従来のデータポータルは Looker Studio になりました。Looker Studio のご利用には引き続き料金はかかりません。また、従来のデータポータルと同じ機能をご利用いただけます。Looker Studio Pro では、企業向けの優れたアセット管理機能、新しいチーム コラボレーション機能、テクニカル サポートをご利用いただけます。詳細

EXTRACT

日付のパーツを返します。

使用例

EXTRACT(QUARTER FROM 注文日)

構文

1)日付のパーツを返します。

EXTRACT(part FROM date_expression)

2)[日付と時刻] フィールドまたは式から [日付] を返します。

EXTRACT(DATE FROM datetime_expression)

パラメータ

date_expression - [日付] または [日付と時刻] フィールドまたは式。

datetime_expression - [日付と時刻] フィールドまたは式。

part - 返される時刻パーツ。EXTRACT では次のパーツがサポートされています。

  • DAYOFWEEK: 週の最初の曜日が日曜日である範囲 [1,7] 内の値を返します。
  • DAY
  • DAYOFYEAR
  • WEEK: 範囲 [0, 53] 内の日付の週番号を返します。週は日曜日から始まり、年の最初の日曜日より前の日付は 0 週目です。
  • ISOWEEK: date_expressionISO 8601 形式の週番号を返します。ISOWEEK は月曜日から始まります。戻り値は範囲 [1, 53] 内に存在します。各 ISO 年の最初の ISOWEEK は、グレゴリオ暦年の最初の木曜日より前の月曜日から始まります。
  • MONTH
  • QUARTER: 範囲 [1,4] 内の値を返します。
  • YEAR
  • ISOYEAR: ISO 8601 形式の週番号が付いた年を返します。これは date_expression が属している週の木曜日が含まれるグレゴリオ暦年です。

戻りデータのタイプ

  1. Number (integer)
  2. 日付

次の例では、EXTRACTDAY 時刻パーツに対応する値を返します。

数式 結果
EXTRACT(DAY FROM DATE '2013-12-25') 25

 

次の例では、EXTRACT は年末付近の日付の列から、さまざまな時刻パーツに対応する値を返します。

フィールド名 数式
ISO 年 EXTRACT(ISOYEAR FROM 日付)
ISO 週 EXTRACT(ISOWEEK FROM 日付)
EXTRACT(YEAR FROM 日付)
EXTRACT(WEEK FROM 日付)

出力:

日付 ISO 年 ISO 週
2015-12-23 2015 52 2015 51
2015-12-24 2015 52 2015 51
2015-12-25 2015 52 2015 51
2015-12-26 2015 52 2015 51
2015-12-27 2015 52 2015 52
2015-12-28 2015 53 2015 52
2015-12-29 2015 53 2015 52
2015-12-30 2015 53 2015 52
2015-12-31 2015 53 2015 52
2016-01-01 2015 53 2016 0
2016-01-02 2015 53 2016 0
2016-01-03 2015 53 2016 1
2016-01-04 2016 1 2016 1
2016-01-05 2016 1 2016 1
2016-01-06 2016 1 2016 1
2016-01-07 2016 1 2016 1
2016-01-08 2016 1 2016 1
2016-01-09 2016 1 2016 1

この関数は、互換モードの日付タイプでは使用できません。

 

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
102097
false
false