通知

この記事では、Looker Studio について説明します。Looker のドキュメントについては、https://cloud.google.com/looker/docs/intro をご覧ください。

Looker Studio の Google アカウントへのアクセス権を削除または再接続する

Looker Studio は Google アカウントへのアクセス権に依存します。たとえば、アナリティクス、Google 広告、Google マーケティング プラットフォームなどの Google サービスのデータソースを作成する場合は、Looker Studio には、これらのシステムへのアクセス許可が必要です。アカウントへのアクセス権を持つアプリのページを使用して、いつでもそのアクセス許可を削除できます。

今すぐ表示

手順を確認する

  1. [アカウント] に移動します。
  2. 左側にある [セキュリティ] をクリックします。
  3. 下にスクロールして、[Third-party apps with account access](アカウントにアクセスできるサードパーティ製アプリ)で [Manage third-party access](サードパーティ アクセスを管理)をクリックします。
  4. [Google Looker Studio] をクリックします。
  5. [REMOVE ACCESS](アクセス権を削除)をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
承認済みアプリから Looker Studio を削除すると、Google の各サービスへのコネクタを使って作成したデータソースは、すべて無効化されます。Google 以外のデータ(MySQL など)に基づくデータソースには影響はありません。

アカウントを Looker Studio に再接続する

Looker Studio を Google アカウントに再接続するには、特定の Google サービスに基づいて新しいデータソースを作成します。その際、Looker Studio からアカウントへのアクセスを許可するよう求められます。

アカウントへのアクセス権を削除してから、アカウントを Looker Studio に再接続すると、データソースの承認エラーが解決されることがあります。これによりレポートやデータソースが失われることはありません。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー