従来のデータポータルは Looker Studio になりました。Looker Studio のご利用には引き続き料金はかかりません。また、従来のデータポータルと同じ機能をご利用いただけます。Looker Studio Pro では、企業向けの優れたアセット管理機能、新しいチーム コラボレーション機能、テクニカル サポートをご利用いただけます。詳細

グラフに基準線を追加する

グラフ上で関心のある値を強調し、目標の達成度を視覚化できます。

基準線を使用すると、グラフのデータと参照値を比較できます。たとえば、目標の売上高に対する日次売上の達成度を可視化したり、店舗単位の平均収益を表示して他の店舗と比較したりできます。

基準線の例: 週次売上と目標。

基準線の例: 週次売上と目標

基準線とトレンドライン

基準線は、ベンチマークやしきい値としての目標値を表示して、期待値や目標に対するデータの位置付けを可視化するためのものです。

一方、トレンドラインはグラフ内のデータの全体的な方向性を示します。一見するとランダムなデータのパターンを見つけ、予測を行うのに役立ちます。Looker Studio では期間グラフと散布図グラフにトレンドラインを追加できます。

基準線を追加する

基準線は期間グラフ、折れ線グラフ、複合グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、面グラフ、散布図に追加できます。

  1. レポートを編集します
  2. グラフを選択します。デカルト型グラフ(期間グラフ、棒グラフ、面グラフ、折れ線グラフなど)に基準線を追加できます。
  3. 右側のプロパティ パネルで [スタイル] タブを選択します。
  4. [基準線を追加] をクリックします。
  5. 基準線の [タイプ] を選択します。
    基準線は、定数値、指標、またはパラメータを基準とします。
  6. 下記のオプションを使用して基準線を設定します。

1 つのグラフにつき 10 本まで基準線を追加できます。

基準線のオプション

タイプ

基準線の基準となる値を指定します。

定数値

入力した値を基準線の基準とします。たとえば、1 日あたりの販売目標が 100 万円の場合は、1000000 と入力します。パーセント値の場合は、数値を小数で入力します(50% の場合は 0.5)。

指標

グラフに表示される指標を基準線の基準とします。

パラメータ

パラメータを基準線の基準とします。単一値の数値パラメータのみ使用できます。

計算

指標ベースの基準線の場合、選択した指標に適用する集計方法を選びます。たとえば、週別のユーザー数を可視化しているグラフで、指標として「ユーザー」、計算として [平均] を選択すると、1 週間の平均ユーザー数を表す基準線を作成できます。

使用可能な計算:

  • 平均
  • 中央値
  • パーセンタイル
    • パーセンタイルは 0〜100 の整数で入力します。
  • 最小
  • 最大
  • 合計

グラフの X 軸、Y 軸、左 Y 軸、右 Y 軸に基準線を表示します。この設定は、定数値とパラメータ ベースの基準線に適用されます。使用できる軸はグラフの種類によって異なります。

ラベル

基準線のカスタムラベルを表示します。

空白のままにすると、デフォルトのラベルが表示されます。定数値の基準線の場合は「基準線 #n」、指標による基準線の場合は適用された計算のタイプ、パラメータによる基準線の場合はパラメータ名が、それぞれデフォルトのラベルになります。

線の色、太さ、スタイル

基準線の外観を設定します。

読解テストのスコアの 90 パーセンタイルを示すグラフ。

読解テストのスコアにおける 90 パーセンタイルの計算を示す基準線の例。線の色、太さ、スタイルのオプションが適用されています。

基準線を表示する

基準線は、デフォルトのラベルまたは指定したカスタムラベルと一緒に表示されます。線にカーソルを合わせると、ツールチップに基準値が表示されます。

基準線を削除する

グラフから基準線を削除する方法は次のとおりです。

  1. レポートを編集します
  2. グラフを選択します。
  3. 右側のプロパティ パネルで [スタイル] タブを選択します。
  4. 削除する基準線を見つけて、削除アイコン。 をクリックします。

基準線を含むグラフを編集する

グラフの種類を変更すると、新しいグラフの種類でサポートされていない基準線は削除されます。

グラフから指標を削除すると、その指標に関連付けられた基準線も削除されます。

基準線の制限事項

  • 基準線は数値軸でのみ使用できます。日付軸の基準線はサポートされていません。
  • 指標ベースの基準線では、現在グラフに表示されている値のみが対象になります。たとえば、棒が 10 本ある棒グラフに基準線を追加した場合、それ以外の棒のデータは計算に含まれません。
  • 100% 積み上げグラフに基準線を追加することはできません。
  • 積み上げ縦棒グラフ、積み上げ横棒グラフ、積み上げ面グラフでは、定数値とパラメータの基準線のみがサポートされます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
102097
false
false