッドシートが、メッセージの [宛先] 行に追加されます。
  10. メッセージに「@」と入力します。
  11. 差し込みタグを選択します。
    • 差し込みタグはスプレッドシートの列見出しによって決まります。
  12. 差し込みタグを挿入するには、Enter キーを押します。

ヒント: 受信者の情報にスプレッドシートを使用する場合は、列見出しとメールアドレスで使用されているテキストの文字を確認してください。

  • 列名に文字や数字以外の特殊文字が含まれている場合、Gmail 内の対応する差し込みタグは、その位置により識別できます。たとえば、最初の列の名前は「@A」などです。
  • 特殊文字を含むメールアドレスは無効とみなされます。

差し込みタグのデフォルト値の詳細

差し込みタグの情報が不足している受信者が含まれている場合、エラー メッセージが表示されます。たとえば、「Sam <sam@example.com>」にメールを送信する際に @[名] または @[姓] の差し込みタグを使用すると、エラーが発生します。これは、Sam が姓なのか名なのかを Gmail で識別できないからです。

この場合は、次のことが可能です。

  • エラー ダイアログにデフォルト値を入力します。
    • たとえば、宛先に名がない場合、「@[名] 様」は「お客様」にできます。
  • 下書きに戻って、次の操作を行います。
    • [宛先] 行、Google コンタクト、またはリンクしているスプレッドシートに、不足している値を追加します。
    • [宛先] 行、またはリンクしているスプレッドシートから、値が不足している受信者をすべて削除します。

送信済みメッセージを確認する

送信済みのメールを確認するには、Gmail で [送信済み] フォルダを開きます。メールには、[メールへの差し込みを使用して送信されました] バナーが表示されます。

送信数の制限について
  • 標準の Gmail アカウントでは、1 日に送信できるメール数は送信メール 500 通に制限されています。
  • 仕事用、学校用、Workspace Individual のアカウントの場合、1 日あたりの送信上限は送信メール 2,000 通です。
メールへの差し込み機能を使用すると、次のことができます。
  • メールごとに [宛先] 行に最大 1,500 件の宛先を追加できます
  • 1 日に最大 1,500 件の宛先に送信できます
    • メールへの差し込み機能がオンの場合、1,000 件の宛先へ向けてメールを 1 通送信し、500 件の宛先へ向けて別のメールを 1 通送信するということが可能です。
メールへの差し込みに関する 1 日あたりの宛先数の上限が 1,500 人であるため、同じ日に 500 通までの通常メッセージを送信しても、ビジネス、学校、Workspace 個人アカウントの 1 日あたりの上限 2,000 通を超えることはありません。
メールへの差し込み機能を使用して 1 か月あたりに送信できる宛先の実数に制限はありません。
Cc と Bcc の宛先の制限について
メールへの差し込み機能では、各メールの [Cc] 欄または [Bcc] 欄に指定できる宛先は 1 件のみです。[Cc] または [Bcc] に追加された宛先は、各送信メールにコピーされます。
  • たとえば、500 件の宛先にメールを送信する際に Bcc に「support@company.com」を含めると、「support@company.com」には 500 件のメールのコピーが送られます。[Cc] 欄や [Bcc] 欄にある宛先も 1 日の送信制限にカウントされるため、このメッセージは 1 日の送信上限である 1,000 件を消費することになります。
重要: スプレッドシートを使用して宛先を追加した場合、メールに [Cc] や [Bcc] の宛先を含めることはできません。
登録解除済みの受信者
メールへの差し込みを有効にすると、各メールの下部に独自の登録解除リンクが自動的に追加されます。受信者はこのリンクをクリックして、メールの登録解除や再登録をすることができます。
受信者がメール配信の登録を解除または再登録するとメール通知が届きますが、登録解除したすべての受信者のリストを取得することはできません。
メッセージを送信すると、表示される確認ボックスに、登録を解除していてメールを受信しないユーザーの合計数が表示されます。
重要: 登録を解除した受信者でも、メールへの差し込みを有効にせずに送信したメッセージや、同じドメイン内の他のアカウントからメールへの差し込みを使用して送信したメッセージは受信できます。たとえば、「support@company.com」の登録を解除しても、「marketing@company.com」からのメールは引き続き受信できます。
仕事用または学校用アカウントを使用している場合:
  • ユーザー アカウントを削除しても、登録解除データは破棄されません。
  • 受信者は、組織内の送信者からのメールを登録解除することができません。
メールが迷惑メールに分類されないようにする方法
一括メールを送信する場合は、受信者の受信トレイに配慮したおすすめの方法に沿うことが大切です。また、各地域の規制および Gmail のポリシーを遵守してください。
効果的なメール キャンペーンを実施するには、送信したメールをきっかけに送信者と受信者が有意義な関係を築けるようにする必要があります。詳しくは、一括メールを送信する際のおすすめの方法をご覧ください。
メールへの差し込みに関する制限事項
メールへの差し込み機能は、次の種類のメッセージでは使用できません。
  • 返信
  • 転送
  • 送信日時の設定
  • 情報保護モード
添付ファイルを追加すると、各受信者のメールのコピーに添付ファイルが追加されます。このため、保存容量を大量に使用する可能性があります。
  • たとえば、10 MB のファイルを添付したメールを 500 件の宛先に送信した場合、約 5 GB の保存容量が使用されます。

ヒント: ストレージ容量を節約するには、ファイルを添付するのではなく、Google ドライブにアップロードして、メッセージにリンクを含めます。詳しくは、Google ドライブでファイルを共有する方法をご覧ください。

次のものには、差し込みタグを使用できません。
  • 件名
  • ハイパーリンク付きテキスト

関連リソース

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8972163067148328007
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
17