ファミリー向け広告プログラムに参加する

Google では、Google Play を利用するファミリー層に優れたエクスペリエンスを提供できるよう努めており、子供に表示される広告が Google のポリシーに準拠した適切なものであるよう徹底したいと考えています。詳しくは、デベロッパー ポリシー センターの広告と収益化に関するポリシーをご確認ください。

ターゲット ユーザーに子供を含み、広告 SDK を使用して広告を配信するアプリには、以下のいずれかの広告 SDK を使用する必要があります。以下の広告 SDK では、Play のファミリー向け広告プログラムの要件を満たしていると自己認定しています。

 

 

ファミリー向けプログラムに参加するアプリでは、認定広告 SDK のみを使用し、配信するすべての広告がすべてのユーザーに適している必要があります。子供と大人をターゲット ユーザーとしていながら、ファミリー向けプログラムに参加していないアプリでは、13 歳以上のユーザーのみを対象とする広告の配信で、認定広告 SDK 以外の広告 SDK の使用が認められています。たとえば、両ユーザー層をターゲットとしていながら、ファミリー向けプログラムに参加していないアプリは、年齢詐称を予防する年齢確認を実装することで、要件に準拠できます。子供向けではないアプリ(コンテンツのレーティングが「T」または「MA」のアプリなど)、または子供を対象に広告を配信しないアプリには、認定広告 SDK を使用する必要はありません。

アプリで実装する SDK が、適用されるすべてのポリシーと現地法規制に準拠していることを確認する責任はデベロッパー様にありますので、ご注意ください。Google は、広告 SDK が自己認定手続きにおいて提供する情報の正確性に関する表明や保証を一切行いません。

Play のファミリー向け広告プログラムの要件に違反していることが判明した広告 SDK は、上記のリストから除外されます。新しいアプリやアップデートを公開する際はこのページにアクセスし、アプリで使用している広告 SDK の認定ステータスを確認することをおすすめします。

認定広告 SDK の使用が必要となるのは、アプリでサードパーティの広告 SDK を使用している場合のみです。以下の行為は認定の要件に関係なく許可されますが、アプリで配信されるすべての広告の責任はアプリ公開元にありますのでご注意ください。広告はすべてのユーザーにとって適切な内容で、データを収集する場合はデータの取り扱いに関するポリシーに準拠する必要があります。

  • 相互プロモーションを含む自社による広告配信(アプリの公開元が SDK を使用して、自社アプリまたは自社のその他のメディアや商品の相互プロモーションを管理するなど)

  • 広告主との直接取引、および広告枠の管理のみを目的とした広告 SDK の使用

リアルタイム ビッダーなどのソリューションを使用する場合は、表示されるすべての広告クリエイティブをユーザーへの配信前に確認および評価するか、上記リストの認定広告のソースのみを使用するようにしてください。

広告 SDK を上記リストに登録するには、Play のファミリー向け広告プログラムのポリシーおよび適用されるすべての現地の法律や規制に準拠していることを広告 SDK で自己認定する必要があります。広告 SDK をこのプログラムに登録することをご希望の場合は、Google Play ファミリー向け広告プログラムのお申し込みフォームにご記入ください。なお、このフォームにご記入いただいても、広告 SDK の認定が保証されるわけではありません。このリストに追加されるまで、広告ネットワークは認定済みと見なされません。このリストを定期的にご覧になり、ご利用になる広告 SDK の認定ステータスをご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。