閲覧、投稿、管理できるユーザーを設定する

職場または学校のアカウントにログインしている場合は、表示されるオプションが異なる場合があります。詳しくは、管理者の方にお問い合わせください。

権限の設定により、Google グループでコンテンツを閲覧、投稿、管理できるユーザーを指定できます。また、メンバーやその他のグループ設定を管理できるユーザーも指定できます。

すべて開く   |   すべて閉じる

デフォルトの役割

オーナー

オーナーの役割を付与されたメンバーには、次の権限があります。

  • グループにメッセージを送信する。
  • オーナーを含むグループ メンバーを追加または削除する。
  • メンバーの役割を変更する(メンバーからオーナーに変更するなど)。
  • グループの設定を変更する。
  • グループを削除する。
  • グループのメンバーシップとメッセージを書き出す。

オーナーの役割はどのグループ メンバーにも割り当てることができます。ただし、グループに別のグループのオーナーの役割を割り当てることはできません。

おすすめの設定

誰かにオーナーの役割を割り当てると、そのユーザーにはグループに対する最高レベルの管理権限が付与されます。したがって、オーナーの数はできるだけ少なくすることをおすすめします。

マネージャー

デフォルトでは、マネージャーは、以下の操作以外はオーナーができる操作をすべて行えます。

  • グループを削除する。
  • 他のメンバーをオーナーにする。
  • オーナーの役割をマネージャーまたはメンバーに変更する。

グループのオーナーは、いずれの権限でもオーナー限定にして、マネージャーが行える操作を制限することができます。ただし、マネージャーがグループ設定を変更する権限を制限することはできません。

また、グループを別のグループのマネージャーにすることはできません。

メンバー
グループの参加者全員にメンバーの役割が割り当てられます。メンバーの役割に付与されている権限は、マネージャーとオーナーにも自動的に付与されます。

役割の権限を表示または変更する

権限を個別に表示し、その権限に役割を割り当てることができます。また、ウェブ上のすべてのユーザー(グループのメンバーではないユーザーも含む)に対してその権限を割り当てることもできます。

権限の設定および対象ユーザーは、スライダーバーによって表示されます。

従来の Google グループでは、グループ メンバーの一部を除外することができましたが(グループのマネージャーを除くメンバー全員に権限を割り当てるなど)、この機能は廃止されました。ただし、従来の Google グループで除外を設定していた場合は、新しい Google グループでもその除外が引き続き適用されます。この場合、スライダー上のその権限の名前の上の丸印が白色で表示されます。ただし、権限を変更すると除外設定のマークは表示されなくなり、これを元に戻すことはできません。

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  4. 右上の [詳細設定] の横の "" アイコンをクリックしてオンにします。
  5. 設定ごとに、その権限を付与するユーザーを選択します。
    • デフォルトの役割、組織全体、ウェブ上のすべてのユーザーの場合 - スライダーを適切な役割に移動します。
    • カスタムの役割の場合 - スライダーの横にあるリストをクリック 次に 役割を選択します。
      カスタムの役割を選択すると、そのカスタムの役割、もしくはスライダーで選択したデフォルトの役割が割り当てられているユーザー全員に、選択したカスタムの役割の権限が割り当てられます。
      なお、権限の中にはカスタムの役割に割り当てられないものもあります。
    権限設定のリファレンス
  6. [変更を保存] をクリックします。

権限設定のリファレンス

セクション名
& 権限設定
説明

全般

  • スレッドを閲覧できるユーザー
有効になっている場合、ユーザーは Google グループでスレッドを表示できます
  • 投稿できるユーザー
ユーザーはグループの会話を開始して参加することができます
  • メンバー一覧を表示できるユーザー
ユーザーはグループのメンバーリストを表示できます

メンバーのプライバシー

  • グループのオーナーに連絡できるユーザー
グループのオーナーにメッセージを送信できるユーザーを指定します
  • メンバーのメールアドレスを表示できるユーザー
メンバーのメールアドレスを表示できるユーザーを指定します

投稿ポリシー

  • 投稿者に非公開で返信できるユーザー
投稿者に非公開でメールを送信できるユーザーを指定します
  • ファイルを添付できるユーザー
メッセージにファイルを添付して投稿できるユーザーを指定します
  • コンテンツを管理できるユーザー
メッセージと会話の承認、削除、ロックが含まれます
  • メタデータを管理できるユーザー
コンテンツの分類とすべての共同トレイ機能が含まれます
  • グループとして投稿できるユーザー
グループのメールアドレスからのメッセージの投稿が含まれます

メンバー管理

  • メンバーを管理できるユーザー
グループ メンバーの追加と削除を行えるユーザーを指定します
  • カスタムの役割を変更できるユーザー
カスタムの役割の名前と説明を作成、削除、更新できるユーザーを指定します

カスタムの役割を作成または編集する

デフォルトの役割とは異なる役割が必要な場合は、カスタムの役割を作成できます。ただし、権限の中にはオーナー、マネージャー、メンバーにのみ付与でき、カスタムの役割には付与できないものがあります。

カスタムの役割に権限を割り当てる方法については、役割の権限を表示または変更するをご覧ください。

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. ページ左側で [グループ設定] 次に [メンバー管理] の順にクリックします。
  4. [カスタムの役割] で [カスタムの役割を作成] をクリックします。
  5. 新しい役割の名前と説明を入力します。
    この役割には、一般公開で共有できる単数形の名前(たとえば「Contributors」ではなく「Contributor」)を付けてください。
  6. [役割を作成] をクリックします。
  7. 役割の名前または説明を編集するには:
    1. [カスタムの役割] セクションで、役割名の横にある編集アイコン "" をクリックします。
    2. 新しい名前または説明を入力します。
    3. [変更を保存] をクリックします。

個々のメンバーの役割を変更する

デフォルトの役割

この操作を行うには、「メンバーの管理」権限が必要です。

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. ページ左側の [メンバー] をクリックします。
  4. 1 人のメンバーの役割を変更するには:目的のメンバーにカーソルを合わせ、[役割] 列で役割を選択します。
  5. 同じ役割を複数のメンバーに割り当てるには:
    1. 設定を変更するメンバーにカーソルを合わせ、名前の横のチェックボックスをオンにします(複数選択可)。
    2. 右側のリストの上にある役割変更アイコン "" をクリックします。
    3. 新しい役割を選択します。
カスタムの役割

「メンバーの管理」権限がある場合、グループのメンバーをカスタムの役割に追加したり、カスタムの役割から削除したりできます。

グループのメンバーのみ役割に追加できます。カスタムの役割に追加したメンバーが後日グループから削除されると、その役割からも自動的に削除されます。

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. ページ左側で [グループ設定] 次に [メンバー管理] の順にクリックします。
  4. [カスタムの役割] セクションで、役割名の横にある編集アイコン "" をクリックします。
  5. メンバーのメールアドレスを入力します。
  6. 表示されたそのメンバーのエントリを選択します。表示された最初のエントリを選択する場合は、Enter キーまたは Return キーを押します。
  7. (省略可)この役割に他のメンバーを追加するには、手順 5 と 6 を繰り返します。
  8. [メンバーを追加] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。