新型コロナウイルス感染症 2019(COVID-19)アプリの要件

この記事の最終更新日: 2022 年 1 月 6 日。次のセクションが更新されました。

  1. 「アプリの要件」セクションのステップ 1:
    • すべての接触確認アプリと COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染の可能性アプリ(ユーザーの予防接種状況や検査結果を保存するだけのアプリも含む)を対象に、[アプリのコンテンツ] ページの [COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の接触確認アプリと COVID-19 感染の可能性アプリ] セクションへの入力を必須にすることを明示しました。
    • 接触確認または COVID-19 感染の可能性に関する機能の削除を予定しているアプリを対象にした要件が、新たに追加されました。
  2. 「アプリの要件」セクションのステップ 2:
    • 権利証明に関する要件をアプリの種類ごとに明確にしました。

未曽有の世界的な緊急事態を受け、Play では COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックへの対応を目的とする公式アプリを Google Play ストアで公開できるよう審査を迅速に進めています。Google はこの責務を非常に重視し、公共の安全の利益、情報の保全、プライバシーにおいて、下記の要件を遵守する特定の COVID-19 アプリのみを Google Play ストアで許可します。

COVID-19 の制限対象となるアプリ

これらの要件の対象となるアプリは以下のとおりです(ただし、これらに限定されません)。

  1. COVID-19 の医療情報、治療情報、ワクチン情報、検査情報などの関連情報を提供するアプリ。
  2. COVID-19 関連の対応、封じ込め、研究、教育 / 養成の業務をサポートするアプリ。
  3. COVID-19 に特化して対応するために使用するサービスをサポートするアプリ(たとえば、COVID-19 への対応に特化した社会的支援(フードスタンプ、支払い)、医療、融資などを提供するアプリ)。

注: Google Play ストアのタイトルやアイコンで、新型コロナウイルス、COVID-19、パンデミック、または関連キーワードを使用する、またはそれらに近い単語を使用することができるのは、これらのカテゴリに属するアプリのみです。

他のアプリは、アプリ内エクスペリエンス、アプリの説明、アプリのスクリーンショットでは COVID-19 関連の用語を使用できますが、タイトルやアイコンでは使用できません。医療関連以外のアプリについては、COVID-19 への言及は、健康関連以外の注意情報(営業時間の変更、自宅で行うアクティビティに関するヒントの共有、COVID-19 の経済的または社会的影響に関する意見の提供など)に限定されます。これらのアプリに、健康に関する注意情報(予防法、治療、ワクチンなど)が含めることはできません。

対象となる COVID-19 アプリ

上記のカテゴリ 1~3 に属するアプリは、次のいずれかである必要があります。

1. 正式な政府機関のアプリ: Google Play ストアの COVID-19 リソース セクションの掲載対象となります

当局の情報やサービスにユーザーをつなげるために、正式な政府機関により公開または委託された COVID-19 アプリのみ、Google Play ストアの COVID-19 リソース セクションでの掲載が許可されます。一般公開される接触確認アプリ(下記を参照)を公開できるのは、このカテゴリに属するアプリのみです。

2. 確認済みの公衆衛生機関のアプリ: Google Play ストアの掲載情報で COVID-19 関連のタイトル、アイコン、マーケティングを使用できます

ユーザーの安全を守るために、正式な政府機関のアプリと以下のカテゴリのアプリのみが、Google Play ストアのアプリのタイトルとアプリアイコンで COVID-19 またはその他の関連キーワードやマーケティングを使用できます。

  1. 上記の(1)項で定義される正式な政府機関のアプリ、または
  2. 以下により公開、または直接委託されたアプリ:
    1. 医療システムまたは医療提供機関(CVS ヘルス、英国の国民保健サービス、ユナイテッドヘルス グループ、カイザー パーマネンテ、フランスの国民医療システム、ネットケア(南アフリカ)、ワン メディカルなど)。
    2. 医学研究に深く根差した、全国的に求められた医療系または疫学系研究組織(全国的に認められた医科大学を含む)。(医療系または疫学系研究組織または政府研究機関は、登録された管理機関(米国の治験審査委員会、英国の国民保健サービス(NHS)など)の承認を得る必要があります)。異議を申し立てる場合は、地方自治体や政府機関、または検証可能な医療系非政府組織(NGO)の推奨が求められます。

* アプリが上記(b)の基準を満たすためには、いずれかの機関から直接公開されているか、いずれかの機関と直接提携している(たとえば、承認機関や承認団体が、完全な権限とともに、アプリのタイトル、ロゴ、または Google Play ストアの説明で言及されている)ことが必要です。非政府団体による推奨のみでは、基準を満たすことになりません(たとえば、医科大学の職員が推奨するアプリが、その医科大学から公開されていなかったり、その医科大学と直接提携していなかったりする場合、そのアプリは条件を満たしていません)。

アプリの要件

1. [アプリのコンテンツ] ページの [COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の接触確認アプリと COVID-19 感染の可能性アプリ] セクションに必要事項を入力する

COVID-19 の接触確認アプリまたは COVID-19 感染の可能性アプリに該当する場合は、Google Play Console の [アプリのコンテンツ] ページ([ポリシー] > [アプリのコンテンツ])に移動して、[COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の接触確認アプリと COVID-19 感染の可能性アプリ] セクションに必要事項を入力してください。

COVID-19 の接触確認アプリまたは COVID-19 感染の可能性アプリに該当するかどうかは、以下のガイドラインに沿って判断してください。

  1. 一般公開される COVID-19 の接触確認アプリ。COVID-19 への対応または感染拡大防止を目的として感染者または濃厚接触者を追跡、管理するすべてのアプリを含みます。
  2. 一般公開される COVID-19 感染の可能性アプリ。個人の旅行または公共の場への外出に関する可否の判断などを目的として、ユーザーの予防接種状況、現在の感染、感染の履歴の証明を確認、提供するアプリを含みます。なお、ユーザーの予防接種状況や検査結果を保存するだけで、データの解釈や公衆衛生上の判定を行わないアプリもこれに含まれます。

注: アプリの機能を大幅に変更する(たとえば、接触確認機能や感染状況の保存機能を追加または削除する)予定がある場合は、それに応じて申告内容を変更する必要があります。また、ユーザーへの注意喚起(たとえば「新機能」欄の更新)や、ストアの掲載情報の変更も行う必要があります。接触確認機能や感染状況の保存機能を無効にしてアプリを非公開にする場合においても、申告内容とストアの掲載情報を変更し、アプリ内通知によってユーザーに注意を促す必要があります。詳細なガイダンスについては、不正行為を助長するアプリに関するポリシーをご覧ください。

2. 事前通知フォームを介して、要件を遵守していることの証明を提出する

審査手続きを迅速にするため、Google Play Console で対象アプリを送信する前に、事前通知フォームを使用して、アプリが上記の「対象となる COVID-19 アプリ」の 1 項または 2 項の要件を遵守していることの証明を提出してください。

ステップ 1 において、一般公開される COVID-19 の接触確認アプリまたは感染の可能性アプリとして宣言したアプリは、正式な政府機関によって公開、委託、または直接承認されている必要があります。事前通知フォームで要件遵守の証明を送信する際に、その承認に対する法域(法律が適用される地域)を宣言し、Play ストアの掲載情報に認識しやすい方法で開示する必要があります。十分な証明となる例としては、関連する政府機関の正式レターヘッドに印刷された、アプリの具体的なタイトルやパッケージ名を含む詳細な説明などがあります。

注: ユーザーの予防接種状況や検査結果を保存するだけで、データの解釈や公衆衛生上の判定を行わないアプリも、上記の「対象となる COVID-19 アプリ」の第 2 項(2)に定める組織単体で、もしくは当該組織と共同で、公開される場合があります。該当する場合、医療組織は、NPI(米国)、NIN(インド)など、国内の登録番号も提供する必要があります。

3. プライバシー要件

すべての COVID-19 アプリは、すべての Google Play ポリシーを厳密に遵守する必要があります。これには、以下の要件が含まれます(ただし、これらに限定されません)。

  • 危険な権限や実行時の権限(位置情報、アドレス帳、BSSID、BLE、写真、マイク、ヘルスセンサーなど)で管理されたあらゆる機能やデータを含むユーザーの個人情報や機密情報にアプリがアクセスしたり、そうした情報をアプリが収集、使用、共有したりする場合は、ユーザーの個人情報や機密情報の収集または処理を始める前に、認識しやすい開示または同意の要件を遵守する必要があります。この開示には、COVID-19 関連での使用であることと、有効な法的手続きを遵守するために必要な使用であることを含める必要があります。
    • アプリの後続バージョンが新しいタイプのユーザーの個人情報や機密情報を収集する場合は、その新しい情報を収集する根拠をユーザーに再度通知する必要があります。
  • アプリは、ユーザーの個人情報や機密情報のアクセス、収集、使用、共有を完全に開示する一般公開のプライバシー ポリシーを用意する必要があります。
  • COVID-19 の対応専用として作成されたアプリは、公衆衛生の緊急事態を直接サポートするためには必要ない個人情報や機密情報にはアクセスできません。使用できるのは、COVID-19 関連の業務や疫学的調査をサポートするため、または有効な法的手続きを遵守するために収集されたデータのみです。アプリのプライバシー ポリシーに、この限定的な使用を反映する必要があります。有効な法的手続きを遵守するためにデータを使用または共有する場合は、そのことを、関連する法律および法的なデータ リクエストに異議申し立てを行うユーザーの権利について公開されている情報へのリンクとともに、プライバシー ポリシーに明確に開示する必要があります。
  • COVID-19 の対応のほか、ユーザーのニーズにも応えるアプリ(たとえば、多目的の政府系アプリ、「遠隔医療」アプリなど)は、アプリのユーザー向けの目的と併せて COVID-19 関連の目的で獲得したデータのみを使用できます。
    • たとえば、アプリの主要機能と COVID-19 関連データの収集とのつながりをユーザーに明確に示す必要があります。
    • 現時点でこの要件を遵守していない場合は、上記の要件を遵守するよう既存のアプリを変更し、COVID-19 関連データの収集と使用が明らかにそのアプリの主要目的の一部となるようにする必要があります。たとえば、COVID-19 関連の新しいデータを収集する前にアプリ内で認識しやすい開示を行うなど、データの収集前に既存のアプリのユーザーにこの変更を明確に伝える必要があります。また、専用の COVID-19 関連アプリをリリースすることもできます。
    • アプリのユーザー向けプライバシーの開示(プライバシー ポリシー、アプリ内の開示など)で COVID-19 関連データの使用を開示する必要があります。
  • アプリは、最新の暗号手法(HTTPS 経由など)を使用して転送するなど、ユーザーのすべての個人情報や機密情報を安全に扱う必要があります。

4. アプリの公開設定と認知度

ユーザーの個人情報や機密情報を収集、ポーリング、リッスン、処理する COVID-19 アプリは、以下を含め、Google Play ポリシーのすべての要件を厳密に遵守する必要があります。

  • 接触確認アプリと COVID-19 感染の可能性アプリ(上記の定義を参照)は、そのアプリの Play ストアの掲載情報にこの機能を明確に開示する必要があります。既存のアプリに接触確認の機能や免疫の証明機能が追加されたアプリは、要件を遵守していることの証明、プライバシー機能、既存のユーザーへの新機能の認識しやすい開示を含め、上記のアプリの要件を遵守する必要があります。
  • アプリはヘッドレス(表示・操作画面が存在しない、または切り離されている状態)であってはなりません。アプリでは、アプリトレイ、デバイスのアプリ設定、通知アイコンなどに、明確に特定できるアイコンを表示する必要があります。
  • アプリは、バックグラウンドまたはフォアグラウンドのどちらで実行されるかに応じて、以下の 2 つの方法のいずれかを使用してユーザーに永続的なデバイス通知を表示する必要があります。
    1. フォアグラウンドで情報を収集する、またはフォアグラウンド サービスを使用するアプリの場合: 
      • アプリは、実行中にこの情報を自動的に収集できる場合(たとえば、アプリが BLE handshake をリッスンしている場合や、位置情報を収集している場合など)、ユーザー向けの永続的なデバイス通知を表示する必要があります。
    2. バックグラウンド サービスとして実行中に情報を収集するアプリの場合:
      • アプリは、この情報を収集 / ポーリング / 処理していることをユーザーに伝える、ユーザーが閉じることが可能な通知を毎日表示する必要があります。
      • ユーザーが代わりに毎週の通知を(アプリ内チェックボックスや設定を介して)有効にできるようにすることも可能ですが、デフォルトの設定は毎日の通知にする必要があります。

5. API の要件

Google Play のデバイスやネットワークでの不正行為に関するポリシーに従い、アプリはいかなる API のアクセスや使用においても、その規約に違反してはなりません。

6. 編集と品質の要件

Google Play の配慮が求められる事象不実表示虚偽の振る舞いに関するポリシーに従い、COVID-19 関連のコンテンツを提供するすべてのアプリは、アプリのカテゴリにかかわらず、COVID-19(COVID-19 の対応を調整している機関を含む)に関連する陰謀説、誤解を与える表現、「奇跡の治療法」や危険な治療、または特許上の虚偽または確認できない情報を含んだり固定化したりしてはなりません。

アプリの審査と公開設定

COVID-19 の対応業務に関連するアプリの配信は非常に緊急性を要すると同時にプライベートにかかわる性質上、ユーザーの安全性と Google Play エコシステムを守るために、デベロッパー販売 / 配布契約と、施行に関するポリシーに基づき、違反措置のレベルが高くなることがあります。アプリが常にポリシーを完全に遵守するよう十分に努めることは、デベロッパーの責任です。


Google は、公共の利益よりも重要なプライバシーのリスク、虚偽情報のリスク、ユーザーに危害を加えるリスクを排除し、COVID-19 の対応業務で使用されているアプリが Google Play ストアで公開され続けるよう努めます。軽度のポリシー違反が検出されたアプリが、有用な公衆衛生の利益を提供している場合は、違反を解決している間も Google Play ストアでの配信継続が認められることがあります。この間、これらのアプリは、Google Play ストアの COVID-19 専用リソース セクションでの掲載を含め、Google Play でのプロモーションの対象から外れることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
92637
false
false