Google グループの最新情報

Google グループの新しいリリースでは、Gmail やその他の Google サービスと同じ操作性を備えた新しいデザインが採用されています。ただし、一部の高度な機能については、今後数か月間は以前のバージョン(従来の Google グループ)でのみご利用いただけます。

Classic Google Groups home page New Google Groups home page
従来の Google グループ 新しい Google グループ

すべて開く|すべて閉じる

新しい Google グループの要点

ハイライト

新しい Google グループでは、Google グループのおなじみの機能をご利用いただけるほか、次のようなメリットもあります。

  • ナビゲーションの改善 — グループの各種設定が 1 つのセクションに統合されており、簡単にアクセスできます。
  • グループ作成手順の簡素化 — 3 ステップのウィザードでグループを簡単に作成できます。
  • 高度な検索オプション — 新しいフィルタ オプションと検索オプションにより、必要なコンテンツを簡単に見つけることができます。
  • シンプルになった [マイグループ] ページ — Google グループ(groups.google.com)にログインすると、すべてのグループが同じページに表示されます。職場または学校が管理するアカウントにログインしている場合は、組織の設定によって、利用できるグループや機能が異なります。
  • メッセージの標準化 — トピックがスレッドと呼ばれるようになり、Gmail と同じように表示されます。
  • メンバー管理の効率化 — 更新された [メンバー] ページにアクセスすると、グループ メンバーの登録設定と権限にすばやくアクセスできます。
現在のところ新しい Google グループでは利用できない機能

次の機能は新しい Google グループではご利用いただけません。これらの機能が必要な場合は、従来の Google グループを使用してください。

機能 制限事項
共同トレイ 共同トレイ機能(トピックを割り当てる、グループの種類を共同トレイに変更するなど)を使用して、共同トレイを作成する。
共有ラベル タグとカテゴリの置換。このリリースではラベルは使用できません。
複数ドメイン 複数のドメインでグループを作成し、検索する。
モバイル対応 モバイル デバイス用に改良された Google グループ UI。
ウェルカム メッセージ グループのスレッドの上に表示されるグループのウェルカム メッセージを追加または変更する。
全般設定 すべてのグループに適用される設定を表示または変更する。
登録内容の管理 登録内容を管理し、スパムに分類されたスレッドを表示するダッシュボード。
グループのデフォルトの役割 グループのデフォルトの役割(オーナー、マネージャー、メンバー)の名前または説明を編集する。グループのデフォルトの役割を編集するには、従来の Google グループを使用する必要があります。
最近の検索、検索の候補、検索条件の保存 検索バーに入力し始めると最近の検索や検索の候補の一覧が表示される。また、使用した検索条件は保存できるため、2 回目以降は左パネルでその検索条件の名前をクリックするだけで使用できる。

新しい Google グループに切り替えた場合の変更点

グループの作成方法

新しい Google グループでは、グループの作成もメンバーの招待も素早くできます。また、次の詳細設定をグループの作成ページから移動し、プロセスを簡素化しました。これらが設定が必要な場合は、グループの作成後に設定を行ってください。

設定 新しい Google グループでの場所
グループの主要言語 [グループ設定] 次に [メール オプション]
グループの公開設定 [グループ設定] 次に [全般] 次に [グループを表示できるユーザー]
トピックを表示できるユーザー [グループ設定] 次に [全般] 次に [会話を閲覧できるユーザー]
投稿できるユーザー [グループ設定] 次に [全般] 次に [投稿できるユーザー]
グループに参加できるユーザー

[グループ設定] 次に [全般] 次に [グループに参加できるユーザー]

詳しくは、新しい Google グループでグループを作成する方法をご覧ください。

メンバーの管理方法

新しい Google グループでは、[メンバー] ページでメンバー管理のすべての設定にアクセスできます。

設定 従来の Google グループの使用 新しい Google グループの使用
  • すべてのメンバー
  • 未処理の招待状
  • 参加リクエスト
左側のナビゲーションで [メンバー] をクリックし、設定名をクリックします。 左側のナビゲーションで [メンバー] をクリックします。次に、[メンバー] リストの上にある [招待のステータス] または [保留中のリクエスト] をクリックします。
  • すべてのメンバー
  • メンバーを招待
  • メンバーを直接追加
左側のナビゲーションで [メンバー] をクリックし、設定名をクリックします。 左側のナビゲーションで [メンバー] をクリックします。次に、[メンバー] リストの上に表示されているグループ名の横にある [メンバーを追加] をクリックします。

詳しくは、新しい Google グループでメンバーを管理する方法をご覧ください。

メールとメンバー ID の設定

新しい Google グループでは、[グループ設定] にメールとメンバーに関するすべての設定があります。

: 使用可能なすべての設定を表示するには、[グループ設定] ページの右上にある [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。

設定 従来の Google グループの使用 新しい Google グループの使用

メール オプション

  • 件名のプレフィックス
  • メールフッター
  • 返信の投稿先
[設定] 次に [メール オプション] [グループ設定] 次に [メール オプション]

ID

  • 必要な ID の形式
[設定] 次に [ID] [グループの設定] 次に [メンバーのプライバシー] 次に [新しいメンバーの ID が必要です]

詳しくは、新しい Google グループで設定を管理する方法をご覧ください。

権限の管理方法

新しい Google グループでは、[グループ設定] に権限に関するすべての設定があります。

: 使用可能なすべての設定を表示するには、[グループ設定] ページの右上にある [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。

従来の設定 従来の Google グループでの場所と名前 新しい Google グループでの場所と名前
グループの公開設定 [権限] 次に [基本的な権限] [グループ設定] 次に [全般] 次に [グループを表示できるユーザー]
トピックを表示 [権限] 次に [基本的な権限] [グループ設定] 次に [全般] 次に [会話を閲覧できるユーザー]
グループに参加 [権限] 次に [基本的な権限] [グループ設定] 次に [全般] 次に [グループに参加できるユーザー]
この組織外のメンバーを許可する [権限] 次に [基本的な権限] [グループ設定] 次に [全般] 次に [外部メンバーを許可する]
メタデータの管理 [権限] 次に [投稿権限] [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] 次に [メタデータを管理できるユーザー]
ファイルを添付 [権限] 次に [投稿権限]

[グループ設定] 次に [投稿ポリシー] 次に [ファイルを添付できるユーザー]

: 使用可能なすべての設定を表示するには、[グループ設定] ページの右上にある [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。

投稿 [権限] 次に [投稿権限] [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] 次に [メールでの投稿を許可]
グループとして投稿 [権限] 次に [投稿権限] [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] 次に [グループとして投稿できるユーザー]
投稿者に返信 [権限] 次に [投稿権限]

[グループ設定] 次に [投稿ポリシー] 次に [投稿者に非公開で返信できるユーザー]

: 使用可能なすべての設定を表示するには、[グループ設定] ページの右上にある [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。

メンバーを管理 [権限] 次に [管理権限] [グループ設定] 次に [メンバー管理] 次に [メンバーの管理]
コンテンツの管理 [権限] 次に [管理権限] [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] 次に [メタデータを管理できるユーザー]
このグループのオーナーとマネージャーに連絡 [権限] 次に [アクセス権限] [グループ設定] 次に [メンバーのプライバシー] 次に [グループのオーナーに連絡できるユーザー]
メンバーを表示 [権限] 次に [アクセス権限] [グループ設定] 次に [全般] 次に [メンバー一覧を表示できるユーザー]
メールアドレスを表示 [権限] 次に [アクセス権限] [グループ設定] 次に [メンバーのプライバシー] 次に [メンバーのメールアドレスを表示できるユーザー]
トピックを表示 [権限] 次に [アクセス権限] [グループ設定] 次に [全般] 次に [会話を閲覧できるユーザー]

詳しくは、新しい Google グループで設定を選択する方法をご覧ください。

グループ設定

新しい Google グループでは、[グループ設定] にグループに関する設定があります。

設定 従来の Google グループの使用 新しい Google グループの使用
  • グループ名
  • グループのメールアドレス
  • グループの説明
[情報] 次に [全般情報] [グループ設定] 次に [全般]
グループの主要言語 [情報] 次に [全般情報] [グループ設定] 次に [メール オプション]

投稿オプション

  • メールによる投稿を許可する
  • ユーザーにウェブ上でのグループへの投稿を許可する
[情報] 次に [全般情報] [グループ設定] 次に [投稿ポリシー]
グループの公開設定 [情報] 次に [グループの公開設定] [グループ設定] 次に [全般] 次に [グループを表示できるユーザー]
アーカイブ オプション [情報] 次に [コンテンツ管理] [グループ設定] 次に [投稿ポリシー] 次に [グループ メッセージをアーカイブ]
スレッドモード [情報] 次に [ウェブ表示のカスタマイズ] [グループ設定] 次に [メール オプション] 次に [スレッドモード]
グループの削除 [情報] 次に [詳細設定] [グループ設定] 次に [削除]
デフォルトの役割の権限 [権限] 次に基本、投稿、管理、アクセス [グループ設定] 次に [詳細設定] 次に [全般]、[メンバーのプライバシー]、[投稿ポリシー]、[メンバー管理]

詳しくは、新しい Google グループで設定を選択する方法をご確認ください。

新しい用語

Gmail でのメッセージの表現方法に合わせて、トピックがスレッドと呼ばれるようになりました。

サポート終了予定の機能

Google グループをシンプルで使いやすくするために、以下の機能のサポートを終了する予定にしていますが、最終的な判断を下す前にお客様のご意見をお聞かせいただければ幸いです。以下の機能を使用するために従来の Google グループに切り替えると簡単なアンケートが表示されますので、よろしければこのアンケートを通じて、これらの機能の必要性についてお客様のご意見をお聞かせください。

機能 説明
共同トレイの一部の機能 会話の固定や移動などの機能。
タグとカテゴリ タグとカテゴリを使用してコンテンツを管理する。この機能はラベルに置き換えられます。
グループの種類 ウェブ フォーラムと Q&A フォーラムを作成し、フォーラムに関連する機能(既存のグループでベストアンサーのマークを付けるなど)を使用する。
トピックの種類 ディスカッション形式と質問形式のトピックを作成し、管理する。
元のメッセージのソースを表示 メッセージのソースコード(ヘッダーを含む)を表示する。
[グループについて] ページの統計情報 使用状況のグラフ、およびグループに関するその他の統計情報。
ウェブページにグループを埋め込む iframe を使用して外部ウェブページにグループを埋め込む。従来の Google グループで [グループを管理] 次に [情報] 次に [全般情報] の順に開くとアクセスできます。
高度なキーボード ショートカットの一部 ショートカット キーを使用してタスクを実行する([マイグループ] ページで G+C キーを押してグループを作成するなど)。ただし、ユーザー補助機能のショートカットは今後も引き続きサポートされます。
保存した検索条件 検索条件を保存して、次回からは左パネルでその検索条件の名前をクリックするだけで使用できるようにする。
自分の投稿を編集 ユーザーが自分の投稿を投稿後でも編集できるようにする。

新しい Google グループと従来の Google グループ間の切り替え

必要に応じて従来の Google グループに戻す

必要に応じていつでも従来の Google グループに戻すことができます。従来の Google グループに戻す場合は、よろしければ新しい Google グループに関するアンケートに答えて、ご意見やご感想をお聞かせください。

  1. Google グループにログインします。
  2. 右上の設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. [従来の Google グループに戻す] をクリックします。

必要に応じて新しい Google グループにもう一度切り替える

従来の Google グループに戻した場合でも、必要に応じていつでも新しい Google グループにもう一度切り替えられます。

  1. Google グループにログインします。
  2. 左上の [新しい Google グループに移動] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。