Google グループの最新情報

Google グループの新しいリリースでは、Gmail やその他の Google サービスと同じ操作性を備えた新しいデザインが採用されています。

New Google Groups home page
New Groups


新しい Google グループの要点

ハイライト

新しい Google グループでは、Google グループのおなじみの機能をご利用いただけるほか、次のようなメリットもあります。

  • ナビゲーションの改善 — グループの各種設定が 1 つのセクションに統合されており、簡単にアクセスできます。
  • グループ作成手順の簡素化 — 3 ステップのウィザードでグループを簡単に作成できます。
  • 高度な検索オプション — 新しいフィルタ オプションと検索オプションにより、必要なコンテンツを簡単に見つけることができます。
  • シンプルになった [マイグループ] ページ — Google グループ(groups.google.com)にログインすると、すべてのグループが同じページに表示されます。職場または学校が管理するアカウントにログインしている場合は、組織の設定によって、利用できるグループや機能が異なります。
  • メッセージの標準化 — トピックがスレッドと呼ばれるようになり、Gmail と同じように表示されます。
  • メンバー管理の効率化 — 更新された [メンバー] ページにアクセスすると、グループ メンバーの登録設定と権限にすばやくアクセスできます。
主な機能が新しい Google グループでも利用可能に

新しい Google グループでも、以下のような Google グループの主な機能をご利用いただけます。

機能 説明
モバイル対応 モバイル デバイス用に改良された Google グループ UI。モバイル デバイスで新しい Google グループを使用するをご覧ください。
共同トレイ

共同トレイ機能(トピックを割り当てる、グループの種類を共同トレイに変更するなど)を使用して、共同トレイを作成する。

従来の Google グループで作成した共同トレイには新しい Google グループからもアクセスできます。

ラベル タグとカテゴリの代替機能。
複数のドメイン: グループの作成

複数のドメインでグループを作成する。

この機能を使用するには、職場または学校用アカウントにログインしている必要があります。また、表示されるオプションが異なる場合があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください。

お気に入りの会話 お気に入りの会話(トピック)を 1 つのページにすべて表示する。
グループのカスタムの役割 カスタムの役割を作成して管理する。
ウェルカム メッセージ グループの会話の上に表示されるグループのウェルカム メッセージを追加または変更する。
全般設定 すべてのグループに適用される設定を表示または変更する。
ログアウト状態のユーザー

Google アカウントにログインしていないユーザーに Google グループの利用を許可する。

グループが一般公開されている場合は、ログインしていないユーザーもそのグループを検索して、会話を表示できます。ただし、グループ内でなんらかの操作を実行するにはログインする必要があります。

メッセージのソースの表示 メッセージのソースコード(ヘッダーを含む)を表示する。
モバイル デバイスで新しい Google グループを使用する

モバイル デバイスでも、Google グループを使用してグループ、会話、メンバー設定の検索と表示を行えます。

ただし、グループの作成や会話への投稿などのタスクを実行する場合は、PC 版 Google グループの完全版を使用してください。多くの一般的なブラウザでは、モバイル デバイスでも PC 版のサイトを表示できるようになっています。たとえば Google Chrome の場合、右上のその他アイコン "" 次に [PC 版サイト] を選択します。

新しい Google グループで一般的なタスクを実行する

職場または学校のアカウントにログインしている場合は、表示されるオプションが異なる場合があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください。

メンバーの管理方法

新しい Google グループでの場所: 左側のパネル > [ユーザー]

行いたい操作 設定場所
現在のメンバー /
保留中のメンバーを表示
  • [メンバー]
  • [保留中のメンバー]
メンバーを追加

[メンバー] 次に [メンバーを追加]

詳しくは、新しい Google グループでメンバーを管理する方法をご覧ください。

画面左側の [ユーザー] を表示
特定のメンバーとメッセージの表示方法
表示対象 方法
メッセージ配信エラーが発生しているメンバー 左側のナビゲーションで [メンバー] をクリックします。該当するメンバーの [サブスクリプション] 列のエントリの横に、赤い三角形が表示されます。
管理対象メッセージ 左側のナビゲーションで、[会話] > [保留中] をクリックします。管理待ちの直近 5 件のメッセージが表示されます。その他のメッセージを表示するには、右上の次へアイコン "" をクリックします。
権限と設定

新しい Google グループでグループの設定を表示するには、左側のナビゲーション パネルの一番下にある [グループ設定] をクリックします。

新しいグループ設定について詳しくは、グループの詳細を表示または編集するをご覧ください。

全般

使用可能な設定:

  • グループ名
  • グループのメールアドレス
  • グループの説明
  • 追加の Google グループの機能を有効にする
  • 共有ラベル
  • グループを表示できるユーザー
  • グループに参加できるユーザー
  • 外部メンバーを許可する
  • 会話を閲覧できるユーザー
  • 投稿できるユーザー
  • メンバーを表示できるユーザー

詳しくは、全般設定についてのヘルプ記事をご覧ください。

画面左下の [全般] を表示

メンバーのプライバシー

使用可能な設定:

  • 新しいメンバーに求める ID の形式
  • グループのオーナーに連絡できるユーザー
  • メンバーのメールアドレスを表示できるユーザー

詳しくは、メンバーのプライバシー設定についてのヘルプ記事をご覧ください。

画面左下の [メンバーのプライバシー] を表示

投稿ポリシー

使用可能な設定:

  • メールでの投稿を許可
  • ウェブからの投稿を許可
  • 会話の履歴
  • 投稿者に非公開で返信できるユーザー
  • ファイルを添付できるユーザー
  • コンテンツを管理できるユーザー
  • メタデータを管理できるユーザー
  • グループとして投稿できるユーザー
  • デフォルトの差出人
  • メッセージの管理
  • 新しいメンバーの制限
  • スパム メッセージの処理
  • 拒否されたメッセージに関する通知

詳しくは、投稿ポリシーについてのヘルプ記事をご覧ください。

画面左下の [投稿ポリシー] を表示

メール オプション

使用可能な設定:

  • 件名のプレフィックス
  • メールフッター
  • グループのメールの言語
  • 自動返信
  • 返信を投稿
  • スレッドモード

詳しくは、メール オプションについてのヘルプ記事をご覧ください。

画面左下の [メール オプション] を表示

メンバー管理

使用可能な設定:

  • メンバーの管理
  • カスタムの役割を変更できるユーザー
  • カスタムのロール

詳しくは、メンバー管理の設定についてのヘルプ記事をご覧ください。

画面左下の [メンバー管理] を表示

サポートが終了した機能

Google グループをシンプルで使いやすくするために、新しい Google グループでは以下の機能のサポートを終了しました。

機能 説明
返信定型文

返信定型文を作成して投稿内で使用します。

この機能の代わりに、Gmail でテンプレートを作成できます。

トピックの固定 会話がリストの先頭に表示されるようにします。
トピックの移動 トピックを別のグループに移動します。
タグとカテゴリ タグとカテゴリを使用してコンテンツを管理します。この機能はラベルに置き換えられました。
グループの種類 ウェブ フォーラムや Q&A フォーラムを作成します。また、既存のグループでフォーラム関連の機能(ベストアンサーのマークを付けるなど)を使用します。
トピックの種類 標準的なディスカッション以外の種類のトピックを作成し、管理します。
[グループについて] ページの統計情報 使用状況のグラフ、およびグループに関するその他の統計情報です。
ウェブページへのグループの埋め込み

iframe を使用して外部ウェブページにグループを埋め込みます。埋め込み用のコードは、従来の Google グループの [グループを管理] 次に [情報] 次に [全般情報] にあります。

この機能の代わりに、外部ウェブページからグループにリンクして、Google グループでそのグループを表示できます。

高度なキーボード ショートカットの一部 高度なキーボード ショートカットの一部のサポートを終了しました。サポートされるキーボード ショートカットについて詳しくは、Google グループでキーボード ショートカットを使用するをご覧ください。ユーザー補助機能のショートカットは引き続きサポートされます。
自分の投稿の編集 ユーザーが自分の投稿を投稿後でも編集できるようにします。
テーマと表示間隔の設定 Google グループを表示する際の背景テーマを選択し、会話の表示間隔を調整します。
[お気に入りのグループ] 機能の一部

左側のナビゲーション パネルにお気に入りのグループまたはフォルダの未読メッセージの件数を表示したり、お気に入りのフォルダにグループをドラッグ&ドロップして並べ替えたり、フォルダ内のグループの会話をまとめて表示したりします
 

Gmail でグループ メッセージのフィルタを作成すれば、Gmail で未読メッセージの件数を表示できます。

ユーザー アクティビティ 最近の投稿、投稿の合計、月ごとの投稿トレンド、参加中のグループなどのユーザー アクティビティをユーザーごとに表示します。
自分のディスカッション

左側のナビゲーション パネルから [自分のディスカッション] ページを表示します。

この機能の代わりに、Workspace ユーザーは検索機能を使用して特定のグループやメッセージを表示できます。

グループ フィード Google グループから RSS / Atom フィードに登録します。
検索の簡略化 最近の検索や保存済みの検索を使用したり、検索を保存したり、高度なトピックとメッセージ検索フィルタの一部を使用したりします。
Google グループの無効化

Google グループを無効にします。

この機能の代わりに、参加した覚えのないグループのメンバーになっているに記載された手順に沿って、今後そのようなグループに追加または招待されないようにすることができます。
メッセージの印刷

会話のオプションからメッセージを印刷します。

この機能の代わりに、ブラウザから印刷することができます。

[言語を変更] の設定

グループの特定の言語を設定します。

この機能の代わりに、アカウントの設定でグローバルな言語の設定を指定できます。

画像のアップロード方法の選択 会話の作成ダイアログで画像の URL または Google 画像検索を使用して、埋め込み画像を追加します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
50
false
false