Android App Bundle でアプリや機能をオンデマンド配信する

Android App Bundle を使ってアプリを配信すると、アプリのサイズを減らし、リリースを簡略化できるだけでなく、機能をオンデマンド配信できます。Android App Bundle は Google Play で推奨している公開形式です。

App Bundle の仕組み

App Bundle は、Google Play の Dynamic Delivery と呼ばれる新たなアプリ配信モデルを使用しており、各デバイス設定に最適化された APK をビルド、配信できます。使用していない他のデバイス向けのコードやリソースを削除することで、配信モデルのサイズが小さくなり、ユーザーが効率的にアプリをインストールできるようになります。

: App Bundle を使用するには、Google Play アプリ署名に登録する必要があります。

動的な機能モジュール
App Bundle により、Play のコアライブラリを使用して、動的な機能モジュールを組み込むことができます。ユーザーは、必要なときにこれをダウンロード、インストールできます。動的な機能モジュールについて、詳細をご確認ください
Google Play Instant
App Bundle では、Instant エクスペリエンスがサポートされており、ユーザーはアプリやゲームをインストールせずに試すことができます。ユーザーに Instant エクスペリエンスを提供することで、アプリを見つけてもらいやすくし、インストールを促進することができます。
別の言語
デフォルトでは、Play のアプリの言語リソースは、デバイスの設定で選択した言語に対応します。アプリに独自のアプリ内言語選択ツールがある場合は、追加言語 API を使用して、ユーザーが必要に応じて追加の言語リソースにアクセスし、ダウンロードすることを許可できます。

App Bundle をアップロードするメリット

App Bundle を使用すると、1 つのアーティファクトをビルド、署名、アップロードするだけで、多様なデバイス設定向けに最適化された APK を提供できるようになります。アーティファクトをアップロードした後は、Google Play がアプリの APK を自動的に管理、配信します。サポートする ABI、画面密度、言語 / 地域の 1 つ 1 つの組み合わせに対応したバージョン コードを開発者が管理する必要はありません。また、App Bundle を使用することで、配信プロセスに随時追加される改善点を反映できます。

APK に比べて、App Bundle には次のようなメリットがあります。

  • ダウンロード サイズが小さくなり、ディスク上のサイズも小さくなります。
  • ユーザーのデバイスではなく APK に保存されている圧縮していないネイティブ ライブラリ(Android 6.0 以降)を使用します。これによりダウンロード サイズやディスク上のサイズが小さくなり、インストール時間を短縮できます。
  • インストール時ではなく必要なときに必要な機能や設定をユーザーに配信できます。
  • 複数の APK をビルドして公開する必要がなくなるので、ビルドとリリースの管理が簡単になります。

App Bundle を Play Console にアップロードすると、個々のデバイスに最適なバイナリが自動的に配信されます。

  • Android 5.0 以降: Google Play がベース APK、設定 APK、動的な機能 APK(該当する場合)を生成します。
  • Android 5.0 より前: Google Play がサーバー側で複数の APK を生成します。

動的な機能モジュールを使用したアプリを公開するためのベータ版プログラム

Play Console の「テスト版トラックでのリリースの管理」権限を所有している場合は、オープンテスト版、クローズド テスト版、内部テスト版の各トラックに App Bundle を公開できます。

App Bundle を製品版で公開するには、ベータ版応募フォームに移動してアクセスをリクエストします。

  • アクセスをリクエストする前に、ベータ版についての考慮事項を確認します。
  • ベータ版プログラムに応募する前に、Android Studio で動的な機能を使用し、この機能をアプリに組み込む方法を理解しておく必要があります。

リクエストの審査には時間がかかる場合があります。審査が完了すると、Play Console の [アプリのリリース] ページに通知が表示されます。

App Bundle の詳細を確認する

Google Play が App Bundle から生成した APK を表示、ダウンロードする方法は次のとおりです。

  1. Play Console にアクセスします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [リリース管理] > [アプリのリリース] を選択します。
  4. 表示する App Bundle が含まれるトラックの横にある [管理] を選択します。
  5. [追加済みの App Bundle] で、表示する App Bundle を選択します。
  6. [App Bundle を見る] を選択します。
  7. [端末設定別の APK] タブまたは [自動生成された複数の APK] タブを選択します。
    • デバイス設定別の APK: このタブには、Android 5.0 以降のバージョンが動作するデバイスに配信されるベース APK、設定 APK、動的な機能 APK の詳細が表示されます。
    • 自動生成された複数の APK: このタブには、Android 5.0 より前のバージョンが動作するデバイスに配信される複数の APK が表示されます。ここに表示される APK には、画面密度と ABI が最適化されるというメリットがありますが、すべての言語が含まれています。アプリの minSdkVersion が Android 5.0(API レベル 21)以降である場合、このタブは表示されません。

APK の詳細とダウンロード

App Bundle から生成された APK の詳細を表示するには、画面上部のプルダウンから App Bundle を選択します。

サイズ削減量

App Bundle でアプリを公開することで実現したサイズ削減量を確認できます。

サイズ削減量は、一般的な設定のデバイスが受け取った APK と、すべてのリソース、コード、アセットを含むユニバーサル APK のサイズを比較して算出されます。App Bundle では、主に、送信する言語、密度、ABI リソースをデバイスごとに最適化することによって、アプリのサイズを小さくしています。

生成された APK のダウンロード

アプリをデバイスでテストするには、ダウンロード アイコン を選択して、それぞれのデバイス設定用に生成された APK をダウンロードします。

APK の詳細

画面密度ABI、APK のインストール サイズの詳細を確認できます。

App Bundle から生成される APK には、サイズ上限が設けられています。APK のダウンロード時の圧縮サイズが 100 MB を超える場合、[APK のインストール サイズ] 列に赤いエラーアイコンが表示されます。サイズの大きい APK が生成されているデバイスを確認するには、エラーになっている行を選択します。アプリのサイズを削減してから、新しい App Bundle をアップロードしてください。

関連コンテンツ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。