アプリを作成して設定する

2021 年 8 月より、Google Play での新規アプリの公開は Android App Bundle で行う必要があります。新規アプリのサイズが 150 MB を超える場合は、Play Asset Delivery または Play Feature Delivery のいずれかを使用する必要があります。

詳しくは、Android デベロッパー ブログの投稿をご覧ください。

Google Play デベロッパー アカウントを作成したら、Google Play Console を使用してアプリを作成して設定することができます。

ヒント: アプリを作成する際は、Google Play のおすすめの公開形式である Android App Bundle を使用してください。

アプリを作成する

  1. Google Play Console を開きます。
  2. [すべてのアプリ] > [アプリを作成] を選択します。
  3. デフォルトの言語を選択し、アプリのタイトルを追加します。タイトルには、Google Play に表示するアプリの名前を入力します。この設定は後で変更できます。
  4. アプリがアプリとゲームのどちらであるかを指定します。この設定は後で変更できます。
  5. アプリが無料か有料かを指定します。
  6. Play ストアのユーザーがこのアプリの連絡先として使用できるメールアドレスを追加します。
  7. 「コンテンツ ガイドライン」と「米国輸出法」の宣言に記入します。
  8. [アプリを作成] を選択します。

アプリを設定する

アプリを作成したら、設定を開始できます。アプリ ダッシュボードで、Google Play でアプリを公開するための重要な手順がすべて案内されます。

まず、アプリのコンテンツに関する情報を提供し、Google Play のストアの掲載情報を入力します。完了したら、アプリのリリースに進みます。手順に沿って、プレリリース版の管理、テスト、プレリリース版で期待度や認知度を高めるためのプロモーションを行うことができます。最後に、Google Play でアプリをリリースし、何十億ものユーザーにアプリを公開します。

アプリの設定を開始するには、左側のメニューで [ダッシュボード] を選択します。次の手順については、アプリ ダッシュボードでアプリを設定するをご覧ください。

APK ファイルを管理する

アプリファイルのパッケージ名は、重複がなく永続的に使用できるものを慎重に設定してください。パッケージ名は後で削除したり、再利用したりできません。

APK のステータスは次の 3 つのうちのいずれかになります。

  • 未公開: ユーザーにまだ配信されていない APK
  • 有効: ユーザーに現在配信中の APK
  • アーカイブ済み: 以前有効であったが、現在はユーザーに配信されていない APK
APK ファイルを探す

アプリの APK を表示するには:

  1. Google Play Console を開き、[App Bundle エクスプローラ] ページ([リリース] > [App Bundle エクスプローラ])に移動します。
  2. [App Bundle エクスプローラ] ページの右上にバージョン フィルタがあります。このフィルタと 3 つのタブ([詳細]、[ダウンロード]、[配信])を組み合わせて使用すると、さまざまなデバイスにおけるアプリの APK のさまざまなバージョンや設定を確認できます。
  • 注: このバージョン フィルタは、以前のバージョンの Google Play Console の「アーティファクト ライブラリ」に相当する機能です。

アーティファクトの管理について詳しくは、App Bundle エクスプローラを使用して Android App Bundle を検査するをご覧ください。

サイズの上限

Google Play のアプリにはサイズの上限があり、この上限はダウンロード時の APK の圧縮後のサイズに基づきます。

APK をアップロードすると、Google Play Console では gzip を使用して、アプリのダウンロード サイズがどのくらいになるかを推定します。ユーザーがアプリをダウンロードする際、Google Play で使用される高度な圧縮ツールにより、アプリの実際のダウンロード サイズは Google Play Console に表示される推定値より小さくなる可能性があります。

APK が対象とする Android のバージョンによって、サイズの上限は以下のようになります。

  • 100 MB: Android 2.3 以上(API レベル 9~10、14 以上)を対象とする APK

1 つの APK ですべてのデバイスに対応できない場合は、同じアプリに、さまざまなデバイス設定を対象とする複数の APK をアップロードすることができます。

: 100 MB の APK をインストールするには、バージョン 5.2 以上の Play ストアが必要です。

アプリに署名する

Android では、アプリのインストールを可能にするには、いずれのアプリでも証明書を使用したデジタル署名が必須となります。詳しくは、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

  • アップロードした APK の署名に使用されている証明書が安全なものではないこと、また、鍵のサイズを 1,024 ビット以上にする必要があることを示すメッセージが表示された場合は、所定の手順に沿って手動でアプリに署名します。
  • 重要: Play アプリ署名に登録するか、キーストアを安全な場所に保管してください。キーストアを紛失した場合、新しいパッケージ名と新しい鍵でアプリを公開する必要があります。その場合、元のアプリの公開を停止し、説明を更新しなければなりません。
Google Play Console での APK バージョンに関する要件

各 APK のマニフェスト ファイルに含まれる versionCode は、アプリの更新のたびに値を増やします。

アプリを Google Play Console にアップロードするには、versionCode の値が 2100000000 以下である必要があります。APK の versionCode がこの値を超えていると、Google Play Console に新しい APK を送信できなくなります。

APK の versionCode を選択する際は、更新のたびに必ず versionCode の値を増やすとともに、最大値を超過しないようご注意ください。

: APK のバージョン管理について詳しくは、Android デベロッパー サイトの説明をご覧ください。Android の MAXINT は Google Play Console のアップロード要件とは異なりますのでご注意ください。

Google Play Console での対象 API レベルに関する要件

各 APK のマニフェスト ファイルに含まれる targetSdkVersion(対象 API レベルとも呼ばれる)は、異なる Android バージョンでのアプリの実行について示します。

最新の API レベルを対象にするようアプリを設定することで、ユーザー側のセキュリティとパフォーマンスが大きく向上します。また、対象より古いバージョン(minSdkVersion まで)の Android でもアプリは動作します。

APK をアップロードする際は、Google Play の対象 API レベルの要件を満たしている必要があります。現在対象とすべき API レベルと、今後対象とする必要がある API レベルは、次のとおりです。

API レベルの要件 開始日
Android 8.0(API レベル 26)
  • 2018 年 8 月 1 日: 新規アプリで必要
  • 2018 年 11 月 1 日: アプリのアップデートに必要
Android 9(API レベル 28)
  • 2019 年 8 月 1 日: 新規アプリで必要
  • 2019 年 11 月 1 日: アプリのアップデートに必要

Android 10(API レベル 29)*

  • 2020 年 8 月 3 日: 新規アプリで必要
  • 2020 年 11 月 2 日: アプリのアップデートに必要

Android 11(API レベル 30)*

  • 2021 年 8 月 2 日: 新規アプリで必要
  • 2021 年 11 月 1 日: アプリのアップデートに必要

* Wear OS アプリには API レベル 29 および API レベル 30 の要件は適用されません。

上記の要件の適用後、Google Play Console ではこれより古い対象 API レベルを使用している新しい APK を送信できなくなります。

ヒント: アプリの対象 API レベルを変更して上記要件を満たす方法についての技術的なアドバイスについては、移行ガイドでご確認ください。

ストアの掲載情報を指定し、設定を行う

アプリのストアの掲載情報は Google Play に表示され、ユーザーにアプリについての詳細な情報を提供します。ストアの掲載情報はテストトラックも含め、トラック間で共有されます。

プロダクトの詳細
  1. Google Play Console を開き、[メインのストアの掲載情報 ] ページに移動します。
  2. [アプリの詳細] の下の項目に入力します。
項目 説明 文字数制限 注意事項
タイトル Google Play でのアプリの名前 半角 50 文字(全角 25 文字)以内 1 言語につきローカライズしたタイトルを 1 つ指定できます。
簡単な説明 ユーザーが Play ストア アプリでアプリの詳細ページを確認するときに表示される最初のテキスト 半角 80 文字(全角 40 文字)以内 ユーザーはこのテキストを展開して、アプリの詳細な説明を確認できます。
詳しい説明 Google Play でのアプリの説明 半角 4,000 文字(全角 2,000 文字)以内  

: アプリのタイトル、説明、プロモーション用の説明でキーワードを繰り返し使用したり無関係なキーワードを使用したりすると、ユーザー エクスペリエンスが損なわれるため、Google Play でのアプリの公開が停止されることがあります。詳しくは、Google Play デベロッパー プログラム ポリシーでガイドライン全文をご覧ください。

プレビュー用アセット

詳しくは、プレビュー用アセット(簡単な説明、スクリーンショット、動画など)を追加してアプリをアピールする方法についての説明をご覧ください。

言語と翻訳

翻訳を追加して管理する

アプリをアップロードするときのデフォルトの言語は英語(米国、en-US)です。アプリの情報の翻訳や、テキストを含めたスクリーンショットなどの画像や映像の翻訳を追加できます。手順について詳しくは、アプリの翻訳とローカライズをご覧ください。

ローカライズされた画像と動画

さまざまな言語でアプリをより効果的に宣伝するため、ローカライズされた画像および映像をアプリの [メインのストアの掲載情報] ページに追加できます。

追加した言語と言語設定が一致するユーザーには、ローカライズされた画像や映像が Google Play で表示されます。

自動翻訳

独自の翻訳を追加しない場合、Google Play ストアの掲載情報のページは、アプリのデフォルトの言語で表示されるか、Google 翻訳を利用して自動翻訳されます。

自動翻訳では、翻訳が自動生成されたものであることを説明する注意書きと、アプリのデフォルトの言語に戻すオプションが表示されます。自動翻訳はアルメニア語、レトロマンス語、タガログ語、ズールー語には対応していません。

カテゴリとタグ

Google Play Console では、カテゴリを選択してアプリやゲームにタグを追加できます。カテゴリとタグにより、ユーザーが Play ストアで関連性の高いアプリを検索して見つけられるようになります。

詳しくは、アプリやゲームのカテゴリとタグを選択して追加する方法についての説明をご覧ください。

連絡先情報

アプリのメールアドレス、ウェブサイト、電話番号を指定すると、連絡先情報がストアの掲載情報でユーザーに表示されます。

連絡先メールアドレスは必須ですが、ユーザーに最善のサポート サービスを提供できるよう、ユーザーがデベロッパーに連絡するためのウェブサイトも追加することを強くおすすめします。

サポート情報を追加するには:

  1. Google Play Console を開いて [ストアの設定] ページ([成長] > [ストアでの表示] > [ストアの設定])に移動します。
  2. 下にスクロールし、[連絡先情報] を表示します。
  3. サポート用メールアドレス(必須)、電話番号、ウェブサイトの URL を追加します。

ヒント: 詳しくは、ユーザーへのサポート提供についての説明をご覧ください。

今後の流れ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
92637
false