Jamboard ツールのリファレンスと用語集

従来の無償版 G Suite をご利用の場合は、Google Workspace にアップグレードするとこの機能をご利用いただけるようになります。

Jam のコンテンツを追加、編集するには、Jamboard ツールバーを使用します。

描画、消去、図形を追加する

ツール

使い方

""

描画

ペンと色を選択して、指またはタッチペンで描画します。詳しくは、Jam での描画に関する記事をご覧ください。

""

消去

消去ツールを選択して、指またはタッチペンで消去します。Jamboard 付属の消しゴムを使用することもできます。

消去ツールを長押しすると、[フレームを消去] オプションが表示されます。

注: 消去ツールで消去できるのはペンで描いた図形のみです。オブジェクトを削除するには、オブジェクトを選択してその他アイコン "" 次に [削除] をタップします。

""

手書き入力の認識

手書き入力認識ツールを選択して、指またはタッチペンで文字を書きます。手書きで入力した文字は、テキストに変換されます。詳しくは、手書き認識の使い方に関する記事をご覧ください。

""

図形認識

図形認識ツールを選択して、指またはタッチペンで図形を描画します。手書きで描画した図形は、図形オブジェクトに変換されます。詳しくは、Jam への図形の追加に関する記事をご覧ください。

図形から別の図形に、図形同士を結ぶ線を追加します。

""

AutoDraw

AutoDraw ツールを選択して、図形やオブジェクトを手書きします。Jamboard 上で認識されて実際の画像に変換されます。詳しくは、Jam への描画の追加に関する記事をご覧ください。

""

選択

選択ツールを使用して、ペンツールで作成したオブジェクトや描画を選択します。

選択ツールを選択してから、選択したい範囲を指またはタッチペンを使って枠線で囲みます。枠線で囲った部分をドラッグしてフレーム内を移動したり、ピンチしてサイズを変更したりすることができます。

選択ツールを使用すると、オブジェクトをタップしてドラッグするだけでオブジェクトを移動することもできます。選択ツールを使用しても描画ストロークは作成されません。

""

レーザー ポインタ

レーザー ポインタを選択して、指またはタッチペンでボード上のアイテムを一時的にハイライト表示します。

モバイル デバイスやタブレットからファイルを閲覧している他のユーザーも、特定の領域をハイライト表示することができます。ビデオ通話でコンテンツを固定表示している場合、通話に参加しているユーザーの画面でもハイライト表示されます。
 

ドライブ ファイル、画像、メモを追加する

アイコン

使い方

""

ドライブ ファイルを追加

スマートフォンまたはタブレットのアプリで、ドライブのファイルを Jamboard に追加できます。詳しくは、ドライブ ファイルを Jam に追加するをご覧ください。

""

ウェブを検索

ウェブ検索ツールを選択し、テキストを入力して情報を検索します。詳しくは、ウェブページのスクリーンショットを追加する方法についての記事をご覧ください。

""

画像を検索

「画像を検索」ツールを使用すると、オンライン上の著作権フリーの画像を探すことができます。詳しくは、Jam に画像を挿入するをご覧ください。

""

ステッカーやステンシルを挿入

「ステッカーやステンシルを挿入」ツールを選択すると、ギャラリーの画像を Jam に追加できます。フレームに追加したステッカーはオブジェクトとしてサイズ変更や移動が可能です。Jam に画像を挿入するをご覧ください。

""

メモを挿入

テキストのメモを Jam に追加できます。メモをダブルタップすると、テキストの編集や色の変更ができます。詳しくは、Jam にメモを追加する方法についての記事をご覧ください。

""

写真を撮る

「写真を撮影」ツールを選択すると、Jam に画像を追加できます。詳しくは、Jam に写真を追加する方法についての記事をご覧ください。

Jamboard 用語集

用語 定義
コンパニオン アプリ

スマートフォン アプリ、タブレット アプリ、ウェブエディタ。

描画ストローク

ペンツールを使用して手書きで描かれたもの。描画は、フレーム上のオブジェクトの上に表示されます。詳しくは、Jamboard での描画に関する記事をご覧ください。

フレーム

Jamboard のメイン画面。ページに相当します。1 つの Jam につき最大 20 フレームを作成できます。フレームはフレームバーで確認できます。

フレームバー

ドキュメント内のフレームのサムネイル表示。Jam の上部中央に表示されます。フレームを切り替えるにはフレームバーを使用します。フレームの順序を変更したり、共同編集者が現在表示しているフレームを確認したり、フレームを複製、削除したりすることもできます。

手書き入力の認識

手書き入力した文字をテキストに変換するツール。詳しくは、描画ツールに関する記事をご覧ください。

Jam

ライブ セッションを保存したフレームのセットが Jam です。アプリやウェブブラウザでも Jam を作成できます。ログインして Jam にオーナーを設定すると、自動的に Google ドライブに保存されます。

Jamboard

Google Workspace ユーザー向けのコラボレーション デジタル ホワイトボード。カスタムの Jamboard ソフトウェアをオペレーティング システムとする、カスタム 55 インチの 4K タッチ ディスプレイで構成されています。また、Google ドライブと統合されています。詳しくは、Jamboard のハードウェアとソフトウェアの仕様に関する記事をご覧ください。

Google 管理コンソール

組織内の Jamboard へのアクセスや管理を行うページ

Jamboard アプリ

スマートフォンとタブレットで動作するホワイトボード アプリ。

Jamboard ソフトウェア

Jamboard 端末を操作するソフトウェア。

レーザー ポインタ

指またはタッチペンを使用して、Jamboard 上のアイテムを一時的にハイライトするツール。

ライブ セッション

Jamboard 上で行う参加者とのリアルタイム セッション。

オブジェクト

フォント、変換された図形、画像といった定義されたビジュアル コンテンツやテキスト コンテンツ。最後に触れた(作成した)オブジェクトが、それより前に触れた(作成した)オブジェクトの上に表示されます。

オブジェクトは常に描画レイヤの背面に表示されます。オブジェクトを削除するには、2 本の指でタップして画面の下にドラッグします。2 本の指でタップして、外側にドラッグするかピンチアウトするとオブジェクトを拡大できます。

画像検索

キーワードを入力すると、ウェブ上の画像や地図を表示して利用できるツール。任意の画像をタップ&ドラッグして、フレームにドロップします。画像検索では著作権フリーの画像のみが表示され、プレゼンテーションに使用することができます。詳しくは、画像の挿入に関する記事をご覧ください。

図形認識 図形の作成に使用するツール。詳しくは、図形認識の使い方に関する記事をご覧ください。
ステッカー&ステンシル ギャラリー 画像のプリセット。任意のステッカーをタップしてフレームにドロップします。ステッカーはオブジェクトとして扱うことができます。詳しくは、ステッカーを追加する方法についての記事をご覧ください。
タッチペン 図形を描画、追加したり、メニューを使用したりするためのツール。Jamboard はタッチペンと指の違いを認識します。
ツールバー メニュー。描画ツールが含まれます。

ウェブ スナップショット

ウェブ検索ツールの機能。ブラウザを開いて、フレームに追加するウェブ コンテンツを検索できます。詳しくは、ウェブページを画像として挿入する方法についての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1025828
false