モバイルの望ましくないソフトウェア

Mobile Unwanted Software

Google には、「成功の条件はユーザーを第一にすること」という理念があります。Google のソフトウェア原則望ましくないソフトウェアのポリシーでは、優れたユーザー エクスペリエンスを提供するソフトウェアに関する一般的な推奨事項を紹介しています。このポリシーは、Google の望ましくないソフトウェアのポリシーを土台とし、と Google Play ストアの原則を概説するものです。原則に反するソフトウェアはユーザーの利便性に悪影響を与える可能性があるため、Google はそうしたソフトウェアからユーザーを守る措置を取ります。

望ましくないソフトウェアのポリシーに記載のとおり、望ましくないソフトウェアの大半にいくつかの共通点があります。

  • 表示に虚偽がある。すなわちできていないことをできると約束している。
  • ユーザーをだましてインストールさせようとする、または別のプログラムのインストールに便乗する。
  • ユーザーにメインとなる重要な機能の一部を説明していない。
  • ユーザーのシステムに予期しない方法で影響を与える。
  • ユーザーが気付かないうちに個人情報を収集または送信する。
  • 安全な処理(HTTPS による送信など)を行わずに個人情報を収集または送信する。
  • 他のソフトウェアとバンドル(同梱)され、その存在が開示されていない。

モバイル デバイスにおけるソフトウェアは、アプリ、バイナリ、フレームワーク変更などのコードで形成されます。ソフトウェア エコシステムにとって有害なソフトウェア、またはユーザー エクスペリエンスに悪影響を与えるソフトウェアを防ぐため、Google はこうした原則に反するコードに対して措置を取ります。

下記のように、望ましくないソフトウェアのポリシーに基づき、その適用範囲をモバイル ソフトウェアに拡大します。望ましくないソフトウェアのポリシーと同様に、Google では引き続きモバイルの望ましくないソフトウェアのポリシーを手直しし、新たな不正行為に対処していきます。

透明性の高い動作と明確な開示

コードはすべて、ユーザーへの約束のとおりに配信する必要があります。アプリは通知済みの機能をすべて提供する必要があります。アプリがユーザーを混乱させてはなりません。

  • アプリは機能と目的を明確にする必要があります。
  • アプリがシステムに対して行う変更について、ユーザーに明示して、わかりやすく説明します。すべての重要なインストール オプションと変更についてユーザーが確認して承認できるようにします。
  • ソフトウェアがユーザーのデバイスの状態に関して、偽ってはなりません(システムがセキュリティ上危機的な状況にある、ウイルスに感染しているなど)。
  • 広告トラフィックやコンバージョンを増やすことを目的とした無効な操作を行ってはなりません。
  • 他者(別のデベロッパー、会社、組織など)または別のアプリになりまして、ユーザーを誤解させるようなアプリは認められません。アプリが無関係の誰かに関係がある、または承認されているとほのめかしてはなりません。

違反の例:

  • 広告の不正行為
  • ソーシャル エンジニアリング

ユーザーデータの保護

ユーザーの個人情報や機密情報のアクセス、収集、使用、共有について明らかにして、透明性を高めます。ユーザーデータの使用に関して、該当するすべてのユーザーデータ ポリシーを遵守し、データ保護の予防措置をすべて講じる必要があります。

  • ユーザーデータを収集してデバイスから送信する前に、収集に関してユーザーに同意を求めます。これには、サードパーティ アカウント、メールアドレス、電話番号、インストール済みのアプリ、ファイル、位置情報に関するデータのほか、ユーザーが収集を予想していない個人情報や機密情報が含まれます。
  • 収集したユーザーの個人情報や機密情報は、最新の暗号手法を使用して(HTTPS 経由などで)転送するなど、安全に取り扱う必要があります。
  • モバイルアプリなどのソフトウェアが、ユーザーの個人情報や機密情報をサーバーに送信する場合、アプリの機能に関連する場合のみに限定する必要があります。

違反の例:

ユーザーデータ ポリシーの例:

モバイル エクスペリエンスへの悪影響を防止

ユーザー エクスペリエンスは、単純でわかりやすく、ユーザーの明確な選択に基づく必要があります。ユーザーに明確な価値を提案すべきであり、宣伝した、または期待されているユーザーの利便性を損なってはなりません。

  • 予期しない方法で広告をユーザーに表示してはなりません。これには、デバイス機能のユーザビリティが低下するまたは妨げられる場合、広告が適切な同意や出所の明示なく、配信元のアプリの環境外で表示され簡単に閉じられない場合などが該当します。
  • アプリは他のアプリやデバイスのユーザビリティを妨げないようにする必要があります。
  • アンインストールが必要な場合は、ユーザーにその旨を明示してください。
  • モバイル ソフトウェアが、デバイスの OS や他のアプリからのメッセージであるかのように装ってはなりません。他のアプリやオペレーティング システムからのユーザーへの通知、特に OS への変更に関する通知を抑制してはなりません。

違反の例:

  • 混乱させる広告
  • システム機能の不正使用または模倣
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
92637
false
false