優れた動画を制作するためのヒント

キャプション: Google マップ アプリ内でカメラを使用して動画を共有できるようになりました

Google マップで動画を共有できるようになりました。Google マップ アプリ内でカメラを使用して 10 秒間の動画を撮影するか、カメラロールから 30 秒間の動画をアップロードすることができます。いくつかヒントをご紹介します。

  • 雰囲気を捉える: その場の空気が他のユーザーに伝わるようにしましょう。店内のデザインや雰囲気を捉えた映像にすると効果的です()。
  • 明るい場所を選ぶ: 光量は映像を大きく左右します。暗い場所では動画の品質が低下することがあります。最も望ましいのは十分な自然光です()。これは静止画(写真)でも同様です。
  • 外観も忘れずに: なるべく天候がよく明るい雰囲気のタイミングを選びます。建物の正面、駐車場、庭園などの様子を映像に収めましょう()。
  • 細部に注目する: その場で提供されているサービスや商品をわかりやすく示します()。たとえば商品のクローズアップ映像や、誰かが商品に手を伸ばしている様子を映像に収めます。ただし、人の顔を直接見せないようにしましょう。1 つの動画で紹介する商品は 1 つに絞り、関係のないものが映り込まないようにフレーミングを調整します。
  • 食べ物や飲み物: 飲食店では、提供されている料理を見せます。特に見栄えのよいおすすめの一皿があればぜひ紹介しましょう()。実際に誰かが料理を食べている様子を映すのも効果的ですが、料理自体や手元にフレームを合わせ、人の顔が映り込まないようにしましょう。1 種類の料理に絞った動画にするか、料理が並んだテーブルの全貌を見下ろす映像にするのが効果的です。
  • レビュー映像(クチコミ): おすすめの一品や訪問者向けの興味深い情報を、クチコミ的に紹介するのも効果的です()。詳しい情報や個人の意見も盛り込んでかまいませんが、テキストベースのクチコミと同様に、動画でもクチコミに関するポリシーが適用される点にご注意ください。新しい音声コンテンツ ポリシーもあらかじめご確認ください。