会議室を設定する

Jamboard を使用すると、会議室の大小を問わず、共同編集やホワイトボードを使った作業を行えます。広い会議室では、Jamboard をサポート対象の周辺機器や Hangouts Meet ハードウェアとペア設定することができます。詳しくは、サポート対象の周辺機器Hangouts Meet ハードウェアとのペア設定についてのページをご覧ください。

最適な音質でビデオ会議を行うには、Jamboard を次のように設定します。

  • 最も遠い席までの距離は 8~12 フィート(2.4~3.6 m)とする
  • Jamboard の前は 5 フィート(1.5 m)空ける
  • イーサネットで接続する

小さな会議室(2~4 人)向けの設定

ブレインストーミング用の小規模なスペースでは、Jamboard をスタンドアロンのデバイスとして使用することをおすすめします。会議室の設定例をいくつかご紹介します。

凡例:

  • (y)床からディスプレイの下端までの距離 - 39 インチ(99 cm)
  • (x~xx)着席して動画を見ることができる距離 - 最大 5~8 フィート(1.5~2.4 m)
  • (マークなし)着席して音声が届く距離 - 最大 12 フィート(3.7 m)

下記は、Jamboard を壁に取り付けた、ソファのあるコラボレーション用スペースの例です。

凡例:

  • (y)床からディスプレイの下端までの距離 - 39 インチ(99 cm)
  • (x~xx)着席して動画を見ることができる距離 - 最大 5~8 フィート(1.5~2.4 m)
  • (マークなし)着席して音声が届く距離 - 最大 12 フィート(3.7 m)

次に、一般的な会議室の例をご紹介します。Jamboard を壁に取り付け、音声と動画用に Logitech® MeetUp ConferenceCam を上部に設置しています。

凡例:

(y)床からディスプレイの下端までの距離 - 39 インチ(99 cm)

広い会議室(5 人以上)向けの設定

5 人以上の会議室には、音声と動画の周辺機器を使用することをおすすめします。より高度なビデオ会議機能が必要な場合は、Jamboard を Hangouts Meet ハードウェア デバイスに割り当てます。詳しくは、サポート対象の周辺機器についてのページをご覧ください。

下記は、Jamboard と Hangouts Meet ハードウェアの両方を使用している会議室の例です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1025828
false