時間指定でアプリを公開する

時間指定公開を使用すると、ただちに公開するのではなく、アプリに変更を加え、その後審査を受けて処理される流れになります。変更が承認されると、Google Play で公開するタイミングを指定できます。

時間指定公開は、新しいデベロッパー アカウントや、ファミリー向け(DFF)プログラムに参加しているデベロッパーがアプリを送信する場合など、アプリの審査時間が長くなる場合に特に便利です。また、特定の時間にアプリのアップデートを公開することも簡単にできます。広告キャンペーンやリリース イベントに合わせて公開する場合や、アプリのストアの掲載情報や配信の変更に合わせて新しい APK をリリースする場合には、時間指定公開が便利です。

時間指定公開に関する重要な注意

  • 時間指定公開を使用できるのはアップデートの場合のみです。アプリを初めて公開する場合には使用できません。時間指定公開を使用するには、アプリがすでに公開されている必要があります。
  • 製品版のリリースで時間指定公開を使用する場合は、まずクローズド テスト版トラックとしてアプリを公開することを強くおすすめします。
  • 時間指定公開を選択する場合、公開する前にアップデートが処理されている必要があります。この処理には、アプリの審査期間に応じて数時間から最長で 7 日程度かかりますが、例外的にもっとかかる場合もあります。
    • ヒント: アプリの送信から公開まで 1 週間以上かかることを考慮に入れて計画を立てることをおすすめします。
  • 時間指定公開モードで行った変更は元に戻すことはできませんが、新しい変更を行うと保留中の変更が上書きされます。
  • その他のアップデートはすべて(Google Play Developer API を使用して送信するアップデート、ストアの掲載情報ページの変更、新しい国や地域への配信、バイナリ リリースなども含む)、公開するには [公開] をクリックする必要があります。
  • アプリの処理中は、時間指定公開の有効と無効を切り替えることはできません。
  • すでにアプリが送信されて審査待ちの状態である場合は、時間指定公開は利用できません。
  • ほとんどの変更は指定の時間まで公開されませんが、たとえば次のような変更は例外となり、すぐに公開されます。
    • アプリの [アプリ内アイテム] ページに対する変更
    • 価格の更新
    • アプリの [このリリースの新機能] セクションに対するリリースノートの追加
    • デバイス除外ルールの変更
    • テスターの管理
    • アプリの公開停止

時間指定公開でアプリのアップデートを公開する

ステップ 1: 時間指定公開を有効にする

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [ストアでの表示] を選択します。
    • 注: ここでは、[ストアの掲載情報] や [価格と販売 / 配布地域] などのページから時間指定公開を有効にできます。
  4. 画面下部で、[時間指定公開] スイッチをクリックして、時間指定公開を有効にします。時間指定公開が有効になると、スイッチが青色に変わります。
  5. [時間指定公開] ダイアログで詳細を確認してから、[オンにする] をクリックします。

ステップ 2: アプリを更新する

  1. 更新したら、画面右下の [アップデートを送信] をクリックします。

    • 注: アップデートの処理には、アプリの審査期間に応じて数時間から最長で 7 日程度かかりますが、例外的にもっとかかる場合もあります。

  2. アップデートを確認するには、[変更ログを表示] をクリックします。

ステップ 3: アプリのアップデートを公開する

  1. アップデートが処理されて公開する準備が整ったら、ページ上部にある [時間指定公開] というヘッダーを探します。アプリの審査と承認が完了すると、ヘッダーの右側にある [公開] オプションが有効になります。

  2. アプリが承認されたら、変更ログを確認して、[公開] を選択します。アップデートは数分以内に Google Play で公開されます。

よくある質問

変更ログに記載されない操作があるようです。時間指定公開は正常に動作しますか?

一部の操作については、時間指定公開で処理されても、変更ログには記載されないものがあります。リリースが時間指定公開の対象になっているかどうかを確認するには、([アプリ公開] ページでアプリを管理する際に表示される)公開日時と、(時間指定公開の変更ログに記載されている)時間指定公開が有効にされた日時を比較します。

アプリへの追加の変更を送信すると、審査時間は長くなりますか?

審査時間の SLA は、アプリに対する最後の変更が送信された時点が基準になります。[公開] を有効にした後に変更を送信した場合は、アプリ審査の順番が後になることがあります。この場合、アプリの審査が完了するまで [公開] オプションは無効になります。

内部テストで時間指定公開を使用するとどうなりますか?アップデートは時間指定公開の対象になりますか?

内部テスト版トラックは、時間指定公開の対象になりません。ほとんどの場合、内部テスト版トラックに APK をアップロードすると、すぐに変更が反映されます。内部テスト版トラックでのアプリのアップデートは審査の対象になりませんが、Play ストアで公開された後に事後審査の対象となる場合があります。

審査と内部テスト版トラックについては、次の 2 つの点に注意してください。

  • アプリの最初のリリースを内部テスト版トラックで行う場合は、公開前に審査を受ける必要があります。この審査には、アプリの審査期間に応じて数時間から最長で 7 日程度かかりますが、例外的にもっとかかる場合もあります。
  • 前回送信したバージョンが不承認になった場合は、次に送信するバージョンの審査が完了しなければ、公開できません。この場合、内部テスト版トラックに APK をアップロードすると、審査が完了して承認されるまで変更は反映されません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。