ハングアウトと Hangouts Chat の利用規定

Google のポリシーは、ユーザーの皆様に Google のサービスを快適にご利用いただくうえで重要です。ハングアウトや Hangouts Chat(総称して「ハングアウト」)をご利用になる場合は、これらのポリシーに準拠してください。これらのポリシーは変更されることがありますので、今後も随時ご確認ください。詳細については、Google の利用規約をご覧ください。

スパムおよび商用利用

スパム、大量の広告、自動メッセージまたは通話を送信 / 発信したり、送信や発信を助長したりしないでください。スパムには、好ましくない宣伝や商業目的のコンテンツ、好ましくない勧誘、大量勧誘が含まれますが、これらに限定されません。電話勧誘販売を禁止する法律に違反した電話をかけないでください。

Google におけるスパム対策と、ハングアウトでユーザーをブロックする方法についての詳細をご覧ください。

不正行為、フィッシングなどの欺瞞行為

ハングアウトをフィッシング目的で使用しないでください。また、機密データを求めたり収集したりしないでください。これらのデータには、パスワード、財務内容、社会保障番号を含みますが、これらに限定されません。ハングアウトを使用して他のユーザーを虚偽の表示で欺いたり、誘導したり、騙したりして情報を共有するよう仕向けないでください。

他者になりすましたり、自分の身元やハングアウトのメッセージ、通話の発信元などを偽ったりしないでください。

不正なソフトウェア

Google または他の組織もしくはユーザーが所有するネットワークやサーバーなどのインフラストラクチャに危害を加えたり、動作を妨害したりするおそれのある不正なソフトウェアやウィルス、トロイの木馬、破損したファイル、破壊的なコードなどを送信することはできません。

児童の安全

いかなる方法でも、児童を搾取する目的でハングアウトを使用しないでください。これには、児童の性的虐待の画像や、児童を性的に表現したコンテンツが含まれます。Google は、このようなコンテンツに対して断固とした措置を取ります。そうしたコンテンツを発見した場合は、法律に従い、全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)に報告します。また、こうした行為に関わった Google アカウントを解除するなどの懲戒的な措置を取る場合もあります。

これには児童に対する性的な誘いかけ(児童となんらかのつながりを確立し、性的虐待や人身売買などの搾取に備えてその児童の心理的抑制を弱めることを目的としたあらゆる行為)も含まれます。

児童が虐待や搾取、人身売買の危険にさらされている、または実際にその被害に遭っていると思われる場合は、直ちに最寄りの警察当局に通報してください。

警察当局に通報した後もまだ援助が必要な場合や、ハングアウトで児童が性的な誘いかけの被害に遭っている、または過去に被害に遭っていたとの懸念をお持ちの場合は、Google にその行為を報告してください。なお、ハングアウトで連絡を受けたくないユーザーがいる場合は、そのユーザーをいつでもブロックできます。

嫌がらせ

ハングアウトを使用して他者に嫌がらせや脅迫、威嚇行為をしないでください。また、そのような行為に関与するように他者を煽ったりしないでください。

個人情報や機密情報

他者の個人情報や機密情報(クレジット カード番号、社会保障番号、アカウントのパスワードなど)を、本人の許可なく配信しないでください。

違法行為

ハングアウトを使用して違法行為を助長したり、計画したり、関与したりしないでください。

ポリシーの適用

Google では、ポリシー違反が認められたアカウントを無効にする場合があります。アカウントが誤って無効にされたと思われる場合は、こちらのページの説明を参照してください。

ハングアウトの招待状、一般公開のハングアウト、ハングアウト オンエアに適用される追加規約

Google のソーシャル サービスや共有サービスでは、多様なバックグラウンドの人々が会話したり、体験を共有したり、プロジェクトで共同作業したり、新しいコミュニティを形成したりすることができます。Google のポリシーは、ユーザーの皆様にハングアウトを快適にご利用いただくうえで重要です。次の場合は、本ポリシーに従ってください。
  • ハングアウトの招待状を送信する場合
  • 一般公開のハングアウトまたはハングアウト オンエアに参加した場合

Google では、ポリシーに違反している可能性のあるコンテンツについて Google にご報告いただくよう、ユーザーの皆様にお願いしています。Google でポリシー違反の可能性に関する通知を受けた場合は、コンテンツを確認したうえで、コンテンツへのアクセスの制限、コンテンツの削除、コンテンツの印刷の禁止、ユーザーの Google サービスへのアクセスの制限または停止など、適切な措置を講じることがあります。ただし、芸術上、教育上、もしくは記録上考慮すべき事項に基づく場合、または措置を講じないことが一般の人々にとって別の大きなメリットとなる場合は、本ポリシーに例外を設けることがあります。

本ポリシーは変更されることがありますので、定期的にこのページをご確認ください。

  1. ヘイトスピーチ
    Google のサービスは、自由な表現のためのプラットフォームですが、ヘイトスピーチは許可されません。ヘイトスピーチとは、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいて、個人やグループに対する暴力を助長または容認したり、憎悪をあおることを主な目的としたりするコンテンツのことです。

  2. 露骨な性表現を含むコンテンツ
    露骨な性表現やポルノを含むコンテンツを配信しないでください。また、商業ポルノサイトにユーザーを誘導しないでください。

    記録を目的とした自然なヌードの描写(母乳を飲む乳児の画像など)のほか、教育、科学、芸術上の明確な目的を持ったヌードの描写は許可されます。

    なお、Google のプロフィール写真に成人向けコンテンツや不快なコンテンツを使用することはできません。たとえば、人間の臀部や女性の胸の谷間がアップで写っている写真を使用しないでください。

  3. 暴力 
    衝撃的、扇情的、不当であることを主な意図とする暴力的もしくは残虐なコンテンツを共有しないでください。報道、記録、科学または芸術を背景として過激な描写のコンテンツを投稿する場合は、その背景事情を十分に説明する情報も提供するよう心掛けてください。ただし、コンテンツが非常に暴力的または衝撃的である場合は、そうした背景事情に関する情報が提供されていたとしても、そのコンテンツは Google のプラットフォームから削除されます。また、明示的な暴力行為を他者に推奨するようなコンテンツを投稿しないでください。

  4. 規制対象の商品やサービス
    Google のサービスを利用するとさまざまなトピックについてディスカッションできますが、アルコール、ギャンブル、医薬品、未認可のサプリメント、タバコ、花火、武器、健康機器、医療機器といった規制対象の商品やサービスの販売を促進するコンテンツは禁止されています。

  5. なりすましと不実表示
    他人または実際には代表していない組織になりすましたり、自身が所有者であることや活動の主目的を隠蔽したりして、ユーザーを欺く、混乱させる、または誤解を与えるためにハングアウトを使用しないでください。たとえば、自分の出身国や自身に関する重要な情報を偽ったり、意図的に隠蔽したりして、政治、社会問題、または社会的関心事についてのコンテンツを自国以外のユーザーに向けて配信することなどが該当します。パロディや風刺の投稿、仮名やペンネームの使用は禁止されていませんが、閲覧者にあなたの身元を誤解させるようなコンテンツの投稿は避けてください。

  6. 複数のアカウントの使用
    ポリシーやブロックから逃れたり、アカウントに設定された制限を回避したりするために複数のアカウントを作成または使用しないでください。たとえば、他のユーザーからブロックされた場合に、同様の活動のために代わりのアカウントを作成することはしないでください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。