検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

Google 日本語入力報告されている問題

Google では Google 日本語入力 で発生する問題の解決に常に努めております。 下記に記載されている問題については、Google で既に認識し、早期解決に努めております。もし下記に該当の問題が見当たらない場合には、ヘルプフォーラムまでお知らせください。

機能の問題

Google 日本語入力についての画面で「今すぐ更新」が存在しないため、強制的に最新版に更新することが出来ない。
Google 日本語入力の自動更新機能を利用することで、お使いのバージョンは基本的には常に最新版に保たれています。
Windows のログオン画面で使用出来ない。
Google 日本語入力の現在の仕様です。
Mac OS X でことえりをキー設定としていた場合、変換領域に入力中シフトキーでカタカナ入力に切り替わらず英数になる。
「環境設定」の「入力補助」から「シフトキーでの入力切替」を「カタカナ」にしてください。
Google 日本語入力以外のキーボードレイアウトや IME を全て削除していると、言語バーが表示されなくなる。
Windows 環境における現在の仕様です。「Microsoft IME」や「日本語」など、他のキーボードレイアウトをひとつでも追加すると、言語バーが表示されるようになります。
ローマ字キー (JIS キーボードでの Alt+ひらがな/カタカナ) が動作しない。
設定ダイアログの、一般→基本設定→ローマ字・かな入力から、"(切替可)"と書かれた設定を選んで下さい。設定変更後に起動したアプリケーションから有効になります。
Mac OS Xで頻繁にキーチェーンのアクセスを要求される。
「アプリケーション>ユーティリティ>キーチェーンアクセス」から「ログイン」に鍵がかかっているとこの問題が発生します。一度「常に許可する」を選択してください。
Mac OS Xで、フランス語などのキーボードレイアウトを利用していると入力できない文字がある。
Google 日本語入力の現在の仕様です。USキーボード配列にいったん遷移し、それからひらがなモードに移行してください。

アプリケーション互換性の問題

Google 日本語入力についての画面で「今すぐ更新」が存在しないため、強制的に最新版に更新することが出来ない。
Mac OS X の一部のアプリケーションでは TAB キーからサジェストを選択する機能が利用できないことがあります。これは、アプリケーションが TAB キーに割り当てたショートカットと Google 日本語入力がサジェストに割り当てたキーが衝突することにより生じた問題です。下向きカーソルキーでもサジェストの選択ができるので、こちらをご利用ください。なお、現在のところ iTunes と Adium がこの問題に該当することが判明しています。
Kingsoft Internet Security U SP1 を使用している環境で、Internet Explorer 上で Google 日本語入力がオンにならなかったり、Internet Explorer がクラッシュしたりする。
Kingsoft Internet Security U SP1 のウェブディフェンダー機能の不具合が原因です。回避策として、次の A、B のいずれかを行います。 A) Internet Explorer 以外のアプリケーションで、一度 Google 日本語入力をオンにします。以後ログオフするまで、Internet Explorer でも Google 日本語入力をオンにできるようになります。 B) Kingsoft Internet Security U SP1 の Kingsoft SecurityCare で、ウェブディフェンダーを終了します。これによるセキュリティー上の影響については各自ご判断ください。
一部のアプリケーションが常駐していると、入力中の文字やサジェストウィンドウ、変換ウィンドウが表示されない。
入力中の文字やサジェストウィンドウ、変換ウィンドウを表示している Google 日本語入力のプロセスが、常駐アプリケーションによってクラッシュしてしまうことが原因です。これらのアプリケーションの常駐を解除することで問題が解決することがあります。

インストレーションの問題

Mac OS X で10.5以前の環境でもインストールできる。
Mac OS X 10.5 より前のバージョンでもインストーラは実行できる場合がありますが、インストールに成功しても Google 日本語入力は利用できません。ただし、誤ってインストールしたとしても実害はありません。
インストール先のフォルダを変更出来ない。
Google 日本語入力の現在の仕様です。
OS のアップグレードの際には、Google 日本語入力を一度アンインストールする必要がある。
Google 日本語入力は OS のアップグレード、たとえば Windows XP から Windows Vista へのアップグレードの際に一度アンインストールする必要があります。OS をアップグレード後に、再度、Google 日本語入力をインストールしてください。なお、古い OS で使っていた Google 日本語入力の履歴やユーザー辞書は引き継がれません。これは現在の Google 日本語入力の制限です。
Mac OS X で、「キーチェーンにアクセスする必要があります。」というダイアログが表示される。
Mac 用の最新版 (Ver 1.1.690.101) に更新する際、「GoogleJapaneseInputConverterは、キーチェーン内の"GoogleJapaneseInput"に保存されている機密情報を使用しようとしています。」というダイアログが表示されます。「常に許可」を選択してください。 Google 日本語入力は、ユーザの入力履歴を暗号化した上で保存しており、この暗号化のためのパスワードは、キーチェーン内に保存されています。Google が使用しているコード署名用の証明書が、新バージョンにおいて更新されたため、これまでのバージョンで作成されたパスワードを使用するためには許可が必要になりました。このダイアログはVer. 1.1.690.101 以降での更新では表示されなくなります。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。