アプリ ライセンスを使用したアプリ内課金のテスト

アプリ ライセンス機能を使用して、Gmail アカウントのリストを設定し、アプリ内課金と定期購入の実装をテストすることができます。なお、デベロッパーが公開に使用しているアカウントは、常にライセンス取得済みのテスターと見なされます。

アプリ ライセンスを設定する

アプリ ライセンスを設定するには、最初に Google Play Console でテスターを追加します。

  1. Google Play Console を開きます。
  2. [設定] > [ライセンス テスト] をクリックします。
  3. 表示されたメーリング リストからライセンス テスターを選択するか、[リストを作成] をクリックして新しいリストを作成します。
    • ヒント: メーリング リストは、オープンテスト版、クローズド テスト版、内部テスト版に関するヘルプセンター記事のこのセクションの「テスターのメーリング リストを作成する」で説明されているとおりに機能します。
  4. [変更を保存] をクリックします。

準備ができたら、以下のことを確認してください。

  • アプリがオープンテスト版、クローズド テスト版、内部テスト版、または製品版のトラックに公開されていること。アプリは内部テスト版トラックに公開することをおすすめします。また、テスターがアプリのリリースを受け取れる対象となっていることを確認してください。メールアドレスでテスターを管理する手順や Google グループを使用する手順についての記事を参考に設定してください。
  • テスト環境が設定されていること。

アプリ内課金と定期購入をテストする

自分のアプリ、1 回限りのアイテム、定期購入をテスト購入することができます。アプリ ライセンスを設定すると、承認済みユーザーも 1 回限りのアイテムや定期購入を行えるようになります(ユーザーのアカウントへの請求は行われません)。

テスト購入を行う前に、1 回限りのアイテムと定期購入を公開しておく必要があります。

Google Play Billing Library 統合のテストについて詳しくは、デベロッパー向け Android サイトをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー