従来のハングアウトの利用規定

Google のポリシーは、ユーザーの皆様に Google のサービスを快適にご利用いただくうえで重要です。ハングアウトと Google Chat をご利用になる場合は、これらのポリシーを遵守してください。ポリシーは変更されることがありますので、今後も随時ご確認ください。詳細については、Google の利用規約をご覧ください。

スパムおよび商用利用

スパム、大量の広告、自動メッセージまたは通話を送信 / 発信したり、送信や発信を助長したりしないでください。スパムには、好ましくない宣伝や商業目的のコンテンツ、好ましくない勧誘、大量勧誘が含まれますが、これらに限定されません。電話勧誘販売を禁止する法律に違反した電話をかけないでください。

Google におけるスパム対策と、ハングアウトでユーザーをブロックする方法についての詳細をご覧ください。

不正行為、フィッシングなどの欺瞞行為

ハングアウトをフィッシング目的で使用しないでください。また、機密データを求めたり収集したりしないでください。これらのデータには、パスワード、財務情報、社会保障番号を含みますが、これらに限定されません。ハングアウトを使用して他のユーザーを虚偽の表示で欺いたり、誘導したり、騙したりして情報を共有するよう仕向けないでください。

他者になりすましたり、自分の身元やハングアウトのメッセージ、通話の発信元などを偽ったりしないでください。

マルウェア

Google または他の組織もしくはユーザーが所有するネットワークやサーバーなどのインフラストラクチャに危害を加えたり、動作を妨害したりするおそれのある不正なソフトウェアやウイルス、トロイの木馬、破損したファイル、破壊的なコードなどを送信することはできません。

子供の安全

いかなる方法でも、児童を搾取する目的でハングアウトを使用しないでください。これには、児童の性的虐待の画像や、児童を性的に表現したコンテンツが含まれます。Google は、このようなコンテンツに対して断固とした措置を取ります。そうしたコンテンツを発見した場合は、法律に従い、全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)に報告します。また、こうした行為に関わった Google アカウントを解除するなどの懲戒的な措置を取る場合もあります。

これには児童に対する性的な誘いかけ(児童となんらかのつながりを確立し、性的虐待や人身売買などの搾取に備えてその児童の心理的抑制を弱めることを目的としたあらゆる行為)も含まれます。

児童が虐待や搾取、人身売買の危険にさらされている、または実際にその被害に遭っていると思われる場合は、直ちに最寄りの警察当局に通報してください。

警察当局に通報した後もまだ救援が必要な場合や、ハングアウトで児童が危険にさらされている、または過去に危険にさらされたとの懸念をお持ちの場合は、Google にその行為を報告してください。なお、ハングアウトで連絡を受けたくないユーザーがいる場合は、そのユーザーをいつでもブロックできます。

嫌がらせ

ハングアウトを使用して他者に嫌がらせや脅迫、威嚇行為をしないでください。また、そのような行為に関与するように他者を煽ったりしないでください。

個人情報や機密情報

他者の個人情報や機密情報(クレジット カード番号、社会保障番号、アカウントのパスワードなど)を、本人の許可なく配信しないでください。

違法行為

ハングアウトを使用して違法行為を助長したり、計画したり、関与したりしないでください。

ポリシーの適用

Google では、ポリシー違反が認められたアカウントを無効にする場合があります。アカウントが誤って無効にされたと思われる場合は、こちらのページの説明を参照してください。

 

ハングアウトの招待状、一般公開のハングアウト、ハングアウト オンエアに適用される追加規約

Google のソーシャル サービスや共有サービスは、多様なバックグラウンドの人々が会話をし、体験を共有するとともに、プロジェクトで共同作業したり、新しいコミュニティを形成したりすることを可能にします。Google のポリシーは、ユーザーの皆様にハングアウトを常に快適にご利用いただくうえで重要です。次の場合は、本ポリシーに従ってください。
  • ハングアウトの招待状を送信する場合
  • 一般公開のハングアウトまたはハングアウト オンエアに参加した場合

Google では、ポリシーに違反している可能性のあるコンテンツについて Google にご報告いただくよう、ユーザーの皆様にお願いしています。ポリシー違反の可能性に関する通知を受けた場合、Google はコンテンツを確認したうえで、コンテンツへのアクセスの制限、コンテンツの削除、コンテンツの印刷の禁止、ユーザーによる Google サービスへのアクセスの制限または停止などの措置を取らせていただくことがあります。ただし、芸術上、教育上、もしくは記録上考慮すべき事項に基づく場合、または措置を講じないことが一般の人々にとって別の大きなメリットとなる場合は、本ポリシーに例外を設けることがあります。

本ポリシーは変更されることがありますので、定期的にこのページをご確認ください。

  1. ヘイトスピーチ
    Google サービスは自由な表現のためのプラットフォームですが、ヘイトスピーチは許可されません。ヘイトスピーチとは、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいて、個人やグループに対する暴力を助長または容認したり、憎悪をあおることを主な目的としたりするコンテンツのことです。

  2. 露骨な性表現を含むコンテンツ
    露骨な性表現やポルノを含むコンテンツを配信しないでください。また、商業ポルノサイトにユーザーを誘導しないでください。

    記録を目的とした自然なヌードの描写(母乳を飲む乳児の画像など)のほか、教育、科学、芸術上の明確な目的を持ったヌードの描写は許可されます。

    なお、Google のプロフィール写真に成人向けコンテンツや不快なコンテンツを使用することはできません。たとえば、人間の臀部や女性の胸の谷間がアップで写っている写真を使用しないでください。

  3. 暴力 
    衝撃的、扇情的、不当であることを主な意図とする暴力的もしくは残虐なコンテンツを共有しないでください。報道、記録、科学または芸術を背景として過激な描写のコンテンツを投稿する場合は、その背景事情を十分に説明する情報も提供するよう心掛けてください。ただし、過度に暴力的もしくは衝撃的なコンテンツについては、投稿者の意図に関係なく Google プラットフォームから削除される場合があります。また、明示的な暴力行為を他者に推奨するようなコンテンツを投稿しないでください。

  4. 規制対象の商品やサービス
    Google のサービスを利用するとさまざまなトピックについてディスカッションできますが、アルコール、ギャンブル、医薬品、未認可のサプリメント、タバコ、花火、武器、健康機器、医療機器といった規制対象の商品やサービスの販売を促進するコンテンツは禁止されています。

  5. なりすましと虚偽表示
    他人または実際には代表していない組織になりすましたり、自身が所有者であることや活動の主目的を隠蔽したりして、ユーザーを欺く、誤解を与える、または混乱させるためにハングアウトを使用しないでください。たとえば、自分の出身国や自身に関する重要な情報を偽ったり、意図的に隠蔽したりして、政治、社会問題、または社会的関心事についてのコンテンツを自国以外のユーザーに向けて配信することなどが該当します。パロディや風刺の投稿、仮名やペンネームの使用は禁止されていませんが、閲覧者にあなたの身元を誤解させるようなコンテンツの投稿は避けてください。

  6. 複数アカウントの使用
    ポリシーやブロックから逃れたり、アカウントに設定された制限を回避したりするために複数のアカウントを作成または使用しないでください。たとえば、他のユーザーからブロックされた場合に、同様の活動のために代わりのアカウントを作成することはしないでください。

ハングアウト オンエアの追加規約

 

重要: ユーザーは、自分が開始するハングアウト オンエアに含まれるすべてのコンテンツに対して責任を負うものとします。

ユーザーは、自分が開始したハングアウト オンエアに含まれるすべてのコンテンツが本規約を遵守していることを保証するものとします。かかるコンテンツには、ハングアウトの他の参加者から提供されたコンテンツも含まれます。このハングアウトに招待する参加者は慎重に選ぶようにしてください。必要であればブロック機能を使用して、望まないユーザーがハングアウトに参加できないようにしてください。

Google では、YouTube を通じてハングアウトのライブ配信(以下「ライブ コンテンツ」)ができる機能を試験的に提供しています。ライブ コンテンツは録画され、後から視聴できるようにハングアウトの終了時に YouTube アカウントに自動的にアップロードされます(以下「アーカイブ コンテンツ」)。アーカイブ コンテンツは直ちにライブ ストリームに取って代わるため、ライブ コンテンツを共有した相手もそのアーカイブ コンテンツを視聴できるようになります。

ハングアウト オンエア(以下「サービス」)を使用すると、本追加利用規約(以下「規約」)に加えて、Google 利用規約ハングアウトと Google Chat の利用規定ハングアウトの招待状、一般公開のハングアウト、ハングアウト オンエアに適用される追加規約も含む)、プライバシー ポリシーYouTube 利用規約に拘束されることに同意したものとみなされます。これらのドキュメントは、本サービスの利用に関するユーザーと Google の間の法的な合意です。各ドキュメントをよくお読みください。

 

ライブ コンテンツ

本サービスを使用することにより、ユーザーはライブ コンテンツ(ハングアウトに組み込まれた音声録音や作品など、自身またはハングアウトの他の参加者によって提供されるコンテンツを含みます)を全世界的にホスト、キャッシュ、転送、送信、保存、コピー、修正(本サービスの実行や運用に技術的に必要な範囲に限ります)、ストリーミング、公開上映・演奏、公衆送信、表示、改変、引用、分析、アルゴリズム作成、その他の形で利用する権利およびライセンスを Google に付与することになります。このライセンスには、シンジケーション サービスの提供に関して Google と提携関係がある他の企業、組織、または個人もライブ コンテンツを利用できるようにするため、およびそれらのサービス提供に関連してライブ コンテンツを使用するための Google に対する権利も含まれており、ユーザーはこれについて同意するものとします。ユーザーは、このライセンスを供与するために必要とされるすべての権利、能力および権限を自身が有していることを確認し、Google に保証するものとします。

ユーザーは以下についてすべて処理し、(法域の著作権管理団体が管理しているかどうかにかかわらず)全世界を対象にかかるライセンスを供与することについて責任を負うものとします。(i)ライブ コンテンツの Google による使用に関連して必要となる、すべての権利、ライセンス、同意、クリアランス(レコーディング アーティスト、音楽出版者、脚本家、俳優、プロデューサー、レコード レーベルその他のすべての印税の関係者に対するあらゆる支払いなどが含まれますが、これらに限定されません)、および、(ii)公衆への上映・演奏、シンクロナイゼーションおよび公衆送信。ユーザーは、ライブ コンテンツ(ユーザーまたはハングアウトの他の参加者が提供したコンテンツを含みます)の世界中へのライブ配信に関して適用されるすべての法律、規定、および規則を遵守することに同意するものとします。

アーカイブ コンテンツ

YouTube アカウントへのアーカイブ コンテンツの自動アップロードについては YouTube 利用規約に従うものとし、ユーザーは、アーカイブ コンテンツ(自身またはハングアウトの他の参加者によって提供されたコンテンツを含む)が、YouTube 利用規約の目的のために自身で YouTube サービスに送信した「本コンテンツ」に該当することに同意するものとします。ユーザーが YouTube に関連して Google との間でコンテンツ ライセンス契約、コンテンツ ホスティング サービス契約、またはサウンド レコーディングおよび映像・音声契約(以下、「YouTube 契約」)を結んでいる場合には、ユーザーは、アーカイブ コンテンツが YouTube 契約における「プロバイダ コンテンツ」に該当し、それらの契約の規定に従うことに同意するものとします。

アーカイブ コンテンツは YouTube コミュニティ ガイドラインを遵守している必要があります。

電話をかける機能に関するハングアウト追加利用規約

ハングアウト(以下「サービス」)で「電話をかける」機能を使用すると、本追加利用規約(総称して「利用規約」)に加えて、Google 利用規約ハングアウトと Google Chat の利用規定Google プライバシー ポリシーに拘束されることに同意したものとみなされます。これらのドキュメントは、本サービスの利用に関するユーザーと Google の間の法的な合意です。各ドキュメントをよくお読みください。

発信者番号

接続済みの Google Voice アカウントと、それに付属する Google Voice 番号を持っている場合は、その番号が発信者番号として表示されます。Google Voice 番号を設定していない場合、通話の相手には汎用的な番号または「不明」と表示されます。

緊急通報

ユーザーは、本サービスを使用して緊急通報を発信および受信することはできないことを理解し、これに同意するものとします。

Google の所有権

Google の通話または接続サービスは、すべての電話番号を対象に提供しているわけではありません。Google の単独裁量においてサービス対象外とする番号には、地理上の特定の場所、特殊なサービスの番号、衛星電話サービス、その他の通話転送サービスが含まれますが、これらに限定されません。

通話クレジット

ユーザーは、前払い式のクレジットを購入して本サービスに使用することができます。かかる前払いの購入費用の払い戻しまたは補償について、Google はいかなる義務も負わないものとします。利用時間は分単位で請求されます。前払い式のクレジットは、購入時に請求が行われます。

法律で禁止される場合を除き、ユーザーが購入した発信用クレジットは、最後に使用した日から 6 か月で有効期限が終了し、譲渡することはできません。

通話クレジットは、本サービスを使用して発信する通話および / または Google Voice を使用して発信する通話に使用することができます。

全般

通話は、認可を受けたさまざまなパートナーによって転送および提供されます。本サービスは、Google Inc. の子会社である Google Dialer, Inc. によって提供されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。