特定の国や地域でのアプリの販売 / 配布の要件

特定の国や地域でアプリの販売や配布を行う際、規制当局の要求に応じて追加の要件を満たすことが必要となる場合があります。

: 以下の要件についての説明は、Google Play でアプリを公開するための法的要件を完全に網羅したものではありません。ここで取り上げる要件は参考情報として提供するものであり、これらの要件だけに基づいて、アプリが適用法や Google Play のポリシーに準拠しているかどうかを判断することはできません。

日本におけるアプリの販売 / 配布の要件

Google Play でアプリの販売や配布を行う際、日本の法律を遵守するにあたっては、Play Console で追加の情報を提供することが必要となる場合があります。

必須とされる情報

日本の消費者に対して有料アプリを販売する場合やアプリ内購入を提供する場合は、特定商取引法の規定に基づき、所定の情報を消費者に表示する必要があります。必須の情報(事業者の名前、所在地、電話番号)は、[アカウントの詳細] ページに追加することができます。

注: この要件を満たすには、こうした情報を該当アプリのストアの掲載情報ページに追加するか、その必須の情報が含まれているウェブサイトのアドレスを追加します。

必要な情報を [アカウントの詳細] ページに追加する

Play Console では、必要なアカウント情報を以下の手順で追加できます。

  1. Play Console にログインします。
  2. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. [アカウントの詳細] ページで、必要な情報を入力します。
  4. ページ上部の [保存] をクリックします。

: 詳しくは、消費者庁のサイトをご覧ください。

韓国でのアプリの販売 / 配布の要件

すべてのデベロッパーに対する要件

韓国ゲーム レーティングおよび管理委員会(GRAC): ゲーム

韓国 GRAC は、韓国でゲームの審査とライセンスの付与を実施する機関です。韓国の法律により、18 歳未満の未成年に適さないゲームを公開できるのは、GRAC が発行したレーティング証明書がある場合のみとなります。

「ユーザー成熟度 - 高」のゲームについては、韓国の「ゲーム産業振興に関する法律」に従って、レーティングやその他の開示要件に準拠することを求められます。GRAC がゲームを成人向け(18 歳以上対象)のコンテンツであるとみなさなかった場合は、この要件を満たすために他に何かしていただく必要はありません。

GRAC は以下のコンテンツ カテゴリについて審査を行い、ゲームが 18 歳未満の未成年に適しているかどうかを判断します。

  • 性的コンテンツ
  • 暴力的コンテンツ
  • 犯罪や薬物に関するコンテンツ
  • 不適切な言葉遣いのあるコンテンツ
  • ギャンブルに関するコンテンツ

ギャンブル、カジノスタイルのゲーム

ギャンブルをシミュレーションする機能のあるゲームは、18 歳未満の未成年には適さないとみなされます。

ゲーム内にギャンブルやカジノスタイルの要素がある場合、韓国で販売または配布する前に GRAC のレーティング証明書をリクエストする必要があります。

韓国でゲームを販売または配布する前に GRAC からレーティング証明書を取得していないと、そのゲームを韓国で販売または配布する資格を得られなかったり、Google Play からゲームが削除されたりする場合があります。

詳しくは、GRAC のサイト(リンク先は英語)をご覧ください。

韓国女性家族部(MOGEF): 年齢確認

MOGEF は、韓国において性的平等性、家族、青少年に関連したコンテンツ規制およびポリシーを監視、実施する政府機関です。韓国の青少年保護法の下、MOGEF が「青少年にとって有害」であると指定したアプリまたはコンテンツの提供者は、成人向けコンテンツへのアクセスを提供する前に、ユーザーの年齢と実名を確認する必要があります。

アプリ内に「青少年にとって有害」であると考えられるコンテンツがある場合、韓国の青少年保護法に規定されたレーティングおよびその他の開示要件に準拠することが求められます。

Google Play では、韓国において年齢確認システムを導入しており、ユーザーは「青少年にとって有害」と指定されているアプリやコンテンツにアクセスする前に、年齢と実名を確認することを求められます。

Google Play のデベロッパー ポリシーに準拠しているアプリであれば、MOGEF により「青少年にとって有害」と指定されても、韓国のユーザーは、19 歳以上であると確認できることを条件として、そのアプリにアクセス可能となる場合もあります。韓国の法律で違法と見なされる成熟度に指定されたアプリやコンテンツは、韓国での販売や配布が不可とされたり、Google Play から削除されたりすることになります。

詳しくは MOGEF のサイト(リンク先は英語)をご覧ください。

韓国放送通信委員会(KCC): 位置情報リクエスト

KCC は、韓国での放送および通信関連の規制やポリシーを監視、実施する政府機関です。韓国の「位置情報の保護および利用等に関する法律」の下、位置情報を利用したサービスのために韓国のユーザーから位置情報を収集するデベロッパーは、KCC からライセンスを取得する必要があります。

位置情報を利用したサービスを提供することを目的に位置情報を受信または使用する場合は、サービスの詳細を KCC に報告する必要があります。この報告内容には、位置情報サービスの利用規約、位置情報の収集および使用に関する詳細、関連するビジネスやサービスに関する手数料についての情報が含まれます。

位置情報の収集や位置情報を利用したサービスの提供を行う際には、韓国の法律に基づき、デベロッパーが韓国のユーザーから同意を得る必要があります。

詳しくは、KCC のサイト(リンク先は英語)をご覧ください。

韓国のデベロッパーに必須とされる追加アカウント情報

韓国の法律に準拠するため、Google Play でアプリを販売または配布する韓国のデベロッパーは、Play Console で追加の情報を提供する必要があります。

必須とされる情報

韓国を本拠地とするデベロッパーは、[アカウントの詳細] ページで以下の追加情報を登録する必要があります。この情報は、ユーザーが商品について問い合わせられるようにするために必須とされています。

  • 法人: 連絡先の住所と電話番号
  • 個人: 連絡先の電話番号

: 個人または法人で有料アプリまたはアプリ内購入機能の付いたアプリの販売または配布も行っている場合は、以下の情報も登録する必要があります。

  • 事業者登録番号
  • e コマース ライセンス番号
  • e コマース ライセンスを発行した機関の名前

必要な情報の [アカウントの詳細] ページへの追加

Play Console では、必要なアカウント情報を以下の手順で追加できます。

  1. Play Console にログインします。
  2. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. [アカウントの詳細] ページで、[ビジネス連絡先の詳細] の横に情報を入力します。
  4. ページ上部の [保存] をクリックします。

: [ビジネス連絡先の詳細] に追加した情報は、Google Play において、アプリのストアの掲載情報ページで韓国のユーザーにのみ表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。