検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

クラッシュと ANR(アプリが応答しない)エラーを確認する

Play Console を使用すると、アプリのクラッシュや ANR(アプリが応答しない)エラーに関するデータを表示できます。

データを探す

  1. Play Console にログインします。
  2. [すべてのアプリ] アイコン All applications をクリックします。
  3. アプリを選択します。
  4. 左側のメニューで [Android Vitals] > [ANR とクラッシュ] を選択します。
    • 新しいデータソース: 新しいバージョンのアプリの [ANR とクラッシュ] ページでは検出できるクラッシュが多くなり、分析に利用できるデータ量も増えました。データ収集の詳細については、以下の「新しいデータソース」セクションを選択してください。
    • 以前のデータソース: データ収集の詳細については、以下の「以前のデータソース」セクションを選択してください。
  5. 画面の中央付近のフィルタを使用すると、問題を見つけて診断できます。

クラッシュ

アプリのクラッシュが多い場合は、Android デベロッパー サイトでおすすめの解決方法を探します。

新しいデータソース

ユーザーが使用状況データや診断情報の自動的な共有を有効に設定した Android 搭載端末から収集されたクラッシュを表示します。過去 2 か月のデータを確認できます。

詳細については、アカウントのヘルプセンターをご覧ください。

以前のデータソース

アプリがクラッシュした場合、ユーザーは端末に表示されるクラッシュ ダイアログを使用してバグレポートを送信できます。

ユーザーがクラッシュを報告する際は、ユーザーが追加したメッセージとともに、問題の診断に役立つレポートも送信できます。

これらの統計情報には、ユーザーから報告されていないクラッシュは含まれません。過去 6 か月のデータを確認できます。

ANR(アプリが応答しない)

アプリの応答が停止した場合は、待機するかアプリを終了するかを選べるダイアログがユーザーに表示されます。このようなダイアログは「アプリが応答しない」エラー(または ANR)と呼ばれます。ANR データは Play Console でのみ確認できます。

アプリで ANR が発生する回数が多い場合は、Android デベロッパー サイトでおすすめの解決方法を探します。

新しいデータソース

ユーザーが使用状況データや診断情報の自動的な共有を有効に設定した Android 搭載端末から収集された ANR を表示します。過去 2 か月のデータを確認できます。

詳細については、アカウントのヘルプセンターをご覧ください。

以前のデータソース

ユーザーが個々の ANR イベントを報告した Android 搭載端末から収集された ANR を表示します。過去 6 か月のデータを確認できます。

関連コンテンツ

[Android Vitals] > [概要] について詳しくは、アプリの安定性、電池使用量、表示に要する時間を確認するをご覧ください。

Google Cloud Storage からレポートをダウンロードする

Google Cloud Storage からレポートにアクセスして CSV ファイルとしてダウンロードすることが可能です。レポートは、毎日生成され、月ごとの CSV ファイルに追記されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

デベロッパー コンソールに関する質問

サポート担当者へチャットによるサポートのリクエストが可能です。