プロモーションの作成

Play Console でプロモーションを作成すると、プロモーション コードを通じて有料アプリやアプリ内アイテム、定期購入アイテムをユーザーに無料で提供することができます。プロモーション コードとして作成できるのは次の 2 種類です。

  • 1 回限りのコード: 1 回だけ利用できる固有のコードで、自動的に生成されます。ユーザーは直接 Play ストアやアプリ内から 1 回限りのコードを利用できます。

  • カスタムコード: デベロッパーが指定するカスタムコードで、デベロッパーがあらかじめ規定した上限まで複数回利用できます。カスタムコードはアプリ内だけで、定期購入にのみ利用でき、それまでに定期購入したことのないユーザーだけが利用できます。

    注: プロモーションの利用条件をユーザーに明示する必要があります。

重要: プロモーションの特典について透明性の高い情報を提供する必要があります。これには、特典の条件を明示することも含まれます。ユーザーが追加の操作を行わなくても、これらの情報をすべて確認できるようにしてください。アプリが Google のポリシーに準拠していることを確認するには、定期購入のポリシーをご覧ください。

プロモーションの設定

ステップ 1: アプリでプロモーション コードを使用できるようにする

アプリ内購入: アプリ内購入のプロモーション コードを提供する場合、そのアプリにアプリ内プロモーションを組み込む必要があります。プロモーション コードは、無効なアプリ内アイテムには使用できません。

有料アプリ: 有料アプリのプロモーション コードを提供する場合は、この手順をスキップして、ステップ 2 から始めてください。

ステップ 2: プロモーション コードの制限と提供方法を確認する

作成できるプロモーション コードの数

定期購入以外のプロモーション コードと定期購入のプロモーション コードでは、適用される四半期ごとの制限が異なります。定期購入のプロモーション用に作成されるプロモーション コードと、定期購入以外のプロモーション用に作成されるプロモーション コードは別々にカウントされ、それぞれの制限が適用されます。

1 つのアプリで定期購入以外のプロモーションすべてにわたり、四半期ごとに作成できるプロモーション コードは 500 個までです。有料アプリとアプリ内アイテムのプロモーション コードは自由に組み合わせることができます。例をいくつか挙げます。

  • 有料アプリのプロモーション コード 500 個
  • 1 つのアプリ内アイテムのプロモーション コード 500 個
  • 有料アプリのプロモーション コード 250 個と、1 つのアプリ内アイテムのプロモーション コード 250 個
  • 5 つのアプリ内アイテムにプロモーション コード 100 個ずつ

定期購入のプロモーションは、以下の制限内で作成できます。

  • 1 回限りのコード: 定期購入アイテム 1 つにつき四半期ごとに 10,000 個までプロモーション コードを作成できます。

  • カスタムコード: プロモーションの作成時に利用回数の上限を 2,000~99,999 の範囲で選択できます。

: プロモーションを作成した後は、そのプロモーション コードの数やプロモーション コードのタイプを変更すること(有料アプリのプロモーションを管理対象アイテムのプロモーションに変更するなど)はできません。

四半期末の 1 回限りのコードの扱い

  • 新しいコード: 新しい四半期の初日に、まだ新しいコードを作成できない場合は、24 時間待ってからもう一度お試しください。
  • 未使用のコード: 四半期内に使用しなかったプロモーション コードは無効になります。未使用のコードを次の四半期に繰り越すことはできません。
  • 処理済みのコード: デベロッパーが Play Console で指定したプロモーションの終了日まで、ユーザーは Play ストアでプロモーション コードを利用できます。プロモーション期間は最長で 1 年間です。
ステップ 3: Play Console でプロモーションを設定する
  1. Play Console にアクセスします。
  2. アプリを選択します。
  3. [ユーザー獲得] > [プロモーション] > [新しいプロモーションを追加] を選択します。
  4. 利用規約を確認して同意します。
  5. 画面上の説明に沿って、プロモーションに名前を付け、開始日と終了日を設定し、プロモーションの種類を選択して、作成するプロモーション コードの個数を入力します。
  6. カスタムコードを作成する場合は、コードと利用回数の制限を入力します。カスタムコードを作成する際は、以下の点に注意してください。

    • カスタムコードは各アプリ内で固有である必要があります。同じアプリ内の別のキャンペーンでカスタムコードを再利用することはできません。

    • カスタムコードは英数字で指定し、大文字と小文字は区別されません。

    • カスタムコードに不適切な語句やフレーズを含めることはできません。

    • カスタムコードの末尾に年または日付を追加すると、各コードがいつ有効になったかを確認しやすくなります。

  7. 入力した開始日から終了日までの期間にプロモーションを有効にするには、ステータスを [オン] に設定します。
  8. [作成] を選択します。
  9. 1 回限りのコードを作成した場合は、数秒待ってから、[ダウンロード] を選択します。CSV ファイル形式でコードがダウンロードされます。ユーザーと共有するには、コードを印刷するか、ディープリンクを送信して、ユーザーがメールまたはアプリ内の通知からコードを利用できるようにします。

プロモーションの確認と更新

Play Console では、有効なプロモーションや一時停止されたプロモーションにアクセスできます。

  • 有効: プロモーションの開始日から終了日の期間内であるため、ユーザーはプロモーション コードを利用できます。
  • 一時停止: デベロッパーがプロモーションを再び有効にするまで、ユーザーはプロモーション コードを利用できません。Play Console の [プロモーション] ページで、ステータスを [オン] に設定していること、終了日を将来の日付に設定していることを確認してください。

: プロモーションの終了日が過ぎると、プロモーション コードの有効期限が切れます。プロモーション コードの有効期限が切れると、コードを利用したり、Play Console でコードを表示または更新したりすることはできなくなります。

有効なプロモーションまたは一時停止中のプロモーションを更新する
  1. Play Console にアクセスします。
  2. アプリを選択します。
  3. [ユーザー獲得] > [プロモーション] を選択します。
  4. プルダウン プルダウン矢印 から [実施中のプロモーション] を選択します。
  5. プロモーション名、開始日と終了日、ステータス(オンまたはオフ)を変更できます。
    • 開始日を更新する: プロモーションの開始日を将来の日付に変更すると、プロモーションをその日まで一時停止することになります。
    • 終了日を更新する: プロモーションの終了日は将来の日付にのみ変更できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。