広告の不正行為

広告の不正行為

広告の不正行為は固く禁止されています。広告ネットワークを騙す広告インタラクション、つまり本物のユーザーがクリックしたかのように装ってトラフィックを生成する行為は、無効なトラフィックに該当します。広告の不正行為は、デベロッパーが禁止されている方法で広告を実装した結果による場合があります。たとえば、非表示の広告を掲載する、広告を自動的にクリックする、情報を変更する、その他の方法で人間以外によるアクション(スパイダー、ボットなど)または細工された人間のアクティビティを利用して無効な広告トラフィックを生成する場合などがあります。無効なトラフィックや広告の不正行為は、広告主、デベロッパー、ユーザーにとって有害であり、モバイル広告エコシステムにおける長期的な信頼の損失につながります。
違反の例
  • ユーザーに表示されない広告を掲載するアプリ。
  • ユーザーの意図に反して広告のクリックを自動的に生成する、またはクリック件数を不正に付与できるネットワーク トラフィックを生成するアプリ。
  • インストール アトリビューション クリックを偽造して送信し、送信元のネットワークからではないインストールに対して報酬を得るアプリ。
  • ユーザーがアプリ インターフェース内にいないときに広告をポップアップ表示するアプリ。
  • アプリによる広告枠の虚偽の表示や表明。たとえば、実際には Android デバイスで実行されているのに iOS デバイスで実行されていると広告ネットワークに通知するアプリや、収益化対象のパッケージ名を偽るアプリ。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
92637
false