その他

以下の設定を行うには、言語バーの [ツール] ボタンをクリック、[プロパティ] を選択、[その他] タブをクリックします。

設定その他

既定のIME

起動時に Google 日本語入力が規定の IME であるか確認する
ご利用のコンピューターで、Google 日本語入力が規定の IME ではないときに、規定の IME に変更するような確認ダイアログを表示する場合はこのチェックボックスをオンにします。

ホットキー(Ctrl+Shift) による IME の切り替えを無効にする
Ctrl + Shift を誤って押してしまい、他の IME に切り替わってしまう現象を抑制したい場合はこのチェックボックスをオンにします。

管理

オンメモリ辞書と UAC の設定
[設定変更] をクリックすることで、管理者用プロパティが起動します。

管理者用プロパティ

辞書を物理メモリに配置し、変換を高速化する
辞書を常に物理メモリに配置し、変換速度やサジェストの表示速度を高速化する場合はこのチェックボックスをオンにします。オフにすると速度が著しく低下する場合があります。なお、物理メモリが 512MB 以下の環境では、オンにすることはできません。

UAC で昇格されたアプリケーション上で Google 日本語入力を無効にする (Windows Vista, 7 のみ)
レジストリエディターといった権限が昇格されたアプリケーション上で Google 日本語入力の使用を無効化する場合は、このチェックボックスをオンにします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。