検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Android for Work is now Android and Play for Work is now Google Play. Learn more about the name change.

限定公開アプリを公開する

組織において Android アプリを組織内のユーザーに配布する場合、こうした限定公開アプリは、managed Google Play を利用して配布できます。

Google Play デベロッパー アカウントに登録し、managed Google Play に対するアプリのアップロードと公開の管理者権限を適切に設定すると、企業向けモバイル管理(EMM)コンソールを使ってアプリをユーザーに配布できるようになります。

限定公開アプリについては、その利用を企業内のユーザーのみに限定するための設定を行い、アプリを見つけやすくする必要があります。また、Google の代わりにアプリをホストする場合、所定の設定が必要となります。

デベロッパーとして登録する

注: 限定公開アプリや公開アプリを公開するには、デベロッパーとして登録する必要があります。

  1. デベロッパー アカウントのアカウント所有者とする Google アカウントにログインします。
  2. Google Play Developer Console にアクセスして登録を開始します。
  3. 同意のチェックボックスをオンにして Google Play デベロッパー販売 / 配布契約に同意します。アカウントが以前にこの契約に違反したことがある場合は、Google Play デベロッパーとして登録することはできません。
  4. [支払いに進む] をクリックします。
  5. 登録料を支払い、[同意して続行] をクリックします。
  6. デベロッパー名(Google Play で表示される名前)など、デベロッパー アカウントの詳細情報を入力します。
Google Play デベロッパー登録の処理には最大で 48 時間ほどかかることがあります。
管理者権限を設定する

この手順が必要となるのは、G Suite からディレクトリを管理している企業のみです。managed Google Play アカウントを使用している企業の場合は、すべての管理者に限定公開アプリの公開権限があります。

限定公開アプリをアップロードして公開するには、該当する組織のドメインのメンバーであること、かつ管理者であることが必要です。システムで設定される特権管理者の役割には十分な権限がありますが、付与する必要のない他の権限も含まれます。その代わりとして、限定公開アプリのアップロードに必要な権限のみを付与するカスタムの役割を作成できます。

コンソールで Google Play for Work の設定を利用するには、ご自分の企業が managed Google Play に登録されている必要があります。

カスタムの管理者役割を作成して限定公開アプリをアップロードできるようにするには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから、[管理者の役割] にアクセスします。

    ダッシュボードに [管理者の役割] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [新しい役割を作成] をクリックします。
  4. 新しい役割の名前と説明を入力し、[作成] をクリックします。

    ここで設定する名前は、「managed Google Play 限定公開アプリ管理者」など、わかりやすい一意のものとなるようにしてください。

  5. [権限] タブで、[Google Play for Work] を展開します。
  6. [Google Play for Work ストアを管理する] チェックボックスをオンにして、新しい管理者役割に対し、組織のアプリへのアクセスと管理を許可します。
  7. [Google Play for Work ストアへの限定公開アプリのアップロードを管理する] チェックボックスをオンにして、新しい管理者役割に対し、Google がホストする限定公開アプリのアップロードを許可します。
  8. (省略可)Google の代わりにアプリをホストしている場合は、[APK が Google Play for Work 以外でホストされている限定公開アプリのアップロードを管理する] チェックボックスをオンにして、新しい管理者役割に対し、外部でホストされている限定公開アプリのアップロードを許可します。
  9. [変更を保存] をクリックします。

限定公開アプリのアップロード権限をユーザーに付与するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. 該当するユーザーのアカウント ページに移動します。
  3. [管理者の役割と権限] をクリックします。このセクションを表示するには、[もっと見る] のクリックが必要になる場合もあります。
  4. [役割を管理] をクリックします。
  5. 必要となる下記の managed Google Play 権限を含むカスタムの管理者役割を選択します。
    • Google Play for Work ストアを管理する
    • Google Play for Work ストアへの限定公開アプリのアップロードを管理する
    • APK が Google Play for Work 以外でホストされている限定公開アプリのアップロードを管理する
  6. [役割を更新] をクリックします。

ユーザーが限定公開アプリのアップロードに必要な権限を持っていることを確認するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。
  2. 該当するユーザーのアカウント ページに移動します。
  3. [管理者の役割と権限] をクリックします。このセクションを表示するには、[もっと見る] のクリックが必要になる場合もあります。
  4. [権限を表示] をクリックします。
  5. [Google Play for Work] を展開します。
  6. 下記の権限のチェックボックスがオンになっていることを確認します。
    • Google Play for Work ストアを管理する
    • Google Play for Work ストアへの限定公開アプリのアップロードを管理する
  7. Google の代わりにアプリをホストしている場合は、[APK が Google Play for Work 以外でホストされている限定公開アプリのアップロードを管理する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。
ユーザーに適切な権限がない場合には、カスタムの管理者役割を作成したうえで限定公開アプリのアップロード権限をそのユーザーに付与したことを確認する必要があります。
限定公開アプリを公開する
アプリを公開すると、数時間以内に EMM コンソールから配布できるようになります。
  1. Google Play Developer Console にログインします。
  2. [新しいアプリを追加] をクリックします。
  3. デフォルトの言語を選択し、アプリのタイトルを追加します。
    ここで設定したアプリ名は、そのまま managed Google Play に表示されます。
  4. [価格と販売 / 配布地域] をクリックし、[限定公開にする] チェックボックスをオンにして、アプリの利用が組織内のみに限定されるようにします。
  5. アプリを公開する準備ができたら、製品版のリリースを作成して公開します。アプリを公開した後には、新しいリリースを作成したり、段階的な公開を設定したりすることができます。
    • 自社でホストする限定公開アプリをアップロードする際には、[Google Play 以外でホストする APK の設定をアップロードする] チェックボックスをオンにしてから、APK メタデータを生成してアップロードします。こうした定義ファイルの生成方法について詳しくは、EMM プロバイダにお問い合わせください。
サードパーティ デベロッパーに自社ドメインへの限定公開アプリの公開を許可する

サードパーティ デベロッパー(代理店やソフトフェア開発企業など)を利用して、組織向けのカスタムの限定公開アプリを作成している場合、こうしたデベロッパーに対し、お使いの Google Play デベロッパー アカウントへの制限付きアクセスを許可して、お持ちのドメインに限定公開アプリを公開できるようにすることが可能です。

サードパーティ デベロッパーにアカウントへのアクセスを許可して限定公開アプリを公開できるようにするには:

  1. Google Play Developer Console にログインします。
  2. [設定] をクリックします。
  3. [ユーザー アカウントと権限] をクリックします。
  4. [新しいユーザーを招待] をクリックします。
  5. デベロッパーのメールアドレスを入力します。
  6. (省略可)アクセスの有効期限を入力して、この期限が切れた後にはシステムにアクセスできなくなるようにします。
  7. [ドメイン限定アプリの作成] チェックボックスをオンにします。
  8. [招待状を送信] をクリックします。アクセスを有効にするリンクが記載されたメールがリリース マネージャーに送信されます。

(サードパーティ デベロッパーとして)クライアントの企業内で限定公開アプリを公開するには:

サードパーティ デベロッパーとしてクライアントの限定公開アプリを作成している場合、クライアントから Google Play Developer Console へのアクセスが許可されると、こうしたアプリを直接クライアント企業に公開できます。

クライアント企業に限定公開アプリを公開するには、まずクライアントからの招待を承諾する必要があります。

  1. Google Play Developer Console にログインします。
  2. クライアントの作成したデベロッパー アカウントをアカウントのメニューから選択します。
  3. クライアント企業に限定公開アプリを公開します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。