通知

この記事では、Looker Studio について説明します。Looker のドキュメントについては、https://cloud.google.com/looker/docs/intro をご覧ください。

他のユーザーを招待してレポートを共有する

閲覧者や編集者とレポートを共有します。

Looker Studio への招待状を他のユーザーにメールで送信し、レポートを共有します。特定のユーザーまたは Google グループを招待できます。リンクを知らせて Looker Studio のレポートへのアクセスを許可し、より広範囲に共有することもできます。

Google Workspace と Cloud Identity の管理者は、組織内のユーザーが Looker Studio のアセットを共有する方法を管理できます。詳細
この記事では、レポートを共有して、他のユーザーが Looker Studio でレポートを表示および編集できるようにする方法を説明します。別の共有方法については、このトピックの他の記事をご覧ください。
この記事の内容:

レポートを共有する方法

  1. Looker Studio にログインします。
  2. 共有するレポートを表示または編集します。
  3. 右上の 共有アイコン [共有] をクリックします。すると、次に示す [他のユーザーと共有] ダイアログが表示されます。
    1. または、可能な場合は、閲覧または共同編集にユーザーを招待するためのボタンを選択することもできます。

レポートのホームページから共有するには、共有するレポートを見つけて、右側にある その他のオプション。 [詳細]、共有アイコン [共有] の順にクリックします。

レポートまたはデータソースのリストから共有しています。

レポート共有の仕組み

  • 公開リンクの共有を使用して共有レポートを閲覧する場合は、ログインする必要はありません。
  • メールアドレスまたは Google グループを使用して共有されているレポートを表示または編集するには、Google へのログインが必要です。
  • データソースが埋め込まれたレポートを共有すると、他の編集者がそのレポート内でデータソースを使用および編集できるようになります。
  • レポートを共有しても、そのレポートに追加された再利用可能なデータソースが自動的に共有されることはありません。
    • 再利用可能なデータソースを共有する方法については、こちらの記事をご覧ください。
    • 他のユーザーにレポートの表示および編集を許可するために、レポートの再利用可能なデータソースを共有する必要はありません。

特定のユーザーまたはグループと共有する

  1. [他のユーザーと共有] ダイアログを開きます
  2. [ユーザーを追加] に、共有相手の名前またはメールアドレスを入力します。Google グループと共有することもできます。
  3. 指定したユーザーまたはグループのアクセス権限を選択します。
    • 編集者: ユーザーはアセットを編集し、他のユーザーと共有できます。

    • 閲覧者: ユーザーはアセットを表示できますが、編集したり他のユーザーと共有したりすることはできません。
  4. ユーザーごとに異なる権限を設定するには、[アクセスを管理する] をクリックします。
  5. デフォルトでは、招待したユーザーに、共有するアセットへのリンクが記載されたメールが送信されます。メールを送信しない場合は、[ユーザー通知の送信元メール] チェックボックスをオフにします。
  6. [送信] をクリックします。

組織で Looker Studio を使用している場合

組織で Google Workspace または Google Cloud Identity を使用して Looker Studio を管理している場合、組織内の他のユーザーとの Looker Studio および Looker Studio Pro のコンテンツの共有を管理者が制限している可能性があります。その場合、外部のユーザーと共有しようとするとエラー メッセージが表示されます。また、公開リンクの共有オプションも表示されなくなります。

Google 以外のアカウントと共有する

レポートにアクセスできるよう他のユーザーを直接招待するには、そのユーザーが Google アカウントを持っている必要があります。Google アカウントを持っていないユーザーと共有するには、次の方法があります。

  1. Google アカウントを持っているかどうか共有相手のユーザーに確認します。使用できるアカウントは次のとおりです。
    • 末尾が @gmail.com の個人アカウント。
    • Gmail、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどの Google サービスで使用している仕事用または学校用のアカウント
  2. Google アカウントを持っていないユーザーは、事前にアカウントを登録してレポートを共有できるようにしておく必要があります。
  3. アカウントの作成ページのリンク(https://accounts.google.com/signupwithoutgmail)を送信して、アカウントを開設してもらいます。
  4. 別の方法(リンクの共有、PDF のメール配信など)で共有します。
必ずしも Google アカウントで gmail.com アドレスを使用する必要はありません。既存のメールアドレスを Google アカウントに関連付けることができます。

リンクの共有を使用すると、個々のユーザーまたはグループを直接招待するよりも広範囲にレポートを展開できます。たとえば、Google 以外のアカウントのユーザーと Looker Studio レポートを共有したり、メール、ブログ、ソーシャル投稿にレポートを含めたり、ウェブサイトにレポートを埋め込んだりできます。

不特定多数のユーザーにデータが公開される可能性があるため、リンクの共有は慎重に使用してください。

共有可能なリンクを取得するには

  1. [他のユーザーと共有] ダイアログを開きます
  2. [アクセスを管理する] をクリックします。
  3. 右側にあるプルダウン メニューから、最適なリンクの共有設定を選択します。

リンクの共有設定

Looker Studio の標準ユーザーは、次のリンクの共有設定の中から選ぶことができます。

  • インターネット上の誰でも検索、閲覧できます
  • インターネット上の誰でも検索、編集できます
  • リンクを知っている全員が表示できます
  • リンクを知っている全員が編集できます
  • オフ - 特定のユーザーだけがアクセスできます

Google Workspace のリンクの共有設定

Google Workspace をご利用の場合、リンクを共有できるのはドメイン内のユーザーに限定されることがあります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー