オープンテスト版、クローズド テスト版、内部テスト版をセットアップする

Play Console を使用すると、特定のグループでアプリをテストしたり、Google Play ユーザーを対象にオープンテストを実施したりできます。

準備

  • メールアドレスの要件: テストに参加するユーザーは、Google アカウント(@gmail.com)または G Suite アカウントが必要です。
  • [価格と販売 / 配布地域] に対する変更: アプリの [価格と販売 / 配布地域] ページの内容に変更を加えた場合、その変更は、現在、および今後のバージョンを含め、すべてのトラックに反映されます。
  • リリース
    • 製品版としてアプリをリリースする前に、テストすることをおすすめします。
    • オープンテスト版やクローズド テスト版、内部テスト版のアプリを初回公開後、テスターがテストリンクを使用できるようになるまでに数時間かかることがあります。その後、変更した更新版をテスターに公開する場合は、テスターが使用できるようになるまでに数時間かかることがあります。
  • テストに組織を追加する
    • managed Google Play を使用する組織のユーザーをテスターとして追加するには、アプリの [価格と販売 / 配布地域] ページを開き、[高度な managed Google Play 機能を有効にする] チェックボックスをオンにします。
    • また、アプリが非公開の場合は、ターゲティング リストに、テストに参加する組織を追加してください。
  • レビュー: テスターはレビューを公開できません。
  • 有料アプリ: オープンテスト版またはクローズド テスト版を使用して有料アプリをテストする場合でも、テスターはアプリを購入する必要があります。内部テスト版を使用して有料アプリをテストする場合、テスターは無料でアプリをインストールできます。

内部テスト版、クローズド テスト版、オープンテスト版の違い

内部テスト版: 内部テストや品質保証(QA)チェック用のアプリを迅速に配信できます。

クローズド テスト版: クローズド テスト版リリースを作成すると、テスターの数を増やしてアプリのプレリリース版をテストできます。社員や信頼できるユーザーなどの小規模なグループでテストを行ったら、テストをオープンテスト版リリースに移行できます。アルファ トラックは [アプリのリリース] ページで初回クローズド テスト版として公開されます。必要に応じて、追加のクローズド トラックを作成して名前を付けることもできます。

すでに製品版として一般公開済みのアプリをテストする場合、クローズド テスト版のアップデートを受け取ることができるのはテストグループ内のユーザーのみとなります。

オープンテスト版: オープンテスト版リリースを作成すると、大規模なグループでテストを行い、アプリのテスト版を Google Play で公開することができます。オープンテストでは、誰でもテスト プログラムに参加して、非公開のフィードバックを送信できます。このテスト方法を選択する際は、アプリやストアの掲載情報を Google Play で公開する準備が整っているか必ずご確認ください。

: オープン アルファ版やクローズド ベータ版のテストを作成することはできなくなりました。すでに開始されている既存のオープン アルファ版やクローズド ベータ版テストには引き続きアクセスできます。

すべて折りたたむ すべて展開

ヒント

テストの進め方

最初は内部テスト版のテストから始め、その後、小規模なテスター グループのクローズド テスト版へと移行していくことをおすすめします。

内部テスト版を利用するタイミング

アプリの内部テスト版を作成したら、すぐに内部テスターにリリースしてください。これにより、開発プロセスの早い段階で、問題を発見し、フィードバックを得ることができます。内部テスト版には次のような特長があります。

  • 迅速性: 内部テスト版トラックを使用すると、オープン トラックやクローズド トラックよりもはるかに迅速にアプリを配信できます。内部テスト版トラックに新しい APK や App Bundle を公開すると、数分でテスターが利用できるようになります。
    • : アプリを初めて公開する場合は、アプリの内部テスト版を利用できるようになるまで最大で 48 時間ほどかかることがあります。

  • 柔軟性: 内部テスト版を調整することで、内部テストや品質保証(QA)チェック、リリース後デバッグなど、さまざまなテスト段階に対応できます。
  • 安全性: 内部テスト版トラックの場合、テストアプリは Play ストア経由でユーザーに配信されます。
同じアプリに対して複数のテストを同時に実施する場合

1 つのアプリに対して複数のテストを同時に実施する場合は、以下の点にご留意ください。

  • いつでも複数のクローズド テスト版と 1 つのオープンテスト版のテストを実施できます。
  • 各ユーザーは、アプリの内部テストに参加すると、オープンテスト版やクローズド テスト版を受け取れなくなります。オープンテスト版やクローズド テスト版へのアクセス権限を再取得するには、ユーザーは、内部テスト版を終了して、アルファ版やベータ版に再度参加する必要があります。

ステップ 1: テストの詳細をセットアップする

テスト方法を選択する

内部テスト版: 最大 100 人のテスターを管理する

メールアドレスを使用して内部テスターのリストを作成できます。内部テストには、アプリごとに最大 100 人のテスターが参加できます。

内部テスト版のテストをセットアップする際は、以下の点にご注意ください。

  • 配信対象国: 内部テスト版の場合は、どの場所にいるユーザーでも追加できます。内部テスターがアプリの製品版やオープンテスト版、クローズド テスト版を利用できない国に住んでいる場合でも、内部テスト版を受け取ることができます。
  • お支払い方法: 有料アプリの場合でも、テスターは無料で内部テスト版をインストールできます。ライセンス テスターのリストに追加されていないテスターの場合、アプリ内購入の料金を支払う必要があります。
  • 端末除外ルール: 端末除外ルールは内部テスターには適用されません。
  • ポリシー審査およびセキュリティ審査: 内部テスト版は、通常の Play ポリシー審査やセキュリティ審査の対象にならないことがあります。

内部テスト版のテストを開始する

 テスターリストを作成する

テスターリストをすでに作成済みの場合は、「テスターを追加する」に進んでください。

  1. Play Console にログインします。
  2. 左側にあるメニューで、設定アイコン Settings gear > [テスターの管理] > [リストを作成] を選択します。
  3. テスターリストの名前を入力します。
  4. メールアドレスをカンマ区切りで入力するか、[CSV をアップロード] をクリックします。.CSV ファイルを使用する場合、各メールアドレスはカンマで区切らず 1 行に 1 つずつ入力します。.CSV ファイルをアップロードすると、入力済みのメールアドレスは上書きされるのでご注意ください。
  5. [リストを作成] を選択します。

テスターを追加する

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側にあるメニューで、[リリース管理] > [アプリのリリース] を選択します。
  4. 内部テスト版トラックの横にある [内部テストを管理] を選択します。
  5. [テスターの管理] を展開します。[テスターの管理] が空欄の場合は、内部テスト版トラックに APK や App Bundle をアップロード済みであるかご確認ください。
  6. [テスト方法の選択] の横にある [内部テスト] を選択します。
  7. [ユーザー] で、使用するリストの横にあるチェックボックスをオンにします。
  8. テスターと共有する「オプトイン URL」をコピーします。
  9. [フィードバック チャネル] の隣に、テスターからフィードバックを収集するためのメールアドレスまたは URL を指定します。ここで入力したフィードバック チャネルは、テスター参加用ページでユーザーに表示されます。
  10. [保存] を選択します。
クローズド テスト版: メールアドレスでテスターを管理する

クローズド テスト版では、メールアドレスを使ってテスターのリストを作成できます。合計 200 件のリストを作成でき、各リストには最大 2,000 人のユーザーを登録できます。リストは 1 トラックにつき最大 50 件作成できます。

クローズド テスト版のテストを開始する

テスターリストを作成する

テスターリストをすでに作成済みの場合は、「テスターを追加する」に進んでください。

  1. Play Console にログインします。
  2. 左側にあるメニューで、設定アイコン 設定 > [テスターの管理] > [リストを作成] を選択します。
  3. テスターリストの名前を入力します。リストは今後、ご自分のどのアプリのテストでも使用できます。
  4. メールアドレスをカンマ区切りで入力するか、[CSV をアップロード] をクリックします。.CSV ファイルを使用する場合、各メールアドレスはカンマで区切らず 1 行に 1 つずつ入力します。.CSV ファイルをアップロードすると、入力済みのメールアドレスは上書きされるのでご注意ください。
  5. [リストを作成] を選択します。

テスターを追加する

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [リリース管理] > [アプリのリリース] を選択します。
  4. クローズド トラックの横にある [管理] を選択します。
  5. [テスターの管理] を展開します。[テスターの管理] が空欄の場合は、APK や App Bundle をアップロード済みであるかご確認ください。
  6. [テスト方法の選択] の横にある [クローズド テスト] を選択します。
  7. [ユーザー] で、使用するリストの横にあるチェックボックスをオンにします。
  8. テスターと共有する「オプトイン URL」をコピーします。
  9. [フィードバック チャネル] の隣に、テスターからフィードバックを収集するためのメールアドレスまたは URL を指定します。ここで入力したフィードバック チャネルは、テスター参加用ページでユーザーに表示されます。
  10. 組織内でテストを設定する場合は、[組織] に組織 ID と名前を入力します。
  11. [保存] を選択します。
クローズド テスト版: Google グループでテスターを管理する
  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [リリース管理] > [アプリのリリース] を選択します。
  4. クローズド トラックの横にある [管理] を選択します。
  5. [テスターの管理] を展開します。[テスターの管理] が空欄の場合は、APK や App Bundle をアップロード済みであるかご確認ください。
  6. [テスト方法] の横にある [Google グループを使用するアルファ版テスト] を選択します。
  7. 次の形式で Google グループのメールアドレスを入力します。yourgroupname@googlegroups.com
  8. テスターと共有する「オプトイン URL」をコピーします。
  9. 組織内でテストを設定する場合は、[組織] に組織 ID と名前を入力します。
  10. [保存] を選択します。

: 2019 年に予定されている Google+ の終了に伴い、クローズド テスト版のトラックに Google+ コミュニティを追加できなくなりました。Google+ コミュニティを使用してテスターを管理するようにすでに設定している場合は、移行期間中も引き続きご利用いただけます。Google+ コミュニティのテスターを Google グループに移行するか、代わりにメールアドレスでテスターを管理することをおすすめします。

オープンテスト版: テスト版アプリを Google Play で公開する

オープンテスト版をセットアップすると、ユーザーが Google Play 上でテスト版アプリを見つけられるようになります。このテスト方法を選択する際は、アプリを Google Play で公開する準備が整っているか必ずご確認ください。

  • 早期アクセスアプリ(まだ製品版を公開していない新しいアプリ)の場合: ユーザーは Google Play 上で検索することでオープンテスト版を見つけることができます。ストアの掲載情報から通常のアプリと同じようにインストールできます。
  • 公開中の製品版アプリの場合: ユーザーはストアの掲載情報からオープンテストに参加できます。

また、ウェブサイトやメールで URL リンクを共有する方法もあります。リンクを知っているユーザーであれば誰でもオープンテスト版にアクセスできます。

オープンテスト版のテストを開始する

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [リリース管理] > [アプリのリリース] を選択します。
  4. オープン トラックの横にある [管理] を選択します。
  5. [テスターの管理] を展開します。[テスターの管理] が空欄の場合は、APK や App Bundle をアップロード済みであるかご確認ください。
  6. [テスト方法の選択] の横にある [オープン ベータ版テスト] を選択します。
  7. 省略可: テストユーザー数の上限を指定することもできます(1,000 人以上)。指定しない場合、上限は設定されません。
  8. テスターと共有する [オプトイン URL] をコピーします。
  9. [フィードバック チャネル] の隣に、テスターからフィードバックを収集するためのメールアドレスまたは URL を指定します。ここで入力したフィードバック チャネルは、テスター参加用ページでユーザーに表示されます。
  10. [保存] を選択します。
開発チーム向けに追加のクローズド テスト版トラックを作成する

状況によっては、追加のクローズド テスト版トラックが必要になります。たとえば、機能によってバグに対処する開発チームが異なる場合などです。チームごとにテスト版トラックがあれば、同時にさまざまな機能に対応することができます。

追加のテスト版トラックでは、メールアドレスを使ってテスターリストを作成したり、Google グループや Google+ コミュニティでテスターを管理したりできます。Google グループや Google+ コミュニティに人数制限はありません。

追加のテスト版トラックを作成する

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [リリース管理] > [アプリのリリース] を選択します。
  4. クローズド トラックの横にある [クローズド トラックを作成] を選択します。
  5. トラック タイトルを追加します。トラック タイトルは、トラック名として Play Console と Google Play Developer API で使用されます。
  6. [トラックを作成] を選択します。
  7. テスターの管理方法をメールアドレス、Google グループ、Google+ コミュニティから選択します。
  8. テスターと共有する「オプトイン URL」をコピーします。
  9. [フィードバック チャネル] の隣に、テスターからフィードバックを収集するためのメールアドレスまたは URL を指定します。ここで入力したフィードバック チャネルは、テスター参加用ページでユーザーに表示されます。
  10. [保存] を選択します。

テストに関する留意点と制限事項

追加のクローズド トラックを作成するときは、次の機能はサポートされませんのでご注意ください。

Google Play ゲームサービスでのテスターの管理

Google Play ゲームサービスを利用している場合は、テスター グループが APK や App Bundle と Google Play ゲームサービス間で自動的に共有されます。

ゲームサービスの [テスト] ページでは、テスターのスイッチを使用して、APK や App Bundle のテストに参加したすべてのユーザーを自動的に追加できます。

また次の方法で、個々のテスターをGoogle Play ゲームサービスに追加することもできます。

  1. Play Console にログインします。
  2. ゲームサービス アイコン Games services をクリックします。
  3. ゲームを選択します。
  4. 左側のメニューで、[テスト] > [テスターを追加] をクリックします。
  5. 追加するメールアドレスを入力します。メールアドレスには、Google+ を使用している有効な Google アカウントを指定します。
  6. [追加] を選択します。

テストグループに参加したユーザーは、Google+ を使用してログインできるようになります。また、未公開版でも公開版でも、実績を取得し、リーダーボードに記録できるようになります。

ステップ 2: リリースを作成する

アプリのテストの詳細をセットアップしたら、こちらの手順に沿ってリリースを作成して公開します。

アプリのアルファ版トラックやベータ版トラックを利用できる国の管理方法については、「特定の国にアプリのリリースを配信する」の記事をご覧ください。

ステップ3: オプトイン URL をユーザーと共有する

テストを作成すると、アプリへの URL リンクが生成されるので、テスターに知らせます。
  • テスト参加用のオプトイン リンクは、アプリが [公開中] の場合にのみ表示されます。[未公開] や [公開待ち] のアプリの場合、オプトイン リンクは表示されません。
  • テスターがオプトイン リンクをクリックすると、注意事項と参加確認のリンクが表示されます。各ユーザーはこのリンクを使用して参加する必要があります。
  • Google グループや Google+ コミュニティでクローズド テストを実施している場合は、テスターはテストに参加する前にグループやコミュニティに参加する必要があります。

ステップ 4: フィードバックを受け取る

テスターがアプリをインストールすると自動的にテスト バージョンに更新され、数分以内にそのテスト バージョンを使用できるようになります。

テスト バージョンのアプリの場合、テスターは公開レビューを Google Play 上に残すことができません。そのため、フィードバック送信機能をアプリに組み込むか、フィードバックの提供方法(メール、ウェブサイト、メッセージ フォーラムなど)をユーザーに知らせておくことをおすすめします。

オープンテストを実施している場合、テスターは Google Play から非公開のフィードバックを送信することもできます。

ステップ5: テストを終了する

アプリのテストからユーザーを削除するには:

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [リリース管理] > [アプリのリリース] を選択します。
  4. 終了するテストの横にある [管理] を選択します。
  5. [テスターの管理] を展開します。
  6. テストを終了すると、テスターにアップデートは送信されませんが、アプリは端末にインストールされたままになります。
    • クローズド テスト版トラックを削除するには、[トラックを無効にする] を選択します。[クローズド トラック] セクションの [アプリのリリース] ページの無効なトラックにアクセスできます。
    • オープンテスト版、クローズド アルファ版テスト、内部テスト版を終了するには、[テスターを削除] を選択します。

バージョン コードとテストトラックのステータス

バージョン コードの要件

ユーザーが受け取るアプリのバージョン:

  • 使用している端末に対応している最も高いバージョン コードのアプリ
  • ユーザーが受け取ることができるトラックに公開されたアプリ

すべてのユーザーがいつでも製品版トラックを受け取ることができます。ユーザーが使用しているテストトラックよりも高いバージョン コードの APK が製品版として公開されると、ユーザーは製品版 APK を受け取ります。

複数のトラックを受け取ることができるユーザーは、各トラックで公開される最も高いバージョン コードの APK を受け取ります。

ユーザーがテスト版トラックを受け取るための条件:

  • 管理対象トラックの設定に登録されていること
  • 該当するテスト プログラムに参加していること

たとえば、テスト プログラムに参加しているすべてのユーザーは、オープンテスト版トラックを受け取ることができます。しかし、内部テスト プログラムに参加しているユーザーは、管理対象のテスター設定に登録されていたとしても、オープンテスト版トラックとクローズド テスト版トラックを受け取ることはできません。つまり、オープンテスト トラックやクローズド テスト トラックで高いバージョンの APK が公開されても、内部テスト プログラムに参加しているユーザーがそれを受け取ることはできません。

詳細については、アプリのバージョニングをご覧ください。

テストトラックのステータス

リリースを公開しようとする際、あるトラックのユーザーが別のトラックにリリースされた APK や App Bundles を受け取るときに、確認メッセージが表示されることがあります。これをトラックのフォールバック ステータスと呼びます。

フォールバックの用語とステータス

  • ブロック: ある APK が別の APK よりバージョン コードが高く、同じ端末設定の一部またはすべてに配信されるとき、その APK は別の APK をブロックするといいます。
  • プロモート: トラックの有効な APK のすべてがフォールバック トラックの有効な APK に含まれるとき(たとえば、有効なベータ版 APK のすべてが製品版でも有効な場合)。最初にテストトラックにリリースし、次にテスト対象の APK をそれより安定しているリリースに対してリリースする場合、この状態になります。
  • 置き換え: あるトラックの有効な APK のすべてが、それより高いバージョン コードでフォールバック トラックの有効な APK に完全にブロックされるとき。そのトラックの APK はユーザーにまったく配信されず、ユーザーはフォールバック トラックから APK を受け取ります。これは、置き換えられたトラックに対応するテスト プログラムが破棄されたことを示します。
  • 一部ブロック: あるトラックの有効な APK の少なくとも 1 つが、それより高いバージョン コードでフォールバック トラックの APK にブロックされるとき。つまり、ベータ版ユーザーの一部がベータ版トラックから APK を受け取り、他のユーザーは製品版から APK を受け取ることになります。これは、ほとんどの場合、バージョン コードの割り当ての誤りによるものです。

関連コンテンツ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。