ターゲット ユーザーとアプリのコンテンツ設定を管理する

Academy Logo

無料トレーニング。

アプリ アカデミーでプロセスの詳細とインタラクティブ チェックリストをご確認ください。
 

 

ユーザーの利便性を高めるには、アプリについての正確な情報を提供することが重要です。コンテンツのレーティング質問票への回答に加えて、アプリのターゲット ユーザーとコンテンツに関する詳細情報も提供する必要があります。選択するターゲット ユーザーに応じて、アプリが Google Play のその他のポリシーの対象となる場合があります。

主に 13 歳未満の子供向けに作られているアプリ ファミリー向けプログラムに参加し、Google Play のファミリー ポリシーに関する要件に準拠する必要があります。
子供を含むすべての人に向けて作られているアプリ 少なくとも 1 つのターゲット ユーザーの年齢層に子供が含まれているアプリは、Google Play のファミリー ポリシーに関する要件に準拠する必要があります。
子供向けに作られていないアプリ この場合も、Google Play デベロッパー プログラム ポリシーデベロッパー販売 / 配布契約に記載されている要件に準拠する必要があります。

[ターゲット ユーザーおよびコンテンツ] に入力する

新しいアプリを作成する場合や既存のアプリのアップデートを公開する場合は、アプリの対象年齢層を申告する必要があります。ターゲット ユーザーに子供が含まれているアプリは、Google Play のファミリー ポリシーに関する要件に準拠する必要があります。
  1. Play Console にログインします。
  2. 「すべてのアプリ」アイコン すべてのアプリ をクリックします。
  3. アプリを選択します。
  4. 左側のメニューで、[ストアでの表示] > [アプリのコンテンツ] をクリックします。
  5. [ターゲット ユーザーおよびコンテンツ] で、[管理] を選択します。各項目にそれぞれ入力します。
    • 対象年齢: アプリが対象としている年齢層を選択します。必要に応じて複数の年齢層を選択できます。下記の詳細をご覧ください。
    • アプリの詳細: アプリの動作について詳細情報の入力を求められる場合があります。質問はアプリに関連したものなので、正確に回答することが大変重要です。法的要件に関連する質問もあります。不明な点がある場合は、弁護士にご相談ください。
    • 広告: アプリで子供に向けて広告を配信している場合は、Google Play の認定広告ネットワークについてや、アプリが年齢詐称を予防する年齢確認を実装しているかについて尋ねられることがあります。
    • ストアでの表示: 主に子供を対象にするアプリは、Google Play のファミリー向けプログラムに参加する必要があります。アプリが複数の年齢層(年齢層の高いユーザー子供など)を対象に作られている場合でも、このプログラムに申し込むことができます。
  6. 選択内容の概要を確認してから、[確認] をクリックします。
    • Google がアプリを審査し、デベロッパーが指定したターゲット ユーザーが妥当かどうか、アプリが Google Play のすべてのデベロッパー ポリシーに準拠しているかどうかを確認します。特定のデベロッパー アカウントや一部カテゴリのアプリなど、詳細な審査が必要となる場合は、アプリの審査時間が長くなる可能性があります(最大で 7 日程度ですが、例外的にさらにかかる場合があります)。この点を考慮に入れて計画を調整することをおすすめします。

対象年齢層について

アプリのターゲット ユーザーとして複数の年齢層を選択できるのは、選択した各年齢層のユーザー向けにアプリが設計されていて、選択した各年齢層のユーザーに適したアプリであることが確実である場合に限られます。

たとえば、幼児向けに作られたアプリでは、「5 歳以下」の年齢層のみを選択します。

単にアプリをすべての年齢層のユーザーに提供したいという理由からではなく、すべての年齢層向けにアプリが設計されている場合にのみ、大人と子供の両方を含む年齢層を選択してください。

アプリが 21 歳未満のユーザーを対象としている場合、それらのユーザーが地域の法律で子供と見なされるかどうかを考慮する必要がありますので、ご注意ください。子供を対象とするアプリは、Google Play のファミリー ポリシーに関する要件に準拠する必要があります。

アプリに最も適した年齢層を選択する際に役立つ情報と例を以下にご紹介します。

全般的な留意点

  • 品質 - 製品の品質や機能は、幼い子供を対象としたものであっても重要です。ナビゲーション、ビジュアル、テキスト、ナレーションなど、対象年齢に適したアプリになるよう検討してください。
  • 目的と価値 - 物語、キャラクター、レベル設定、報酬システム、その他の手段を通じたメッセージの伝え方や子供の興味の引き方について慎重に検討してください。すべてのアプリが心を豊かにする、学習価値の高いものである必要はありません。しかし、調査によると、多くの保護者は子供が質の高い時間を過ごせるかどうかに関心を寄せていることが分かっています。
  • 対象年齢の妥当性 - デリケートな、あるいは成人向けのコンテンツ、コンセプト、テーマが含まれているかどうか、それらが対象年齢に適しているかどうかを検討してください。広告やアプリ内購入も対象となります。

5 歳以下

ほとんどの地域でこの年齢層は子供であると見なされます。

次のような場合、アプリはこの年齢層に適していると考えられます。

  • テキストへの依存は限定的で、字が読めない人や読み書きの初心者に対応している
  • 大きなアイコンと明確で一貫したインタラクティブ要素を使ったシンプルなデザインを使用している
  • 幼児が楽しめるような感覚的要素、色、音を使っている
  • ごっこ遊び、簡単な問題解決、創造的で自由な遊びを中心としている
  • 愛らしいキャラクターやストーリーに基づいた連帯感や一体感、家族、友情などのテーマが含まれている
  • 明るく、深刻すぎないトーンで、ハッピーエンドや分かりやすい結論がある
  • キャラクター同士のハグや握手など、軽い愛情表現が含まれている
  • 保護者が果たすべき明確な役割や、保護者向けの分かりやすい説明がある
次のような場合、アプリはこの年齢層に適していないと考えられます。
  • 暗く、恐怖感を与えるような設定や危険にさらされるキャラクターの描写がある(恐ろしい動物、モンスター、音楽、背景など)
  • 素早い反応、細かい操作技能、タイピング、計算能力を必要とする
  • 短期記憶の作業や抽象的思考を必要とする
  • ゲームのペナルティや罰則がある(この年齢層の子供の多くは、まだ感情のコントロールや失敗への対処の仕方を学んでいる途中であるため)
  • 暴力、戦闘、武器、下品なジョークや言葉、中傷、わずかでも性的なテーマや性的なものを暗示するテーマ、およびアルコールの描写がある
  • 子供が遊ぶのを妨げるような幅広い機能や気を散らす機能がある

6~8 歳

ほとんどの地域でこの年齢層は子供であると見なされます。

次のような場合、アプリはこの年齢層に適していると考えられます。

  • テキストへの依存は限定的で、読み書きの初心者に対応している
  • 失敗に対して敏感で向上心が高い人に向けた前向きなフィードバックがある
  • 面白く人気のあるキャラクターやストーリー、どたばた喜劇調のユーモアや誇張などが含まれる
  • 前向きなロールモデルが含まれる
  • バッジ、キャラクターの収集、レベルのロック解除など、年齢に適したインセンティブを活用している
  • 早期教育(言語の発達、初期の読み書き能力、基本的な計算など)に関連している

次のような場合、アプリはこの年齢層に適していないと考えられます。

  • 幼児向けのテーマ、色、キャラクター、音楽が含まれている
  • 身体に関する画一的で非現実的なメッセージを伝えている(外見を強調するキャラクターやアクティビティ(例: 着せ替えゲーム)など)
  • キャラクターや人間関係について、屈辱的な表現、または相手を物や性的な対象とみなすような表現が含まれている
  • 現実的な攻撃、暴力、けが(時事問題を含む)の描写がある
  • 検索機能が含まれている

9~12 歳

ほとんどの地域でこの年齢層は子供であると見なされます。
次のような場合、アプリはこの年齢層に適していると考えられます。
  • 論理的、空間的な問題解決を必要とするが、必ずしも演繹的推論や抽象的思考は必要ではない(まだ難しすぎる可能性があるため)
  • この年齢で一般的に教わる科目の学習をサポートする
  • 創造的な自己表現やパーソナライズができる(ただし、共有機能は制限があり管理されている必要がある)
次のような場合、アプリはこの年齢層に適していないと考えられます。
  • 洗練されていないユーモア、テーマ、キャラクター、タスクが含まれている
  • 単調で簡単すぎるゲームプレイに依存している
  • キャラクターや人間関係について、屈辱的な表現、または相手を物や性的な対象とみなすような表現が含まれている
  • 罵りや冒とく的表現が含まれている
  • 身体に関する画一的で非現実的なメッセージを伝えている(外見を強調するキャラクターやアクティビティ(例: 着せ替えゲーム)など)
  • 現実的な攻撃、暴力、けが(時事問題を含む)など不適切な行動の描写がある
  • ユーザー間の直接的なやり取りができる

13~15 歳

地域によって、この年齢層には子供が含まれると見なされる場合があります。
次のような場合、アプリはこの年齢層に適していると考えられます。
  • より洗練されたストーリー展開、キャラクター、ユーモア、課題、ゲームの仕組みがある
  • この年齢で一般的に教わる科目の学習をサポートする
  • 年齢に適したソーシャル機能やプラグインが含まれている
  • アイデンティティ、自己認識、思春期に関する、年齢に適した情報が含まれている

次のような場合、アプリはこの年齢層に適していないと考えられます。

  • キャラクターや人間関係についての、暴力的、画一的、屈辱的な表現、または相手を物や性的な対象とみなすような描写を美化している
  • 身体的なけがにつながる可能性のある課題など、危険性の高い行動を促している

16~17 歳

地域によって、この年齢層には子供が含まれると見なされる場合があります。
次のような場合、アプリはこの年齢層に適していると考えられます。
  • この年齢で一般的に教わる科目の学習をサポートする
  • ティーン向けの人気のあるキャラクターやテーマが含まれている
  • より複雑な問題解決の要素が含まれている
  • 年齢に適したソーシャル機能やプラグインが含まれている
  • 感情を肯定的に表現するのに役立つ

次のような場合、アプリはこの年齢層に適していないと考えられます。

  • 極端な暴力、性的暴力や家庭内暴力の描写がある
  • 依存性のある要素がある
  • 費用の上限値が高い

18 歳以上

一般的に成人のユーザーに適している、法律やポリシーに準拠したコンテンツ。

個人情報

氏名やメールアドレスなどの個人を特定できる情報(PII)を収集する場合は、開示が必要です。また必要に応じて保護者の同意を得るようにしてください。アプリで使用している SDK や API がユーザーデータを収集しているかどうかをしっかりと確認し、収集している場合はその方法を入念に調査、理解するようにしてください。まず、該当する SDK や API のドキュメントを一読することをおすすめします。アプリから送信されるデータについて責任を負うのは、アプリのデベロッパーであることを忘れないようにしてください。詳細については、Play のユーザーデータに関するポリシーと対象国で適用される法規制をご確認ください。

年齢詐称を予防する年齢確認

年齢詐称を予防する年齢確認とは、ユーザーに自分の年齢を偽り、アプリの子供向けでない領域にアクセスすることを促さないような方法で、ユーザーの年齢を確認するメカニズムです。たとえば、ユーザーに生年月日を自由に入力してもらうシステムなどが考えられます。誤った設定としては、誕生日を必要な年齢(13 歳など)にあらかじめ設定しておく、アプリの領域にアクセスするのに特定の年齢が必要であることを表示する、などが挙げられます。年齢画面の詳細については、FTC ウェブサイトをご覧ください。

アプリの対象年齢層に子供とさらに年齢層の高いユーザーが含まれている場合、子供に対して表示される広告は、Google Play の認定広告ネットワークから配信する必要があります。子供に適していない広告は年齢層の高いユーザーにのみ表示されるように、年齢詐称を予防する年齢確認を実装する必要があります。

意図せず子供の興味を引く可能性のあるアプリ

Google では、コンテンツのレーティングが T より低く子供向けでないアプリが、意図せず子供の興味を引くことのないようにしたいと考えています。

アプリは子供向けではないものの、ストアの掲載情報に子供の興味を引く可能性のあるマーケティング要素が含まれている場合(子供向けのアニメーションが表示される、画像および映像中に子供のキャラクターが登場するなど)は、[はい] を選択します。 このオプションは、子供の興味を引くアプリであるという表明ではなく、ストアの掲載情報に「子供向けではありません」というバナーが表示されることへの同意を意味します。保護者は、このバナーを見て、アプリが子供向けではないことを把握できます。

アプリが子供向けではなく、ストアの掲載情報にも子供の興味を引くマーケティング要素が含まれていないと考えられる場合、または判断に迷う場合は、[いいえ] を選択します。この場合、ストアの掲載情報に特別な指定は表示されません。

 

このアプリは 13 歳以上のユーザーを対象としていますが、アニメーションのキャラクターなど子供にアピールするコンテンツがストアの掲載情報で使用されています。そのため、子供が誤ってこのアプリをダウンロードする可能性があります。

 

不適切な要素を含む可能性のあるアプリ コンテンツを識別する、ESRB などの第三者機関によるレーティングとは異なり、「子供向けではありません」ラベルは、アプリのデベロッパーが意図した対象ユーザーを示すことを目的としています。たとえば次のアプリの場合、意図せず子供の興味を引くようなマーケティング要素は含まれておらず、子供よりも年齢層の高いユーザーが対象となっています。

 

このアプリの画像および映像は子供の興味を引くとは考えにくく、また不適切なコンテンツが含まれていないため、ESRB のレーティングは E(Everyone)となっています。

 

「子供向けではありません」ラベルを表示する方法

[ストアでの表示] > [アプリのコンテンツ] の下で、次の手順を行います。

  1. [対象年齢層] で、子供以外の年齢層(13 歳以上のカテゴリ)を選択します。
  2. 次の [子供の興味を引く] で [はい] を選択します。

[いいえ] を選択しても、Google により認められない場合があります。その場合の対処法としては、次の選択肢があります。

  • Google の審査チームが指摘したものを含め、子供の興味を引く可能性のあるすべてのマーケティング要素をストアの掲載情報から削除する。
  • 代わりに [はい] を選択し、「子供向けではありません」バナーがストアの掲載情報に表示されるようにする。
  • アプリの対象年齢層を変更して、子供が含まれるようにする(ファミリー ポリシーに準拠する必要があります)。

 

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。