通知

この記事では、Looker Studio について説明します。Looker のドキュメントについては、https://cloud.google.com/looker/docs/intro をご覧ください。

Search Console に接続する

Looker Studio のレポートに、Google Search Console の指標やディメンションを追加します。

Google Search Console は、Google 検索結果におけるサイトのパフォーマンスを確認し維持するために役立つ無料サービスです。Looker Studio の Search Console コネクタを使用して、Google 検索におけるサイトのパフォーマンスの測定や分析を行うことができます。生成されたレポートに他のデータソース(Google アナリティクスや Google 広告など)のデータを組み込めば、オンラインでの自社の存在感をさらに包括的に分析することが可能です。

この記事の内容:

Search Console に接続する

  1. Looker Studio にログインします。
  2. Looker Studio のホームページで、左上にある 作成アイコン。 [作成] をクリックして、[データソース] を選択します。
  3. Search Console コネクタを選択します。
  4. 承認を求めるメッセージが表示された場合は、[承認] をクリックしてください。Looker Studio にデータへのアクセス権が付与されます。
    付与したアクセス権の取り消しはいつでも可能です。
  5. [サイト] パネルで、接続するサイトを選択します。
    所有している Search Console プロパティが表示されない場合は、同じ Google アカウントで Looker Studio と Search Console にログインしていること、およびそのプロパティに対する閲覧権限があることを確認してください。
  6. [表] パネルで、[サイトのインプレッション] または [URL のインプレッション] を選択します。
  7. [検索タイプ] パネルでデフォルトの検索タイプを選択します。詳しくは、備考をご覧ください。
  8. 右上の [接続] をクリックします。
    1. データソースのフィールド パネルが表示されます。
    2. データソースがデータセットに接続されます。

データソースを設定する

データソースのフィールド パネルで、フィールド名の変更や説明の追加、計算フィールドの追加、データの型と集約の変更など、データソースの設定を行うことができます。詳しくはデータソースのフィールドに関する記事をご覧ください。

データを表示できるユーザーを管理する

フィールド パネルの上部で、データの認証情報を変更できます。認証情報を使って、このデータソースによって提供されるデータを表示できるユーザーを管理します。

オーナーの認証情報」を使用すると、データセットへのアクセス権のないユーザーでも、このデータセットを使用するレポートを表示したり作成したりできます。

閲覧者の認証情報」を使用する場合は、データセットにアクセスするために、データソースの各ユーザーが認証情報を提供する必要があります。

詳しくはデータの認証情報をご覧ください。

データソースから新しいレポートを作成する

  1. 右上の [レポートを作成] をクリックします。
    1. レポート エディタが開きます。
  2. [レポートに追加] をクリックします。
    1. データソースがレポートに追加されます。
    2. グラフの作成と、データをデータソースから取得するためのデータ管理オプションの設定ができるようになります。

Looker Studio を初めてご利用の場合

レポート作成のチュートリアル、またはレポート エディタに関する記事をご覧ください。

備考

Google Search Console では、検索パフォーマンスのレポートに「サイトのインプレッション」と「URL のインプレッション」の 2 種類の集計方法が使用されます。Search Console コネクタではどちらの集計方法も選択できますが、1 つのデータソースで両方を使用することはできません(サイトのインプレッションと URL のインプレッションを並べて表示するには、データソースを 2 つ作成して、同じレポートに追加します)。

詳しくは、サイト(プロパティ)ごとの集計とページごとの集計の違いについての記事をご覧ください。

検索タイプ

Search Console コネクタでは、次の検索タイプがサポートされています。

検索タイプ
サイトのインプレッション
  • ウェブ
  • 画像
  • 動画
  • 最新の音楽
URL のインプレッション
  • ウェブ
  • 画像
  • 動画
  • 最新の音楽
  • おすすめ
  • Google ニュース

検索タイプ パラメータ

Search Console コネクタで作成したデータソースでは、検索タイプ パラメータを使うことができます。このパラメータを使うと、レポートの閲覧者は検索タイプを変更できるようになります。手順は次のとおりです。

  1. レポートを編集します
  2. ツールバーで [コントロールを追加] をクリックし、プルダウン リストのコントロールを選択します。
  3. [プロパティ] パネルで、[設定] タブを選択します。

  4. [コントロール フィールド] をクリックし、[検索タイプ] パラメータを選択します。

プルダウン コントロールが選択された Looker Studio のレポート エディタ。右側のプロパティ パネルに、検索タイプ パラメータを使用するコントロール フィールドが表示されています。

クエリ フィールド

[クエリ] フィールドには、プロパティ(サイト)の訪問者が使用した検索語句が表示されます。検索アナリティクスでは、ユーザーのプライバシー保護のため、一部のデータは表示されません。たとえば、回数が少ないクエリや、個人情報や機密情報が含まれているクエリは表示されないことがあります。こういったクエリは 1 行にまとめられ、値なしで表示されます。値が空白の行は、クエリ ディメンションから null 値を除外するフィルタを使ってレポートから除外することも可能です。


フィルタの例: 「除外条件」「検索クエリ」「null である」

閲覧者が自分のアカウントを選択できるようにする

複数のアカウントでこのデータソースを使用する場合は、データ管理オプションを追加してみてください。

データ管理オプションは、どのアカウントのデータをレポートに表示するかをレポート閲覧者が選択できる機能です。アカウントごとにレポートやデータソースを作成する必要はありません。詳細

レポート テンプレートを使ってすぐに利用を開始する

テンプレートを使うと、データを視覚化してレポートに表示できます。これらのレポートはそのまま使用することも、独自の要件に合わせてカスタマイズすることもできます。Search Console の最新のテンプレートは、テンプレート ギャラリーにアクセスし、Search Console のカテゴリを選択して表示できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー