入力補助

以下の設定を行うには、言語バーの [ツール] ボタンをクリック、[プロパティ] を選択、[入力補助] タブをクリックします。

入力補助

入力補助

[自動英数変換を有効にする]
チェックボックスをオンにすると、ひらがなで「hっtp」と入力した際、「http」に、また「ごおgぇ」と入力すると「google」に、自動的に変換されるようになります。

[句読点変換を有効にする]
チェックボックスをオンにすると、「、。?!」の入力で、変換ができるようになります。

[シフトキーでの入力切替]
シフトキーを押して大文字を入力したときの動作を変更できます。

  • 英数字: IME, MOJI などの英数字の入力になります。
  • カタカナ: イメ, モジ などのカタカナの入力になります。
  • オフ: 特別な動作はしません。ローマ字テーブルを編集して、大文字を含めた場合は、この項目を選んでください。

 

半角・全角

特定の文字や記号を、変換時に全角または半角で表示するか指定することができます。

[変換前文字列] では、スペースキーで変換を確定する前の文字や記号を、全角または半角で表示するよう指定します。

[変換中文字列] では、スペースキーを押して表示される変換候補のトップに、全角または半角で文字や記号を表示するよう指定します。

各設定において、[学習] を選択すると、以前文字や記号を入力、変換した際の履歴をもとに、全角または半角で表示されるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。