アプリのアクセス権限を申告する

アクセス権限リクエストの審査は、リリース プロセスで APK または App Bundle を追加した後に行われます。アプリで、SMS や通話履歴など、危険性が高い権限や機密情報にかかわる権限の使用をリクエストする場合は、アクセス権限申告フォームに記入し、Google Play から承認を得ることが必要になる可能性があります。

プロセスについて

アプリの APK や App Bundle でリクエストするアクセス権限について Google Play への申告が済んでいない場合、リリース プロセスでアクセス権限申告フォームが表示されます。

オープンテスト版やクローズド テスト版、内部テスト版のトラックでのリリースも含めて、有効な APK や App Bundle に関して権限の申告が必要な場合には、左側のメニューの [リリース管理] > [アプリのリリース] にアラートが表示されます。このアラートへの対処として、権限の申告を行うリリースや権限を削除するリリースを作成するまでは、[ストアでの表示](たとえば、[ストアの掲載情報] や [価格と配布])の変更など、アプリに対する変更は一切公開できません。

オープンテスト版、クローズド テスト版、内部テスト版のトラックがこのポリシーに準拠していない場合、現在使用されていないトラックであれば、無効にすることをご検討ください。

Google Play デベロッパー向けの Publishing API を使用してアプリを公開するにあたっては、こちらの専用の手順をご確認ください。

アクセス権限申告フォームに入力する

 

手順 1: リクエスト済みのアクセス権限を確認する

以前に申告した権限がある場合、その履歴が、新たにリクエストされた権限とともに、[リリースの準備] ページの [機密情報にかかわる権限の申告] にある展開可能なリストに表示されます。

  • チェックマーク付きの権限は以前のリリースで申告済みです。

  • アラート付きの権限は新たに追加されたものです。このアクセス権限のリクエストを申告フォームに記入します。送信されたフォームを Google Play チームが確認し、公開されているガイドラインに沿って審査します。
アクセス権限申告フォームに記入する予定のない権限が、新たにリクエストされた権限のリストに含まれている場合は、その APK または App Bundle を削除し、適切な権限セットを含む新しい APK または App Bundle をアップロードしてから、次の手続きに進んでください。

 

手順 2: アプリのコア機能を指定する

サポートされているユースケースのリストから、アプリのコア機能を指定してください。アプリのコア機能に当てはまるチェックボックスをすべてオンにします。

このページに記載されていないユースケースは利用できません。アプリのコア機能で新しいユースケースが必要な場合は、[新しいユースケースを報告する] を選択し、必要なユースケースを Google Play チームにお知らせください。Google Play チームがそのユースケースを審査し、結果を(必要に応じて詳しい情報とともに)ご連絡します。

手順 3: アプリの審査に必要な手順の説明を提供する

アクセス権限申告フォームが送信されると、Google Play チームがアプリのコア機能を審査し、リクエストされた権限について、サポートされているユースケースに必要なものであることを確かめます。
こうしたコア機能の実証のために特定の手順が必要な場合は、この欄にその手順をご記入ください。

手順 4: アプリの動画デモを提供する

動画デモを提供すると、Google Play 審査チームでアプリのコア機能をより確認しやすくなります。

サポートされている動画形式: YouTube のリンク(推奨)、クラウド ストレージ(mp4 など一般的な動画ファイル形式のファイル)のリンク

手順 5: 制限されているアプリ コンテンツへのアクセスに必要な手順の説明を提供する

アプリのコア機能の使用がログイン ユーザーに制限されている場合は、そうした制限コンテンツにアクセスするための手順をお知らせください。Google Play 審査チームでは、その手順を利用して、そのような制限されている機能の評価を行います。

ログインを要求するアプリの場合は、[すべてまたは一部の機能が制限される] をオンにして、テスト用の有効なユーザー名や電話番号、パスワードのほか、制限されているアプリ コンテンツへのアクセスに必要なその他の手順の説明を提供します。

提供するアカウント認証情報は、必ずテスト専用のものとします。実際に使用するユーザーの認証情報は提供しないでください。
ログインが不要な場合は、[特別なアクセス権なくすべての機能が利用できる] をオンにして、テスト用の認証情報を提供せずに次に進みます。

手順 6:(複数 APK の場合のみ)古い APK について例外をリクエストする

この欄が表示されるのは、リリースに複数 APK の設定を使用していて、APK のバリエーションのいずれかで、通話履歴や SMS のデータを利用する権限をリクエストする場合のみです。
複数 APK の設定で、コードの変更ができなくなった古い APK を使用している場合、例外を申請できます。手続きを進める前に、この例外に関する要件をご確認ください。その要件を満たしていない APK がある場合には、権限に関するポリシーに準拠するために、そのような APK を無効にする必要があります。
こうした例外に該当する場合は、[APK の例外] にバージョン コードをカンマで区切って入力します。

手順 7: 申告内容を確認する

該当するチェックボックスをオンにし、申告の内容が正確であること、および申告するアクセス権限の使用方法について利用規約に同意することを確認します。

リリースを準備して公開する

アクセス権限申告フォームの必要な手順をすべて完了したら、残りの手順に沿ってリリースを準備して公開します。

権限の審査手続き

アクセス権限申告フォームに入力してリリースを公開すると、Google Play チームによる追加審査がアプリに適用されます。このリクエストの審査手続きには数週間かかることもあります。新しいアプリやアップデートは、リクエストの審査が終わるまでの間、公開待ちステータスになります。また、アプリは Google Play のデベロッパー プログラム ポリシーに準拠しているかどうかの標準審査の対象にもなります。

公開待ちを新しいリリースでオーバーライドすると、審査手続きがさらに遅延することがあります。アプリのアップデートをすぐにリリースする必要がある場合は、APK や App Bundle から危険性が高い権限や機密情報にかかわる権限を削除し、新しいリリースを公開してください。このようにリリースした場合は、標準のポリシー準拠の審査のみが行われるため、数時間以内に公開されます。

アプリがアクセス権限に関するポリシーに準拠していない場合は、Google Play チームからデベロッパー アカウントに登録されているアカウント所有者と連絡先のメールアドレスに、審査の結果が記載されたメールが送信されます。リクエストが承認され、アプリがデベロッパー プログラム ポリシーに準拠している場合は、新しいアプリやアップデートは Google Play に自動的に公開されます。

Google Play デベロッパー向けの Publishing API を使用している場合の専用の手順

Google Play デベロッパー向けの Publishing API を使用してリリースを公開する際、Google Play が APK や App Bundle の危険性が高い権限や機密情報にかかわる権限の使用を事前に承認していないと、エラーになります。

Publishing API を使用して引き続きリリースを管理するには、アプリから危険性が高い権限や機密情報にかかわる権限のリクエストを削除し、変更した APK や App Bundle で新しいリリースを作成するか、次の手順に沿って Play Console のウェブ UI を使用してリリースを準備し公開してください。

  1. リクエストする危険性が高い権限や機密情報にかかわる権限を含む APK または App Bundle をアップロードします。

  2. 上記のアクセス権限申告フォームに記入します。

  3. Play Console ウェブ UI を使用してリリースを公開します。

権限申告とアプリのポリシー準拠が承認されると、リリースが公開され、Publishing API を再び使用してリリースを管理できるようになります。アクセス権限の申告リクエストが承認されなかった場合は、Google Play チームから詳細をお知らせいたします。

アプリで新しいアクセス権限をリクエストするたびに、UI を使用し、新たにリクエストする権限に合わせてアクセス権限申告フォームに入力する必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。