通知

この記事では、Looker Studio について説明します。Looker のドキュメントについては、https://cloud.google.com/looker/docs/intro をご覧ください。

期間のリファレンス

期間グラフを設定する方法

期間グラフには、一定期間におけるデータの変化が表示されます。たとえば、特定の週におけるウェブサイトのセッション数を 1 日ごとに確認したり、過去 4 年間の会社の利益幅を四半期単位で把握したりすることができます。

この記事の内容:

Looker Studio の期間

期間グラフでは、時間ディメンションが X 軸(横軸)として表示され、Y 軸(縦軸)は測定用の目盛を表します。個々の指標は、2 つの軸の間に一連のデータポイント(「マーカー」)としてプロットされます。必要に応じて、グラフの右側にも Y 軸を設定することが可能です。

期間グラフには最大 5 つの指標を表示できます。各系列は、グラフ上に線または棒のいずれかの形式で表示されます。

期間グラフの例

下の例のグラフでは、ウェブサイトの「ユーザー」指標の分布を Google アナリティクスのデータソースから取得した「地域」ディメンションで分割して表示しています。ここではアメリカ合衆国のデータのみを表示するフィルタが適用され、期間は「過去 1 か月」に設定されています。

期間グラフに、カリフォルニアとニューヨークの 10 月のユーザー数を比較する 2 本の折れ線が表示されています。

グラフの設定

新しいグラフを追加するか、既存のグラフを選択します。次に、右側の [プロパティ] パネルを使用して、グラフの [設定] タブと [スタイル] タブのプロパティを設定します。

グラフデータの設定

[プロパティ] パネルの [設定] タブにあるオプションを使用すると、グラフのデータの構成方法と表示方法を指定できます。

データソース

データソースはコンポーネントと基になるデータセットを接続します。

  • グラフのデータソースを変更するには、現在のデータソース名をクリックします。
  • データソースを表示または編集するには、編集 をクリックします(このアイコンを表示するには、閲覧以上の権限が必要です)。
  • 複数のデータソースからのデータを 1 つのグラフに表示するには、[+ データの統合] をクリックします。データの統合機能の詳細

期間のディメンション

このオプションは、データソースに有効な日付ディメンションがある場合に表示されます。

: Google 広告または Google アナリティクスのデータソースでは、自動的にデータソースの日付型のディメンションが選択されるため、このオプションは表示されません。

期間」ディメンションは、グラフの期間を指定する際の基準となります。グラフの期間のプロパティを設定する場合や、レポートの閲覧者が期間設定を使って期間を指定する場合などに使用されます。

ディメンション

ディメンションとは、データのカテゴリのことです。ディメンション値(ディメンションに含まれるデータ)は、名前や説明など、カテゴリの特性を表します。

ドリルダウン

このオプションは、ドリルダウンをサポートするグラフに表示されます。

グラフをドリルダウンすると、データをより詳しく把握することができます。[ドリルダウン] オプションを有効にすると、追加するディメンションごとにさらに掘り下げて調査できます。グラフのドリルダウンの詳細

内訳ディメンション

選択したディメンションに応じて分類された指標データが表示されます。たとえば、年間の売上データを示すグラフであれば、「販売地域」ディメンションで分割して地域別の売上を表示したり、「従業員 ID」ディメンションで分割して営業担当者別の売上を表示したりすることが可能です。

指標

指標は、ディメンションに含まれる要素を測定し、グラフの数値目盛りとデータ系列を指定します。

指標は、基盤となるデータセットから算出された集計値、または COUNT()SUM()AVG() などの集計関数を暗黙的または明示的に適用した結果を示します。指標自体には定義済みの一連の値がないため、ディメンションの場合とは異なり、グループ化できません。

集計の詳細

1 つの期間グラフには最大 5 つの指標を表示できます。

オプションの指標

オプションの指標を追加するには、[オプションの指標] スイッチを選択し、[指標を追加] フィールド セレクタから指標を選択します。[データ] パネルのフィールド リストから [オプションの指標] セレクタに指標をドラッグ&ドロップすることもできます。

指標スライダー

[指標スライダー] スイッチをオンにすると、箱ひげ図に指標スライダーが追加されます。

内訳ディメンションの並べ替え

[内訳ディメンションの並べ替え] 設定では、内訳ディメンションのデフォルトの並べ替え順を制御します。

グラフのデータソースの指標や、グラフに現在表示されているディメンションを選択し、並べ替えフィールドとして使用できます。

[内訳ディメンションの並べ替え] 設定は、内訳ディメンションを設定している場合にのみ使用できます。
 
並べ替えフィールドとして指標を指定する場合、フィールドの集計方法を変更できます。たとえば、グラフに SUM として数値フィールドを含めたとしても、同じフィールドの AVERAGE 値で並べ替えることができます。

デフォルトの期間

デフォルトの期間のプロパティでは、個々のグラフの期間を設定できます。

デフォルトの期間のオプション

自動 グラフのデータソースで設定されているデフォルトの期間を使用します。
カスタム カレンダー ウィジェットを使用して、グラフのカスタムの期間を選択できます。
データ比較タイプ 選択した期間の比較データを表示します。

日付と時刻の使用についての詳細 

フィルタ

フィルタでは、追加または除外する値を指定することでコンポーネントに表示されるデータを制御できます。フィルタ プロパティの詳細

フィルタ オプション

フィルタ名 既存のフィルタをクリックして編集します。削除するには、フィルタ名にカーソルを合わせて X をクリックします。
+ フィルタを追加 グラフのフィルタを新しく作成するには、このオプションをクリックします。

Google アナリティクスのセグメント

このオプションは、ユニバーサル アナリティクスをデータソースとするグラフに表示されます。

セグメントはアナリティクスのデータの一部です。Looker Studio のグラフにセグメントを適用すると、Looker Studio のレポートと Google アナリティクスのレポートで同じデータが表示されるようになります。詳しくは、Looker Studio でのアナリティクスのセグメントの使用についてご確認ください。

グラフ インタラクション

グラフで [クロス フィルタリング] オプションを有効にすると、そのグラフを介してフィルタ オプションを使用できます。レポートをフィルタリングするには、グラフ上でマウスをクリックまたはブラッシングします。クロス フィルタリングの詳細

[ズーム] オプションを使用すると、グラフにズームインし、グラフをパンして、存在するすべてのデータを表示できます。座標型のグラフのズームとパンに関する詳細

[クロスフィルタリング] オプションを有効にしている場合、[ズーム] オプションを使用することはできません。
 

グラフのスタイルの設定

[スタイル] タブのオプションでは、グラフの全体的なデザインと表示形式を設定します。

タイトル

[タイトルを表示] チェックボックスをオンにすると、タイトルを追加し、その外観とグラフ上での配置をカスタマイズすることができます。

タイトルのオプション

タイトル レポートの編集者は、グラフのカスタム タイトルをテキスト フィールドに入力できます。

タイトルのフォントタイプ

タイトル テキストのフォントタイプを設定します。

タイトルのフォントサイズ タイトル テキストのフォントサイズを設定します。
フォント スタイルのオプション タイトル テキストに太字、斜体、下線のスタイル設定を適用します。
タイトルのフォントの色 タイトル テキストのフォントの色を設定します。
グラフのタイトルをグラフの左側に揃えます。
中央

グラフのタイトルをグラフの右側に揃えます。

グラフのタイトルをグラフの上中央または下中央に配置します。
グラフのタイトルをグラフの上部に配置します。
グラフのタイトルをグラフの下部に配置します。

配色

データの配色方法を指定します。詳しくは、データの配色に関する説明をご確認ください。

以下のオプションは、グラフにセカンダリ(内訳)ディメンションがある場合に表示されます。

単色
このオプションを選択すると、データ系列は単色の濃淡で表示され、オフにすると、グラフはレポートのテーマに応じて複数の色で表示されます。

各データ系列のカラー選択ツールを使用して、特定の色を設定できます。

配色の順序

現在のテーマを使用して、グラフ内の位置に基づいてデータを色付けします。このオプションを使用したグラフでは、データの同一性よりも、そのデータの順位付けが重視されます。

各データ系列のカラー選択ツールを使用して、特定の色を設定できます。

ディメンション値

このオプションでは、ディメンション値のカラーマップに指定された色で、グラフの各ディメンション値を色付けします。このオプションを使用すると、グラフ内の位置に関係なく、同じデータには常に同じ色が使用されます。

系列

このセクションでは、グラフに表示される各指標について再度取り上げます。取り上げる順序は、[データ] タブに表示されている指標の順序と同じです。

線または棒 この系列のデータポイントを線グラフまたは棒グラフで表示します。
線の太さ

グラフ線の太さを決定します。

線のスタイル

系列の線のスタイルと外観を指定します。

系列の色 系列の線または棒の色を設定します。
累計 このチェックボックスがオンになっていると、グラフのデータは時間の推移とともに累積されていきます。オフの場合、データは累積されずに表示されます。
ポイントを表示 線グラフ上に個々のデータポイントを表示します。各データポイント上にカーソルを合わせると、その値が表示されます。
データラベルを表示 この系列の各データポイントに対し、個々の値を表示します。このオプションを選択すると、[データラベル] セクションも表示され、グラフ上のラベルの表示形式を設定できます。
階段状 データポイントを結ぶ平滑線ではなく、データポイント間の一連の段階を示す線を表示します。

データラベル

[面グラフ] セクションで [データラベルを表示] チェックボックスをオンにすると、次のオプションを設定できます。

数値の短縮表示

数値を四捨五入して単位記号を表示します。たとえば「553,939」は「553.9K」になります。

数値精度 指標値の小数点以下の桁数を設定します。
ラベルのフォントサイズ ラベルテキストのフォントサイズを設定します。
ラベルのフォントの色 ラベルテキストのフォントの色を設定します。
ラベルのフォント ファミリー ラベルテキストのフォントタイプを設定します。
フォント スタイルのオプション ラベルテキストに太字または斜体のスタイルを適用します。
ラベルの背景 ラベルテキストの背景色を設定します。
ラベルの不透明度

カスタムの背景色が適用されたラベルの場合、この設定ではラベルテキストの背景の不透明度が調整されます。不透明度を 100% に設定すると、背景が単色になり、0% に設定すると、背景が完全に透明になります。

ラベルの枠線の半径 カスタムの背景色が適用されたラベルの場合、この設定ではグラフの背景に角丸の枠線が追加されます。0 px(直角)から 20 px(最大限の丸み)の範囲で値を選択します。

トレンドライン

トレンドラインはグラフに重ねて表示することが可能で、データの全体的な傾向を明らかにします。Looker Studio では、いくつかの種類のトレンドラインがサポートされており、これらは [トレンドライン] プルダウン メニューから選択できます。

  • 線形

    線形トレンドラインは、グラフのデータに最も近い直線です(正確には、すべてのポイントからの距離の 2 乗の合計を最小にする線です)。

  • 多項式

    多項式トレンドラインでは、曲線を使ってデータの傾向を表します。これは、大規模でばらつきの大きいデータ系列を分析する際に役立ちます。
     
  • 指数

    指数トレンドラインでは、最適な eax+b の指数形式でデータの傾向が表されます。
     
  • 移動平均

    移動平均トレンドラインを使用すると、グラフ上のデータの移動平均計算を視覚化できます。移動平均トレンドラインを選択する場合は、計算の期間を指定します。

    [移動平均] トレンドラインのタイプは、期間グラフでのみ使用できます。

トレンドラインは、期間グラフ散布図でのみ使用できます。

[トレンドライン] プルダウン メニューからオプションを選択すると、トレンドラインの [太さ]、[スタイル]、[] を設定するオプションが表示されます。

間隔

[区間を追加] アイコンを選択して、期間グラフに区間を追加します。

Looker Studio の区間について詳しくは、「グラフに区間を追加する」ページをご覧ください。

基準線

[基準線を追加] または [基準帯域を追加] を選択して、基準線または基準帯域をグラフに追加します。

基準線と基準帯域について詳しくは、グラフに基準線と基準帯域を追加する方法に関するページをご覧ください。

系列の数

グラフに表示する内訳ディメンションの系列数を指定します。この設定は、[内訳ディメンション] に値を設定している場合に利用できます。プルダウン メニューから表示する系列数を選択します。表示される系列は、[内訳ディメンションの並べ替え] の指定に基づきます。

「その他」グループに含める

[「その他」グループに含める] チェックボックスをオンにすると、指定した [系列の数] の範囲を超える結果が [その他] というラベルの付いた系列にまとめられます。このチェックボックスをオンにすると、「その他」の系列とそれ以外の結果を比較できます。

[「その他」グループに含める] が有効になっていない場合、グラフの構成によっては、グラフに一部のデータが表示されないことがあります。

データの欠落

時間ディメンションにデータが欠落している場合は、このオプションが表示されます。Looker Studio では、3 つの方法でこの状況に対処できます。

注: このオプションは、棒グラフには影響しません。ただし、「ゼロとして扱う」オプションは、トレンドラインに影響を及ぼします。

ゼロとして扱う このオプションを選択すると、データが欠落している日付については線の位置がゼロにまで下がります。これはデフォルトのオプションです。
線を途切れさせる このオプションを選択すると、データが欠落している場合は、データ系列が途切れて表示されます。
線形補間 このオプションを選択すると、欠落したデータの両側にあるデータポイントを結合して系列が作成されます。

 

平滑線

[平滑線] チェックボックスをオンにすると、グラフの折れ線が曲線で表示されます。

ズーム

プロパティ パネルの [設定] タブでグラフの [ズーム] オプションを有効にすると、次のいずれかのオプションを選択できます。

  • クリック&ドラッグでズーム: 可視化の拡大する部分をクリックおよびドラッグして選択し、ズームします。
  • スクロールでズーム: マウスでスクロールしてズームします。

必要に応じて、[X 軸のみをパンまたはズーム] チェックボックスをオンにすると、X 軸に沿ったズームとパンのみが許可されます。

このオプションでは、グラフの軸のタイトルと目盛の表示形式を設定します。グラフに複数の指標がある場合は、右側の Y 軸のセクションが表示されます。

軸オプション

軸を表示する グラフの軸の表示 / 非表示を切り替えます。
Y 軸を逆方向にする Y 軸の垂直表示を制御します。
X 軸を逆方向にする X 軸の水平表示を制御します。
両軸を 0 に揃える 左右の両軸の起点が 0 に設定されます。左右に Y 軸があるデカルトグラフ、棒グラフ、複合グラフで使用できます。

左 Y 軸

グラフ左側の Y 軸の表示形式を設定します。グラフに複数の指標がある場合は、右側の Y 軸のセクションが表示されます。

軸オプション

軸タイトルを表示 軸ラベルの表示 / 非表示を切り替えます。
軸の最小値と最大値 軸の最小値と最大値を設定します。
カスタム目盛り間隔 軸の目盛りの間隔を制御します。
対数目盛 軸の目盛りを対数に設定します。

X 軸

グラフの X 軸の表示形式を設定します。

軸オプション

軸タイトルを表示 軸ラベルの表示 / 非表示を切り替えます。
カスタム目盛り間隔

軸の目盛りの間隔を制御します。

範囲 X 軸の範囲を設定します。

グリッド

グラフのグリッドの表示形式を設定します。

軸の色 軸線の色を設定します。
グリッド線の色 グリッド線の色を設定します。
フォント ファミリー グリッド線のテキストのフォントタイプを設定します。
軸のフォントサイズ グリッド線のテキストのフォントサイズを設定します。
グラフの背景 グラフの背景色を設定します。
グラフの枠線の色 グラフの内側の枠線の色を設定します。

凡例

グラフの凡例の配置場所を設定します。

凡例のフォント色 凡例のフォントの色を設定します。
フォントサイズ 凡例のフォントのサイズを設定します。
フォント ファミリー 凡例のフォントのフォントタイプを設定します。
なし

凡例は表示されません。

右側 凡例は右側に表示されます。
下部 凡例は下部に表示されます。
上部 凡例は上部に表示されます。
配置 選択した位置を基準にして凡例の配置を設定します。
最大行数

凡例が使用する行数を設定します。系列数が行数よりも多い場合は、<> の矢印をクリックすると、隠れている項目を表示できます。

この設定は、凡例が [] に設定されている場合にのみ適用されます。凡例が [] または [] に設定されている場合、この設定は適用されません。

背景と枠線

グラフの背景コンテナの表示形式を設定します。

背景 グラフの背景色を設定します。
枠線の角丸半径 グラフの背景に角丸の枠線を追加します。半径を 0 にすると、背景の角が 90° になります。枠線の角丸半径を 100° にすると、角が丸くなります。
不透明度 グラフの不透明度を設定します。不透明度を 100% に設定すると、対象物がグラフの背後に隠れます。0% に設定すると、グラフが非表示になります。
枠線の色 グラフの枠線の色を設定します。
枠線の太さ グラフの枠線の太さを設定します。
枠線スタイル グラフの枠線のスタイルを設定します。
枠線に影を付ける グラフの下側と右側の枠線に影を追加します。

グラフのヘッダー

グラフのヘッダーでは、データのエクスポート、ドリルアップ、ドリルダウン、グラフの並べ替えなど、グラフに対してさまざまな操作を実行できます。グラフのヘッダーのオプションは次のとおりです。

カーソルを合わせて表示(デフォルト) グラフのヘッダーにカーソルを合わせると、縦に 3 つ並んだ点が表示されます。これらの点をクリックしてヘッダーのオプションにアクセスします。
常に表示 ヘッダーのオプションを常に表示します。
表示しない ヘッダーのオプションを表示しません。レポートの閲覧者は、いつでもグラフを右クリックしてオプションにアクセスできます。
グラフのヘッダーのオプションの色を設定します。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー