アプリ ライセンスを使用したアプリ内課金のテスト

アプリ ライセンス機能を使用して、Gmail アカウントのリストを設定し、アプリ内課金と定期購入の実装をテストすることができます。なお、デベロッパーが公開に使用しているアカウントは、常にライセンス取得済みのテスターと見なされます。

アプリ ライセンスを設定する

アプリ ライセンスを設定するには、最初にテスターの Gmail アドレスのリストを Play Console に登録します。

  1. Play Console にアクセスします。
  2. 設定アイコン 設定 > [アカウントの詳細] を選択します。
  3. [ライセンス テスト] に、テスターの Gmail アドレスを入力します。
  4. 画面の上部で [保存] を選択します。

リストが準備できたら、以下の点について確認します。

  • アプリがオープンテスト版、クローズド テスト版、内部テスト版、または製品版のトラックに公開されていること。アプリは内部テスト版トラックに公開することをおすすめします。また、テスターがアプリのリリースを受け取る対象となっている必要があります。メールアドレスでテスターを管理する手順や Google グループを使用する手順についての記事を参考に設定してください。
  • テスト環境が設定されていること。

アプリ内課金と定期購入のテスト

ご自身のアプリ、アプリ内アイテム、定期購入アイテムをテスト購入することができます。また、アプリ ライセンスを設定すると、指定した特定のユーザーがアプリ内購入や定期購入を行えるようになります(ユーザーのアカウントへの請求は行われません)。

ライセンスを付与したテストユーザーによる購入では、次の 2 つのお支払い方法のいずれかを選択できます。

  • 「テストカード、常に承認」
  • 「テストカード、常に不承認」

テスト購入を行う前に、アプリ内アイテムや定期購入を公開しておく必要があります。

詳しくは、アプリ内課金のテスト静的なレスポンスについての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。