民泊の統合

ホテル広告と同様に、民泊の統合においても、パートナーは次の目的地を検索する旅行者向けに表示される宿泊施設と料金を設定するための 1 回限りのタスクを完了する必要があります。直接 Google との間で統合プロセスを開始することができます(下記の要件を満たしていることが条件で、民泊のお問い合わせフォームに必要事項を記入してください)。また、承認済みのサードパーティの統合パートナーと連携して統合プロセスを開始することもできます。お申し込みが承認されたら、テクニカル アカウント マネージャーが、統合パイプラインの各ステップでご連絡いたします。

始める前に

民泊を統合する前に、パートナーは次のことを用意できる必要があります。

  • Google テクニカル アカウント マネージャーが連絡を取れる、パートナーの指定された技術担当者
  • お客様のプライバシーを保護するための Google との契約
  • ローカライズされたセルフサービスまたはメールでのユーザー サポート

承認済みの接続プロバイダ

宿泊施設の数が 5,000 未満の場合は、直接統合を考慮する前に、以下のいずれかの接続プロバイダと提携して Google に宿泊施設を掲載することを強くおすすめします。

上記以外の接続パートナーとすでに提携している場合は、その接続パートナーに以下の手順を行うように依頼してください。貴社が Google の接続パートナーになることをご希望の場合や、直接統合が適しているとお考えの場合は、貴社がこの手順を行ってください。

1. 統合前

民泊のお問い合わせフォームを提出した後、パートナーが技術的に対応可能であることが確認されたら、Google のテクニカル アカウント マネージャーがオンボーディング開始の連絡を差し上げします。パートナーの技術的能力のステータスに基づき、オンボーディングに必要な要件を満たすための計画の策定と、これらの作業を完了するために見込まれるタイムラインの設定について話し合います。

2. 民泊施設リストを設定する

民泊施設リストには、パートナーが Google への掲載を希望するすべての宿泊施設が含まれます。このフィードには宿泊施設の物理的な属性が含まれます。名前、所在地、ジオコード、画像、ウェブサイトの URL、設備などがこれに含まれます。宿泊施設が民泊とホテルのどちらに該当するのか不明な場合は、宿泊施設のビジネスに関するカテゴリをご覧ください。

最初の取り込みでは、パートナーは Google に対して、ホテルリスト XML リファレンスの仕様に基づくリスティング フィードを共有します。ただし、ホテルリストとは異なり、民泊に固有の属性も含める必要があります。リスティング フィードの取り込みには 2~4 週間ほどかかります。その間に、フィードのトラブルシューティングや最適化について Google からパートナーにご連絡いたします。

注: 「省略可(強く推奨)」と表示されている属性値は、省略してもリストフィードの検証が妨げられることはありません。ただし、それらを省略すると、特定のフィルタが適用された検索結果にリスティングが表示されなくなる可能性があります。

3. 民泊料金の更新方法を決定する

ホテル広告の統合と同様に、民泊でもさまざまな料金フィード配信モードを利用できます。パートナーはそれらのモードを使用して、民泊の最新の料金情報を Google に送信できます。Google が料金キャッシュを作成(および旅行プランの組み合わせを決定)するために使用するプロセスは、以下のとおりです。

  1. リスティング フィードの取り込みとトラブルシューティングが完了したら、パートナーは宿泊料金の統合を設定する必要があります。具体的には、ソース URL を指定して、Google が民泊施設の最新の宿泊プラン料金をリクエストできるようにします。
  2. パートナーは、1 秒あたりのホテル宿泊プラン数(HIPs)、クエリあたりのホテル バッチサイズ、パートナーへの最大並列接続数を入力します。
    • HIPs: Google が貴社のサーバーに対して 1 秒あたりにリクエストするホテルまたは宿泊プランの合計数。
    • バッチサイズ: 1 つのメッセージで Google がクエリするホテルの数。
    • 最大並列接続数: 貴社のサーバーがサポートする Google からの並列(同時)接続の最大数(スレッド数)。
  3. 必要に応じて、パートナーは最初の料金または認証を入力します。デフォルトの設定を使用して接続が確立されると、フィードバックがパートナーに送信されます。これは、帯域幅を本番環境レベルにまで引き上げるのに役立ちます。
  4. パートナーはキャッシュに宿泊プランの料金を入力します。
注: 現在のところ、民泊では最大 330 日の予約可能期間と最大 30 日の滞在日数がサポートされています。このガイドラインを使用して、できるだけ多くの予約オプションを提供することをおすすめします。

4. ランディング ページをカスタマイズする

パートナーは、ランディング ページの設定において、1 個以上のランディング ページ URL テンプレートを指定する必要があります。パートナーは、Google がリンクをどのように構成するかを定義できます。この構成によって、ユーザーと宿泊プランに関する追加情報がリンクに含まれるようになります。民泊では、ホテル ID、定員、チェックイン日などの情報を URL に含めることができます。ランディング ページの管理と更新に関する記事をご覧ください

シームレスなユーザー エクスペリエンスを提供するために、パートナーはランディング ページを設定する際に次のガイドラインを考慮してください。

  • ランディング ページの読み込みに時間がかかりすぎないように、また機能に問題がないようにする必要があります。コンテンツ(画像、説明など)、料金、リンクが読み込まれない場合、ページが機能していないと見なされることがあります。最適なユーザー エクスペリエンスとコンバージョンを実現するために、ページの読み込み時間は 3 秒以下に抑えることをおすすめします。ページが 10 秒以上操作できない場合、ページは機能していないと見なされます。
  • ユーザーの利便性を高め、コンバージョンを促進するために、ユーザーがパートナー ウェブサイトを開いたときに、すべての予約関連情報(チェックイン日、滞在日数、宿泊人数など)が事前入力されているようにしてください。詳しくは、リンク先参照に関するポリシーをご覧ください
  • 少なくとも 1 つのランディング ページ テンプレートは、デフォルト テンプレートとしてすべてのユーザーをカバーする必要があります。特定のユーザー層(国、言語、その他のユーザー属性に基づく)向けに、個別のランディング ページ URL テンプレートを作成できます。

5. Google 広告の設定

民泊施設を Google に表示するには、民泊施設のアカウントと合わせて Google 広告アカウントを設定する必要があります。この Google 広告アカウントの用途は、宿泊施設を Google に表示するだけであることに注意してください。民泊の掲載には入札やキャンペーン管理は含まれないため、このアカウントへの請求は行われません。

パートナーは、セールス アカウント マネージャーに問い合わせて Google 広告アカウント設定のサポートを受けたり、テクニカル アカウント マネージャーに問い合わせて Hotel Center アカウントと Google 広告のキャンペーンのリンクのサポートを受けたりすることができます。

6. 料金の精度とデータの評価

Hotel Center でデータフィードの統合が完了したら、Google 広告のホテル キャンペーンを使用して、広告戦略に基づいて動的な入札と具体的な予算設定を行うことができます。Google 広告のオンボーディングについて詳しくは、ホテル広告のヘルプセンターのリソースをご覧ください。
パートナーはキャンペーン管理に Google Ads API を使用できます。この API を通じて、キャンペーンを作成または変更したり、広告の掲載結果に関する指標を確認したりできます。

料金精度は民泊のデータ品質要件の 1 つであり、ウェブサイトに表示される料金と比較して、料金フィードの料金設定がどの程度完全かつ正確であるかを表します。Google は料金精度チェックを頻繁に実施し、Hotel Center を通じて最新の結果をパートナーに提供します。パートナーは、定義された料金精度ポリシーリンク先参照に関するポリシーを常に遵守し、問題があれば Hotel Center のセルフサービス ツールを使用してトラブルシューティングを行うことが求められます。

  • Google はパートナーと連携して、民泊施設に固有の税金や手数料(オンサイトの支払いや追加の必須料金など)を料金フィードに実装します。
  • Google は料金の問題のトラブルシューティングをサポートします。オンボーディング中のパートナーが 3 日間連続で料金精度スコア「非常に良い」を維持してアカウントを有効化できるように支援します。

Google に送信する料金のガイドライン

ホテルの料金とは異なり、民泊の料金は、清掃料、ペット手数料、使用ベースの料金などの追加の支払いにより大きく変わる場合があります。Google では、ユーザーが Google からパートナーのウェブサイトに転送されたときに快適に利用できることを重要視しています。このため、ユーザーが宿泊プランの検索から民泊の予約にスムーズに進めるよう、料金設定の透明性をできる限り高めることを推奨します。

民泊の宿泊プラン料金を送信する際、パートナーは以下のガイドラインを考慮する必要があります。

  • できる限り正確な合計料金を Google に送信するため、料金にはユーザーが支払う必須の金額をすべて含める必要があります。
    • 任意の請求金額、または必須ではない請求金額は、合計料金から除外し、パートナー ウェブサイトの予約最終確認ページで個別に表示する必要があります。
  • 必須の請求金額はすべて、ウェブサイトの予約最終確認ページで構造化された形式(表や明確な UI など)で表示し、構造化されていない形式(必須の請求金額を注意事項に但し書きしたり、他の参照情報に埋もれた形で記載すること)は避けてください。
  • 構造化された形式で記載できない必須の追加料金がある場合は、宿泊施設の説明に記載し、Google に送信する合計料金に含める必要があります。
  • デポジットや払い戻し金は、Google に送信する合計料金に含めないでください。ただし、ランディング ページまたは予約最終確認ページの個別セクションで明示する必要があります。
  • チェックイン時の支払いではなく、オンライン予約時に支払う必要がある合計料金は、ランディング ページまたは予約最終確認ページで個別に明記することをおすすめします。
  • オンボーディングの開始前に、予約最終確認ページに次のフィールドが含まれていることを確認してください。
    • 基本料金
    • 基本料金 x 合計宿泊日数
    • 支払いが必須のすべての税金と手数料
    • オンライン予約時に支払う合計料金
    • チェックイン時に支払う合計料金
    • 払い戻し可能なデポジットまたは手数料
  • 料金フィードで Google に送信する必要がある料金の詳細を以下の表でご確認ください。
料金タイプ Google に送信する必要があるか
基本料金 はい --
必須の税金 はい 地方税
必須の手数料 はい 清掃料金
固定料金 はい 電力使用料(宿泊客 1 人 / 1 泊 / 宿泊ごとの固定費)
使用または消費ベースの料金 いいえ 電力使用料(kWh あたり)
払い戻し可能な料金 いいえ 保証金(問題がなければユーザーに返金)
必須のオンサイト料金または税金 はい 居住者免除の手数料または税金(宿泊客の本人確認情報に基づく請求)

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
81426
false