ビデオ通話を開始する

ビデオ通話を利用すると、友だち、家族、同僚とお互いの顔を見ながら会話できます。ビデオ通話に参加できる人数の上限は次のとおりです。

  • Gmail と G Suite Basic では 10 人
  • Business と Education では 25 人

ヒント: ハングアウトを使用して Google Meet のビデオ通話を開始する場合は、参加できる人数の上限が異なることがあります。詳しくは、Google Meet の最大参加可能人数についての記事をご覧ください。

最初のビデオ通話を発信する前に

  • ハングアウトのシステム要件を確認してください。
  • カメラ、マイク、スピーカーがパソコンに接続されていて、それぞれのソフトウェアが最新バージョンであることを確認してください。
  • パソコンのカメラとマイクの使用を許可するように求めるメッセージが表示されたら、[許可] をクリックしてください。
  • Internet Explore 向けのハングアウト プラグインの最新バージョンをダウンロードしてインストールしてください。

重要: 場合によっては、パソコンの設定でカメラとマイクの使用を許可する必要があります。

ハングアウトにカメラとマイクの使用を許可する

Chrome

ハングアウトのビデオ通話にはパソコンのカメラとマイクが使用されます。

重要: Internet Explorer をご利用の場合は、ハングアウト プラグインの最新バージョンをインストールしてください

カメラとマイクへのアクセスを許可する

  1. hangouts.google.com を開きます。
  2. ビデオハングアウト アイコン ビデオ通話 をクリックします。ビデオハングアウト ウィンドウの上部にメッセージが表示されます。
  3. [許可] をクリックします。この操作が必要なのは初回のみです。次のことを許可できます。
    • 録画 録画中: ビデオ通話でカメラとマイクを使用します。
    • ビデオカメラ ビデオカメラ: ビデオ通話でカメラとマイクを使用します。

設定を変更してアクセスを許可する

アクセスの許可を求めるメッセージが表示されない場合や、以前にアクセスをブロックした場合でも、設定を変更するとアクセスを許可できます。

  1. hangouts.google.com を開きます。
  2. ビデオハングアウト アイコン ビデオ通話 をクリックします。
  3. 右上のカメラエラーのアイコン 許可されていないメディア をクリックします。
  4. [https://hangouts.google.com によるカメラとマイクへのアクセスを常に許可する] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。ビデオ通話に自動的に接続されます。通話が更新されない場合は、通話を一旦終了し、もう一度通話画面を開いてください。

ビデオ通話を開始する

重要: Google ハングアウトでユーザーをブロックすると、そのユーザーはハングアウトからあなた宛にメッセージを送信することはできなくなりますが、あなたがハングアウト アプリから開始または参加する Google Meet 通話にはそのユーザーも参加できます。これは、ハングアウトでユーザーをブロックしても、Google Meet ではブロックされないためです。

1 対 1 のビデオ通話を開始する

  1. hangouts.google.com にアクセスするか、Gmail のサイドバーからハングアウト アプリを開きます。
  2. ハングアウト リストから相手を選択するか、名前またはメールアドレスで検索して、目的の相手の名前をクリックします。  
  3. 左上のビデオ通話アイコン  をクリックし、次のいずれかを選択します。 
    • Meet ビデオ通話のリンクを共有 : Google Meet ビデオ通話のリンクがチャットに追加されます。送信アイコン  をクリックしてリンクを共有します。ビデオ通話に参加するには、あなたと通話相手の両方が Meet ビデオ通話のリンクをクリックする必要があります。
    • ビデオ通話を発信 ビデオカメラ: ハングアウトからビデオ通話が発信され、相手側で着信音が鳴ります。相手が通話に応答しない場合もあります。

グループ メッセージからビデオ通話を開始する

  1. hangouts.google.com にアクセスするか、Gmail のサイドバーからハングアウト アプリを開きます。
  2. 通話の相手グループをハングアウト リストから選択するか、新しいグループを作成します。
  3. グループ メッセージ ウィンドウの左上にあるビデオ通話アイコン  をクリックします。
    • Meet のリンクがメッセージに自動的に追加されます。送信アイコン をクリックして、Google Meet ビデオ通話に招待するグループとリンクを共有します。 

ビデオ通話のその他の設定

 

名前またはメールアドレスでユーザーを追加する

ビデオ通話の参加者は、通話開始後にユーザーを追加できます。招待されたユーザーがそのビデオ通話に参加するには、Google アカウントが必要になります。

  1. ビデオ通話ウィンドウを開き、画面をクリックします。
  2. 上部のユーザー追加アイコン  をクリックします。
  3. 追加するユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。
  4. [招待] をクリックします。

リンクを共有してユーザーを追加する

  1. ビデオ通話ウィンドウを開き、画面をクリックします。
  2. 上部のユーザー追加アイコン 次の操作 共有リンクをコピーするアイコン リンク をクリックします。
  3. 通話に他のユーザーを招待するには、このリンクをクリックしてコピーし、メールやチャットなどに貼り付けます。このリンクを知っているユーザーなら誰でも、ログインすれば通話に参加できます。

ビデオ通話のオプションを変更する

ビデオ通話のオプションは通話中に変更できます。画面をクリックすると次のオプションが表示されます。

  • カメラまたはマイクをオフにする: カメラまたはマイクのアイコンをクリックしてオフにします。
  • 設定: 上部の設定アイコン 設定 をクリックします。カメラ、マイク、スピーカーなどの設定を変更できます。
  • 画面共有: ビデオ通話中に他の参加者と自分の画面を共有するには、その他アイコン その他 次の操作 [画面を共有] をクリックします。
  • 全画面表示: ビデオ画像を画面全体に表示するには、その他アイコン その他 次の操作 [全画面表示] をクリックします。

ビデオ通話中にメッセージの送受信を行う

ビデオ通話中に相手にメッセージを送信することもできます。メッセージを送信すると、しばらくの間画面に表示されます。

  1. ビデオ通話画面をクリックします。
  2. 下部のチャット アイコン チャット をクリックします。

なお、送受信したメッセージは通話中のみ表示できます。ビデオ通話から一旦退出し、もう一度参加した場合、退出以前に送受信したメッセージは表示されません。

関連記事  

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。