デベロッパー アカウント ユーザーの追加と権限の管理

Play Console には、アカウント所有者、管理者、ユーザーという 3 つのアクセスレベルがあります。アクセスレベルによって、Play Console で実行できる操作とアクセスできる情報が異なります。管理者は、ユーザー管理機能を使用して、チームのメンバーが各自の役割に応じて Play Console のどの部分を表示できるか、どのデータにアクセスできるか、どの設定項目を変更できるかを安全に管理することができます。

アカウントのアクセスレベル

タイプ 説明
アカウント所有者
  • そのアカウントを Play Console に最初に登録したユーザー
  • Play Console へのフルアクセス権がある
  • ユーザーの招待と削除、個々の権限の管理ができる
  • 有料アプリを販売するためにリンクされたお支払いプロファイルを設定できる唯一のユーザー
  • Play Console の [お支払い設定] ページに表示される情報を編集できる唯一のユーザー
  • Play Console のデベロッパー プロフィールの情報を編集できる唯一のユーザー

管理者

  • 「管理者(すべての権限)」権限がある
  • すべてのアプリまたは特定のアプリにアクセスできる
  • ユーザーの招待と削除、個々の権限の管理ができる
  • 登録料(25 ドル)を支払う必要がない
ユーザー
  • Play Console にさまざまなレベルでアクセスできる
  • すべてのアプリまたは特定のアプリにアクセスできる
  • ユーザーの招待と権限の編集はできない
  • 登録料(25 ドル)を支払う必要がない

ユーザーにアクセス権を付与する

ステップ 1: ユーザーにアカウント アクセスとアプリアクセスのどちらが必要かを判断する

権限を設定する前に、そのユーザーにアカウント レベルとアプリレベルのどちらのアクセス権が必要かを判断する必要があります。

  • アカウント レベル: アカウントの権限は、デベロッパー アカウントのすべてのアプリを対象とします。
  • アプリレベル: アプリの権限は、指定されたアプリのみを対象とします。

アプリレベルのユーザーのみ、またはアカウント レベルのユーザーのみに設定できる権限もあります。アカウント アクセスかアプリアクセスかによって特定の権限がどうなるかについて詳しくは、下記の権限の定義と用途をご覧ください。

ステップ 2: ユーザーを追加する、権限を有効または無効にする

アカウント所有者または管理者は、Play Console アカウントにユーザーを追加して、すべてのアプリまたは特定のアプリに対する権限を管理することができます。ユーザーを追加して権限を有効または無効にする前に、以下の権限の定義と用途をよくご確認ください。

  1. Play Console を開きます。
  2. 左側のメニューで [ユーザーと権限] を選択します。
    • 新しいユーザーを追加するには、[新しいユーザーを招待] を選択します。
    • 既存のユーザーの権限を管理する場合は、ユーザーの表でそのユーザーの行をクリックします。
  3. ユーザーのメールアドレスを入力します。アカウント レベルでの管理者(すべての権限)の権限を持っている場合は、必要に応じてアクセス権の有効期限を設定します。以下の点に注意してください。
    • ユーザーは、招待されたメールアドレスを使用している Google アカウントでのみ Play Console にログインできます。
    • アクセス権の有効期限を設定しなかった場合、ユーザーは Play Console のアカウントまたはアプリに継続的にアクセスできます。
  4. [アプリの権限] タブで特定のアプリを対象とする権限を選択するか、[アカウントの権限] タブでデベロッパー アカウント内のすべてのアプリを対象とする権限を選択します。
    • 権限の表にアプリを追加するには、[アプリの権限] タブで [アプリを追加] を選択し、[適用] を選択します。
  5. [ユーザーを招待] を選択します。

折りたたむ すべて見る

権限の定義と用途

全般的な権限

管理者(すべての権限)
内容 使用上の注意
  • ユーザーを招待する
  • 他のユーザーの権限を管理する
  • ユーザーを削除する

この権限により、ユーザーに管理者アクセスが付与されます。この権限により、管理者は他のすべての権限も取得します。

  • この権限がアプリレベルで設定されている場合、管理者は同じアプリにアクセスする権限を持つすべてのユーザーを表示できます。アプリごとの管理者は、グローバル アクセスが付与されたユーザーを削除することはできません。
  • この権限が [グローバル] に設定されている場合、管理者はアクセスの有効期限を変更して、Play Console に行われた変更をアクティビティ ログで確認することもできます。
アプリ情報の閲覧(読み取り専用)

内容

使用上の注意

  • 関連付けられている Google Play ゲームサービス プロジェクトを含む、アプリに関するすべての情報(ただし売上データは含まない)へのアクセス(読み取り専用)
アプリ情報の閲覧、一括レポートのダウンロード(読み取り専用)

内容

使用上の注意

  • すべての Google Play ゲームサービス プロジェクトを含む、すべてのアプリに関するすべての情報(ただし売上データは含まない)へのアクセス(読み取り専用)
  • 一括レポートのダウンロード
  • 以後 Play Console に追加された新しいアプリやゲームにもアクセスできます。
  • どのアプリにもリンクされていないゲームも含め、すべてのゲームを表示できます。
  • 売上データへのアクセスを許可するには、売上データの表示の権限を付与してください。
  • この権限は、「アカウント」アクセスのユーザーにのみ設定できます。「アプリ」アクセスのユーザー向けには、アプリ情報の閲覧(読み取り専用)が用意されています。
未公開のアプリの編集、削除
内容 使用上の注意
  • 既存の未公開のアプリを編集、削除する
  • この権限では、リリースの公開を開始することはできません。
  • この権限は、「アプリ」アクセスのユーザーにのみ設定できます。「アカウント」アクセスのユーザー向けには、未公開のアプリの作成、編集、削除が用意されています。
未公開のアプリの作成、編集、削除
内容 使用上の注意
  • 新しい未公開のアプリを作成する
  • 既存の未公開のアプリを編集、削除する
  • この権限では Google Play にアプリを公開することはできません。
  • この権限は、「アカウント」アクセスのユーザーにのみ設定できます。「アプリ」アクセスのユーザー向けには、未公開のアプリの編集、削除が用意されています。
売上データの表示
内容 使用上の注意
  • 売上レポートと販売レポートを表示する
  • Purchases API にアクセスする
  • 関連付けられている Google Play ゲームサービス プロジェクトの収益情報を表示する
売上データ、注文、解約アンケートの回答の閲覧
内容 使用上の注意
  • 売上レポート、販売レポート、注文を閲覧する
  • Purchases API にアクセスする
  • 関連付けられている Google Play ゲームサービス プロジェクトの収益情報を閲覧する
  • 解約アンケートへの回答をダウンロードする
  • この権限は、「アカウント」アクセスのユーザーにのみ設定できます。「アプリ」アクセスのユーザー向けには、売上データの表示が用意されています。
注文と定期購入の管理
内容 使用上の注意
  • 注文を表示する
  • 注文を払い戻す
  • 定期購入を解約する
  • この権限では、集計売上レポートを表示することはできません。集計売上レポートを表示するには、売上データの表示の権限が必要です。
製品版としてのリリース、デバイスの除外、Google Play アプリ署名の使用
内容 使用上の注意
  • 製品版としてのリリースを作成、編集、公開する
  • アプリの公開を停止する、再公開する
  • デバイス カタログからデバイスを除外する
  • Google Play アプリ署名を使用して APK に署名する
  • この権限により、アプリを製品版として Google Play に公開できます。
テスト版トラックとしてのアプリのリリース
内容 使用上の注意
  • 未公開のアプリをアップロードする
  • テスト版トラックとしてのリリースを作成、編集、公開する
  • 以前にテスト版トラックとして公開されたアプリの公開を停止する、再公開する
  • .obb ファイルをアップロードする、変更する
  • 製品版として現在公開されていないアプリのリリースノートを編集する
  • 内部共有用の APK をアップロードする
  • この権限では、アプリを製品版として Google Play に公開することはできません。
テスト版トラックの管理、テスターリストの編集
内容 使用上の注意
  • 内部トラック、オープン トラック、クローズド トラックのテスト設定を変更する
  • テスターリストと関連ユーザーを管理する
  • この権限では、アプリを製品版として Google Play に公開することはできません。
ストアでの表示の管理
内容 使用上の注意
  • ストアの掲載情報(テキストや画像を含む)を編集し、ストア掲載情報のテスト機能を実行する
  • 価格設定、アプリ内アイテム、価格設定テンプレートを編集する
  • 配布情報(コンテンツのレーティングを含む)を編集する
  • プロモーションやセールを作成、編集する
  • デバイス カタログに保存されたデバイス フィルタを管理する
  • この権限では、デバイス カタログからデバイスを除外することはできません。
レビューへの返信
内容 使用上の注意
  • Google Play でのレビューに返信する
  • 定型返信文で使用する連絡先情報を変更する
  • この権限を持たないユーザーは、評価やレビューを閲覧することはできますが、返信することはできません。

managed Google Play の権限

限定公開アプリの作成、組織への公開
内容 使用上の注意
  • 組織内のユーザーにのみ公開される限定公開アプリを作成、編集、公開する
  • この権限は、managed Google Play を使用する限定公開アプリを対象としています。この権限では、内部テスト版トラックを管理することや、一般公開アプリを Google Play に公開することはできません。
アプリを一般公開するか、組織にのみ公開するかの選択
内容 使用上の注意
  • アプリを Google Play のすべてのユーザーに公開するか、組織内のユーザーにのみ公開するかを選択する
  • この権限は、managed Google Play を使用する限定公開アプリを対象としています。この権限では、内部テスト版トラックを管理することや、一般公開アプリを Google Play に公開することはできません。

Google Play ゲームサービスの権限

Google Play ゲームサービス プロジェクトの編集
内容 使用上の注意
  • すべてのアプリの Google Play ゲームサービス プロジェクトを編集する
Google Play ゲームサービス プロジェクトの公開
内容 使用上の注意
  • すべてのアプリの新しい Google Play ゲームサービス プロジェクトを公開する
  • 既存のプロジェクトの公開を停止する、再公開する
  • この権限は、「アカウント」アクセスのユーザーにのみ設定できます。
  • ユーザーには、Google Developers Console でゲームにアクセスする権限も必要です。

ユーザーのアクセス権を管理する

招待されるユーザーのアカウント要件

Play Console にアクセスするように招待されたユーザーは、管理者または Play Console のアカウント所有者が招待したメールアドレスを使用している Google アカウントでログインする必要があります。Google アカウントを作成する場合は、新しい Gmail アドレス(@gmail.com)を使用することも、既存のメールアドレス(職場のメールアドレスなど)を使用することもできます。

招待されたユーザーが、別のメールアドレスを使って Play Console にアクセスする必要がある場合は、管理者に連絡して、使用したいメールアドレスで招待状を再発行するように依頼します。

ユーザーが招待に応じず 30 日以内にログインしないと、招待状の有効期限が切れ、管理者が招待状を再発行する必要があります。

送信した招待状を表示する

招待状を送信すると、そのユーザーのメールアドレスに [招待状の送信完了] というステータスが表示されます。ユーザーのアクセス権に有効期限が設定されている場合、招待状にその旨が記載されます。ユーザーが招待を承諾すると、アカウント所有者に確認メールが届き、ユーザーのステータスが [有効] に変わります。

アカウントの有効期限を更新する

アカウント所有者は、以下の手順でユーザーのアクセス権の有効期限を更新できます。

  1. Play Console を開きます。
  2. 左側のメニューで [ユーザーと権限] をクリックします。
  3. ユーザーの表の右上にある [ユーザーを管理] をクリックし、プルダウン メニューで [アクセスの有効期限を延長するユーザーを選択] を選択します。
  4. 表内で、期限を延長するユーザーを選択し、[アクセス権の有効期限を延長] をクリックします。
  5. 延長期間を選択し、[アクセス権の有効期限を延長] をクリックします。
  6. [確認] を選択して変更を保存します。

あるいは、以下の手順でユーザーのアクセス権の有効期限を個別に更新することもできます。

  1. Play Console を開きます。
  2. 左側のメニューで [ユーザーと権限] をクリックします。
  3. ユーザーの表で対象ユーザーの行をクリックします。
  4. [ユーザーの詳細] ページで、[アクセス権の有効期限を設定する] チェックボックスをオンにします。
  5. 有効期限の日付を入力するか、カレンダーで選択します。
  6. [変更を保存] を選択します。
ユーザーを削除する

アカウント所有者は、以下の手順でユーザーのアクセス権を削除できます。

  1. Play Console を開きます。
  2. 左側のメニューで [ユーザーと権限] を選択します。
  3. ユーザーの表の右上にある [ユーザーを管理] を選択し、プルダウン メニューで [削除するユーザーを選択] を選択します。
  4. 表内で、削除するユーザーを選択し、[削除] を選択します。
  5. [削除] を選択して変更を保存します。

あるいは、以下の手順でユーザーのアクセス権を個別に削除することもできます。

  1. Play Console を開きます。
  2. 左側のメニューで [ユーザーと権限] を選択します。
  3. ユーザーの表で対象ユーザーの行をクリックします。
  4. [ユーザーの詳細] ページで、[ユーザーを削除] を選択します。
エラー 403

Play Console 内で「エラー 403」が表示された場合は、そのアプリに対する権限を付与するようアカウント所有者に依頼してください。

統合された機能に対する権限

Google Play ゲームサービスのユーザー権限

Play Console ユーザーが Google Play ゲームサービスの情報にアクセスするには、次の要件を満たす必要があります。

アクセス 要件
  • Google Play ゲームサービス プロジェクトを表示する
  • Google Play ゲームサービス プロジェクトを作成する、ゲームを編集する、新しいアプリをリンクする
  • Google Play ゲームサービスの売上データにアクセスする

 

Google Play ゲームサービス プロジェクトを作成した後、ユーザーを Play Console に追加する、または既存のユーザーの Play Console 権限に Google Play ゲームサービス プロジェクトの編集または Google Play ゲームサービス プロジェクトの公開の権限を追加する場合は、そのユーザーを Google Developers Console にも追加する必要があります。

Google Developers Console でプロジェクトにユーザーを追加するには:

  1. Google Developers Console にログインします。
  2. プロジェクトを選択します。
  3. 左側のメニューで [権限] を選択します。
  4. 画面の上部にある [メンバーを追加] をクリックします。
  5. Play Console に追加したユーザーのメールアドレスを入力します。
  6. 権限レベルを選択します。
  7. [追加] を選択します。
Google お支払いセンターのユーザー権限

別のユーザーが Google お支払いセンターのレポートにアクセスできるようにするには、Google お支払いセンターの設定でこのユーザーを追加する必要があります。Play Console の権限は Google お支払いセンター内で管理される権限とは異なります。

Google お支払いセンターにユーザーを追加するには:

  1. Google お支払いセンターにログインします。
  2. 左側のメニューで設定アイコン 設定 を選択します。
  3. [お支払いサービスのユーザー] の下で [お支払いサービスのユーザーを管理] > [新しいユーザーを追加] を選択します。
  4. 画面に表示される手順に沿って、必要な情報を追加します。
  5. [招待] を選択します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。