通知

この記事では、Looker Studio について説明します。Looker のドキュメントについては、https://cloud.google.com/looker/docs/intro をご覧ください。

作成したレポートにコンポーネント(グラフやコントロール)を追加する

Looker Studio では、グラフはデータを可視化するコンポーネントであり、コントロールはそのデータを操作する(フィルタを適用する、期間を選択する、パラメータへの入力を指定するなど)ためのものです。

始める前に、次のトピックについて理解しておきましょう。
この記事の内容:

レポートにグラフを追加する

Looker Studio には、あらかじめ設定済みのグラフが多数用意されています。このグラフをレポートに追加して、必要に応じてカスタマイズできます。特定のグラフについて詳しくは、グラフのリファレンスをご覧ください。

レポートにグラフを追加するには、以下の手順を行います。

  1. レポートを編集します
  2. グラフを追加するページに移動します。
  3. ツールバーで [グラフを追加] をクリックします。
  4. 追加するグラフを選択します。
  5. キャンバスをクリックしてグラフをレポートに追加します。
  6. 右側のプロパティ パネルを使用してグラフを設定します。
Looker Studio のデベロッパー コミュニティで作成されたビジュアリゼーションを追加することもできます。

レポートにコントロールを追加する

コントロール(ディメンション フィルタ、期間設定のコントロール、データ コントロールなど)を使用すると、レポートに表示されるデータを閲覧者がカスタマイズできるようになり、レポートがインタラクティブになります。

レポートにコントロールを追加するには、以下の手順を行います。

  1. レポートを編集します。
  2. ツールバーで [コントロール アイコン。コントロールを追加] を選択します。
  3. コントロールの種類を選択し、グラフ上に配置します。
  4. 右側のプロパティ パネルを使ってグラフを設定します。
    1. 選択したディメンション値でレポートをフィルタするには、[コントロール フィールド] のディメンションを使用します。
    2. パラメータの値を設定するには、そのパラメータを [コントロール フィールド] として使用します。
    3. データ コントロールの表示方法を変えるには、プロパティ パネルの [スタイル] タブのオプションを使用します。
詳しくは、コントロールについてをご覧ください。

グラフの種類を切り替える

ビジュアリゼーション選択ツール。表が選択されています。

新しいグラフを作成することなく、グラフの種類を切り替えることができます。これにより、さまざまなビジュアリゼーション手法を使用した場合にデータがどのように表示されるかを確認することが可能です。グラフの種類を切り替えるには、以下の手順を行います。

  1. グラフを選択します。
  2. 右側の [プロパティ] パネルで [グラフ 展開アイコン。] をクリックします。
  3. 新しいグラフの種類を選択します。

Looker Studio では、選択したグラフの種類に合わせてデフォルトのディメンションと指標が調整されます。グラフで実施したカスタマイズ(ディメンションと指標、スタイルのオプション、フィルタ、セグメントの追加や変更など)は保持されるため、最初に選択したグラフに戻すことができます。

コントロール タイプも、同様の方法で切り替えることができます。

レポートに他のコンポーネントを追加する

現在のページに他のコンポーネントを追加するには、ツールバーのアイコンまたは [挿入] メニューを使用します。レポートには、グラフやコントロール以外にも、次の種類のコンポーネントを追加することもできます。手順は以下のとおりです。

  • 画像、テキスト ボックス、長方形、線、: スタイルの要素が追加され、ブランドに合わせてレポートを装飾し、視覚的にアピールできます。詳しくは、デザイン コンポーネントの追加に関する記事をご覧ください。
  • 埋め込みの外部コンテンツ: 動画、Google ドキュメント、外部のウェブサイトなど、レポートに統合できる各種コンテンツです。詳しくは、外部コンテンツをレポートに埋め込むをご覧ください。

レポートの配置とレイアウトを変更する

[表示] メニューと [配置] メニューのオプションを使って、レポート キャンバス上にコンポーネントが表示される位置を調整します。

たとえば、新しいオブジェクトをキャンバスに追加したり、マウスやキーボードを使って動かしたりするときに、レポートのグリッドに自動整列するかどうかを選択できます。[配置] メニューのオプションを使用すると、コンポーネントの位置を揃えてレポートのページ上に配置できます。

詳しくは、レポートのレイアウト オプションページ内のコンポーネントの配置とグループ化に関する記事をご覧ください。

複数のコンポーネントを同時に配置、移動、サイズ変更する

複数のコンポーネントを同時に移動、サイズ変更、配置することができます。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac)を押しながら、調整するコンポーネントをクリックし(この操作は「複数選択」と呼ばれます)、操作を実行すると、選択したすべてのアイテムに適用されます。

たとえば、次の GIF に示すように、複数のグラフのサイズをまとめて変更することができます。

ユーザーがレポートで 2 つの期間グラフ両方を選択し、同時にサイズを変更しました。


複数選択で実行できる他のアクションには、共有プロパティの編集、グループ化、配置、コピー、削除があります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー