App Bundle エクスプローラを使用して Android App Bundle を検査する

2021 年 8 月より、Google Play での新規アプリの公開は Android App Bundle で行う必要があります。新規アプリのサイズが 150 MB を超える場合は、Play Asset Delivery または Play Feature Delivery のいずれかを使用する必要があります。

詳しくは、Android デベロッパー ブログの投稿をご覧ください。

Android App Bundle は、アプリを Google Play 上で公開する際のおすすめの形式です。App Bundle を使用すると、公開するアプリのサイズを小さくして、リリース管理を簡略化し、高度な配信機能を有効にすることできます。

Play Console の App Bundle エクスプローラを使用すると、App Bundle とアーティファクトを 1 か所で簡単に管理できます。また、有用なメタデータや、ダウンロード ファイル、Dynamic Delivery 用に Google Play が生成したファイルに関する分析情報にアクセスすることができます。

App Bundle の仕組みとメリット

App Bundle は、Dynamic Delivery と呼ばれるアプリ配信モデルを使用して、デバイス設定ごとに最適化された APK をビルド、配信し、効率的なアプリをユーザーに提供します。そのため、1 つのアーティファクトをビルド、署名、アップロードするだけで、さまざまなデバイス設定向けに最適化された APK をサポートできるようになります。アーティファクトをアップロードした後は、Google Play がアプリの APK を自動的に管理、配信します。

App Bundle の機能とメリット
  • 公開するアプリのサイズが小さくなるため、インストールを高速化し、ディスク上のサイズを縮小し、アンインストールを減らすことができます。
  • リリース管理が簡略化されるため、複数の APK を公開、管理する複雑さが低減されます。
  • Play Core Library を使用することで、アプリをモジュール化し、動的機能モジュールを組み込むことができます。動的機能モジュールは、以下の方法で配信できます。
    • インストール時配信: モジュールはインストール時に配信されます。この方法を選択した場合、ビルド時間を短縮できます。また、インストール時にモジュールを配信し、後でアンインストールすることにより、ディスク上のサイズを不必要に占有しないようにすることができます。
    • 条件付き配信: モジュールは、ユーザーの国や、デバイスの機能、最小 SDK バージョンといった条件に基づいて、インストール時に配信されます。
    • オンデマンド配信: アプリのライフタイム全期間にわたってすべてのユーザーに配信するのではなく、必要に応じてモジュールのインストールとアンインストールを行います。
    • Instant Apps: モジュールを Instant Apps 対応にすると、ユーザーはアプリを始めにインストールすることなく、リンクや、アプリのストアの掲載情報の [今すぐ試す] ボタンから、Instant Apps を試すことができます。
  • Play Core Library を使用することで、大きなゲームアセットを配信できます。動的アセットは、以下の方法で配信できます。
    • インストール時配信: アセットはインストール時に配信され(「事前配信」)、アプリの起動時に利用可能になります。
    • 高速フォロー配信: アセットは、アプリのインストール後に自動的に配信されます。アセットのダウンロードを開始するためにアプリを開く必要はありません。また、アセットのダウンロード中に、ユーザーがアプリを開けなくなることもありません。
    • オンデマンド配信: アセットは、アプリの実行中に、必要に応じてダウンロードされます。
  • 独自のアプリ内言語選択ツールを実装しているアプリの場合、Additional Languages API を使用することで、ユーザーがオンデマンドで追加言語リソースにアクセスしてダウンロードできるようになります。

App Bundle エクスプローラを使用する

App Bundle エクスプローラを使用すると、各アプリのバージョンを調べたり、アーティファクトをダウンロードしたり、Dynamic Delivery 用に Google Play が生成したファイルを確認したりすることができます。

[App Bundle エクスプローラ] ページの右上にはアーティファクト フィルタがあり、下部にある 3 つのタブと組み合わせて使用することで、多様なデバイスを対象とするアプリ APK の各種のバージョンや構成について調べることができます。このアーティファクト フィルタは、以前のバージョンの Google Play Console の「アーティファクト ライブラリ」に相当します。

[App Bundle エクスプローラ] ページには 2 つのタブがあります。

  • 詳細: アプリの各バージョンの詳細情報を確認できます。
  • ダウンロード: アプリのバージョンごとにインストール リンクを生成したり、デバイス固有の APK をダウンロードして、デバイス上でテストやプリインストールを行ったり、スタンドアロン APK をダウンロードしたり、各バージョンに関連する各種ファイルを管理したりすることができます。

前提条件と推奨事項

APK の詳細情報を確認する

Google Play が App Bundle から生成した APK を表示するには:

  1. Play Console を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側にあるメニューで、[リリース] > [デバイスとバージョン] > [App Bundle エクスプローラ] を選択します。
  4. [デバイス] タブで、ページの右上にあるアーティファクト フィルタを選択します。
  5. [アーティファクトの選択] テーブルで、表示するアーティファクトの右矢印を選択します。
  6. アーティファクトの詳細情報を確認します。
    • 省略可: [対応する Android デバイス] にある [デバイス カタログを見る] を選択すると、このアプリ バージョンに対応するデバイスを表示、管理することができます。

APK インストール リンクを共有する

Google Play が App Bundle から生成した特定の APK をインストールするためのリンクを共有するには:

  1. Play Console を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側にあるメニューで、[リリース] > [デバイスとバージョン] > [App Bundle エクスプローラ] を選択します。
  4. ページの右上にあるアーティファクト フィルタを選択します。
  5. [アーティファクトの選択] テーブルで、表示するアーティファクトの右矢印を選択します。
  6. [ダウンロード] タブを選択します。
  7. 特定の APK をインストールするためのリンクを共有するには: [内部アプリ共有のリンク] で、[共有可能なリンクをコピー] を選択します。
  8. リンクを共有します。
    • ヒント: [アクセスを管理] を選択して、[内部アプリ共有] ページにアクセスすると、App Bundle と APK のリンクを簡単にチームに知らせることができます。詳細については、App Bundle と APK を内部で共有するをご覧ください。

デバイス固有の APK をダウンロードする

デバイス固有の APK をダウンロードできます。また、デバイス固有のプリインストール APK をダウンロードして、OEM と共有し、デバイスにプリインストールすることができます(後で Google Play 経由でアップデートできます)。

Google Play が App Bundle から生成したデバイス固有の APK をダウンロードするには:

  1. Play Console を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側にあるメニューで、[リリース] > [デバイスとバージョン] > [App Bundle エクスプローラ] を選択します。
  4. ページの右上にあるアーティファクト フィルタを選択します。
  5. [アーティファクトの選択] テーブルで、表示するアーティファクトの右矢印を選択します。
  6. [ダウンロード] タブを選択します。
  7. [デバイス固有の APK] テーブルで、保存して共有する APK の横にあるダウンロード アイコンを選択します。

アセット ファイルと難読化解除ファイルをダウンロードする

Google Play が App Bundle から生成した APK 用のアセット ファイル、難読化解除ファイル、ネイティブ デバッグ シンボルをダウンロードするには:

  1. Play Console を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側にあるメニューで、[リリース] > [デバイスとバージョン] > [App Bundle エクスプローラ] を選択します。
  4. ページの右上にあるアーティファクト フィルタを選択します。
  5. [アーティファクトの選択] テーブルで、表示するアーティファクトの右矢印を選択します。
  6. [ダウンロード] タブを選択します。
  7. [アセット] テーブルで、保存して共有するファイルの横にあるダウンロード アイコンを選択します。

関連コンテンツ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。