ファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムに参加する

Google では、Google Play を利用するファミリー層に優れたエクスペリエンスを提供できるよう努めており、子供に表示される広告が Google のポリシーに準拠した適切なものであるよう徹底したいと考えています。デベロッパー ポリシー センターのファミリー向け自己認定広告 SDK に関するポリシーを確認してください。

以下の広告 SDK は、Google Play のファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムの要件を満たしていることが自己認定されたものです。アプリのターゲット ユーザーに子供が含まれている場合、アプリで広告 SDK を使用して広告を配信するには、以下に示す自己認定広告 SDK を使用する必要があります。

SDK Maven 自己認定バージョン
AdColony

com.adcolony
sdk

4.8.0 以降
Chartboost

com.chartboost
chartboost-sdk

9.1.1 以降
DT Exchange SDK

com.fyber
marketplace-sdk

8.2.1 以降
Google アド マネージャー com.google.ads.interactive
media.v3
interactivemedia
3.19.0 以降
Google アド マネージャー

com.google.android.gms
play-services-pal

18.0.0 以降
Google AdMob

com.google.android.gms
play-services-ads

19.0.0 以降

HyprMX com.hyprmx.android
HyprMX-SDK
6.0.3 以降
InMobi

com.inmobi.monetization
inmobi-ads

10.5.5 以降
ironSource

com.ironsource.sdk
mediationsdk

7.2.1 以降
Kidoz

net.kidoz.sdk
kidoz-android-native

8.9.4 以降
SuperAwesome

tv.superawesome.sdk.publ
isher
superawesome

8.4.3 以降
Unity Ads

com.unity3d.ads
unity-ads

4.0.1 以降
Vungle

com.vungle
publisher-sdk-android

6.10.4 以降

*AppLovin は、ファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムへの参加を取りやめました。AppLovin は、Google Play のアプリの成人ユーザーに対しては優れた広告エクスペリエンスを提供するよう引き続き取り組みます。ファミリー向けアプリのデベロッパーは、2023 年 5 月 31 日までに上記のファミリー向け自己認定広告 SDK のバージョンに移行する必要があります。


子供のみをターゲット ユーザーとしているアプリで広告 SDK を使用して広告を配信する場合、使用できる広告 SDK は、同プログラムに基づいて自己認定された上記の広告 SDK のいずれかに限られます。

子供と大人をターゲット ユーザーとしているアプリについては、子供ではないユーザーのみを対象とする広告の配信で、認定広告 SDK 以外の広告 SDK の使用が認められています。たとえば、両ユーザー層をターゲットとするアプリは、年齢詐称を予防する年齢確認を実装することで要件に準拠できます。子供向けではないアプリ(コンテンツのレーティングが「T」または「MA」のアプリなど)や、子供を対象として広告を配信しないアプリでは、ファミリー向け自己認定広告 SDK を使用する必要はありません。

アプリで実装する SDK が、適用されるすべてのポリシーと現地の法律や規制を遵守していることを保証する責任はデベロッパーにあります。Google は、広告 SDK が自己認定手続きにおいて提供する情報の正確性に関する表明や保証を一切行いません。

Google Play のファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムの要件に違反していることが判明した自己認定広告 SDK は、上記のリストから除外されます。新しいアプリやアップデートを公開する際はこのページにアクセスし、アプリで使用している広告 SDK の各バージョンについて自己認定ステータスを確認することをおすすめします。Google Play デベロッパー プログラム ポリシーに違反した場合、広告 SDK がファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムから削除されることもあります。

自己認定広告 SDK の使用が必要となるのは、アプリでサードパーティの広告 SDK を使用している場合のみです。以下の行為は自己認定の要件に関係なく許可されますが、アプリで配信されるすべての広告の責任はアプリの公開元にありますのでご注意ください。広告はすべてのユーザーに適した内容であるものとし、データの収集については Google Play のデータの取り扱いに関するポリシーに準拠する必要があります。

  • 相互プロモーションを含む自社による広告配信(アプリの公開元が SDK を使用して、自社アプリまたは自社のその他のメディアや商品の相互プロモーションを管理するなど)
  • 広告主との直接取引、および広告枠の管理のみを目的とした広告 SDK の使用

リアルタイム ビッダーなどのソリューションを使用する場合は、表示されるすべての広告クリエイティブについてユーザーへの配信前に確認および評価を行うようにするか、上記リストの自己認定広告のソースのみを利用するようにしてください。

広告 SDK が上記のリストに追加されるためには、Google Play のデベロッパー プログラム ポリシー(ファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムのポリシーを含む)に準拠していることを自己認定すること、ポリシー準拠の確認に必要な情報を Google に提供すること、適用されるすべての現地の法律および規制を遵守していることを自己認定することが必要となります。

広告 SDK がファミリー向け自己認定広告 SDK のステータスを維持するには、その後も情報提供を求められた場合に適時に対応しなければなりません。たとえば、こちらのフォームを使って新しいバージョンを提出する、その提出したバージョンがそれぞれ Google Play の最新のデベロッパー プログラム ポリシー(ファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムのポリシーを含む)に準拠していることや現地の法律および規制を遵守していることを自己認定する、テストアプリを提供する、といったことが必要です。

広告 SDK をこのプログラムに登録することをご希望の場合は、該当する広告 SDK の作成元にこちらのお問い合わせフォームをお知らせください。なお、このフォームにご記入いただいても、プログラムへの参加が保証されるわけではありません。広告 SDK が上記のリストに追加されるまでは、ファミリー向け自己認定広告 SDK プログラムに参加しているとは見なされません。ご利用になる広告 SDK の自己認定ステータスについては、このリストを定期的にご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー