ナレッジパネルについて

この記事では、Google 検索のナレッジパネルに関する情報と、ナレッジパネルに表示される情報の取得元について説明します。

ナレッジパネルは、ナレッジグラフに存在する対象(人、場所、組織、物事など)を検索したときに Google に表示される情報ボックスです。あるトピックに関する概要を簡単に確認できるようにするためのものであり、ウェブ上で利用可能なコンテンツについて Google が把握している内容に基づいています。

ナレッジパネルは自動的に生成されます。表示される情報はウェブ上のさまざまな情報を元にしています。映画や音楽などの特定のトピックに関しては、信頼できるデータを提供するデータ パートナーと協力しており、そのデータを他の公開ウェブソースの情報と組み合わせることもあります。

また、ナレッジパネルに情報が表示される対象が著名人やテレビ番組のクリエイターである場合、その個人が正式な情報源となります。そのような個人には、直接フィードバックを送信できる方法を提供しています。そのため、ナレッジパネルに表示される情報は、認証を受けた個人が情報の編集を提案済みである場合があります。

ナレッジパネルに表示される画像についても、さまざまな情報源から取得している場合があります。画像の取得元が個人であることもあります。この場合、個人がナレッジパネルに申請し、ウェブ上で利用できる画像から自身が中心となって写っている画像を選択しています。また、特に対象に複数の画像が存在する場合、Google 画像検索でその対象を検索した結果のプレビューが元になったり、ウェブから自動的に画像が取得されたりすることもあります。

ナレッジパネルはウェブ上で情報が変更されると自動的に更新されますが、Google ではナレッジパネルに表示されている情報の対象者による直接の変更と、一般ユーザーからのフィードバックによる変更も考慮しています。

ナレッジパネルに表示されている情報の対象者、もしくは正式な代表者である場合には、ナレッジパネルに対して申し立てを行い、変更を提案できます。手続きの詳細については、次の記事を参照してください。

注: 特定の情報の正式な代表者でない場合には、ナレッジパネルの右下にあるフィードバック リンクを使用して、編集内容の見直しを提案できます。

Google 検索のビジネス プロファイル

ビジネス プロファイルはナレッジパネルに似ていますが、特定の場所または指定されたサービスエリア内でお客様にサービスを提供するビジネスに固有のものです。Google マイビジネスを使用して、Google に表示するビジネス プロファイルを申請または作成できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。