ディープリンクの確認と保守

Google Play Console の [ディープリンク] ページ([成長] > [ディープリンク])では、以下のことができます。

  • ディープリンクの設定を管理し、アプリ内コンテンツによるエンゲージメントをさらに高めることができます。
  • ウェブサイトとアプリのマッピングの状況を把握し、アクセス数上位の URL にディープリンクを設定して改善できるかどうかを確認できます。
  • 新しいアプリ バージョンをリリースせずに、パッチを使用することで、ディープリンクを追加、無効化したり、ディープリンクに関する問題を解決したりできます。

Google 広告アカウントをリンクしている場合は、どの広告キャンペーンにディープリンクが設定されているかを確認したり、ユーザーリーチに関する分析情報を把握したり、ディープリンク版のランディング ページをプレビューしたりできます。

ディープリンクの概要

ディープリンクとは、ユーザーをウェブサイトではなくアプリ内の特定部分に直接誘導する URL です(スキームによる区別はありません)。ディープリンクを作成するには、ユーザーをアプリ内の適切なアクティビティに誘導するためのインテント フィルタを追加します。

ディープリンクの作成、保守、検証は、[ディープリンク] ページで簡単に行えます。このページは、[アプリの構成] と [ウェブの URL] の 2 つのタブからなります。[アプリの構成] タブでは、アプリ バージョンの設定や関連付けられたディープリンクについての概要を把握できます。このタブでは以下のことができます。

  • アプリ バージョンを選択し、既存のディープリンクの全体的な構成をわかりやすく表示できます。
  • ディープリンクの設定に関わる問題をひと目で把握し、問題を迅速に解決できます。
  • 新しいアプリ バージョンをリリースせずに、パッチを作成して公開することで、ディープリンクを追加、無効化したり、ディープリンクに関する問題を解決したりできます。

[ウェブの URL] タブには、ウェブでのアプリのパフォーマンスに関する情報が表示されます。たとえば、ウェブクロールされた最も重要な URL、リンクされている Google 広告の広告キャンペーンからのクリック数が最も多いドメイン、ステータス情報などを把握できます。このタブでは以下のことができます。

  • ディープリンクが設定されている広告キャンペーンを確認し、ディープリンクのユーザーリーチに関する分析情報を把握できます(Google 広告アカウントをリンクしている必要があります)。
  • ランディング ページのディープリンク版をプレビューし、ウェブ版と並べて比較できます。
  • 最も重要なウェブ URL のリストを、ディープリンクのステータスとともに表示できます。
  • コンテンツにディープリンクを設定すべき機会を特定し、ユーザー エンゲージメントをさらに高めることができます。
[ディープリンク] ページは高度な検索機能を備えており、パス、ドメイン、カスタム スキームのすべてのインベントリを簡単に確認できます。

[ディープリンク] ページの機能

以下のセクションでは、[ディープリンク] ページの特徴と機能について説明します。

一般的な機能

以下の機能は、[ディープリンク] ページの両タブで使用できる一般的な機能です。各セクションをクリックすると、開いたり閉じたりできます。

アプリ選択ツール

ページの右上にあるアプリ バージョン選択ツールを使用すると、どのアプリ バージョンのディープリンクを確認するかを選択できます。任意のトラック(製品版、オープンテスト、クローズド テスト、内部テスト)の有効なアプリ バージョンを選択できます。ページ内の各表に、選択したアプリ バージョンに基づくディープリンク データが表示されます。

注: 有効なすべてのアプリ バージョン(その時点でユーザーに提供されているアプリ バージョン)を選択できます。もう配信されていない古いバージョンがユーザーのデバイスにインストールされている可能性もありますが、これらのアプリ バージョンは置き換え済みと見なされ選択できません。

パッチ

新しいアプリ バージョンをリリースせずに、パッチを作成して公開することで、ディープリンクを追加、無効化したり、ディープリンクに関する問題を解決したりできます。パッチを作成したら、適用する有効なアプリ バージョンを選択できます。ページの右上のアプリ バージョン選択ツールの横に [パッチを作成] ボタンがあります。

詳しくは、ディープリンクの設定にパッチを適用するをご覧ください。

ハイライト カード

ページの上部に、ディープリンクに関する通知とともにハイライト カードが表示されることがあります。このカードには、ディープリンクの設定に関わる重要な問題がハイライト表示されるため、どの部分に注意を払うべきかを簡単に特定できます。ハイライト カードに表示されるメッセージや操作は、コンテンツによって異なります。たとえば、[ドメインを見る] をクリックすると、ページ上の表の一部をフィルタできます。[詳細] をクリックすると、ディープリンクをさらに活用するうえで役に立つドキュメントの該当コンテンツに移動できます。

検索とフィルタ

[ディープリンク] ページ内のすべての表は、検索したり並べ替えたりできます。検索機能を使用すると、アプリ バージョンに関連付けられたパス、ドメイン、カスタム スキームのすべてのインベントリを検索できます。並べ替え機能では、その時点で読み込まれているデータ(デフォルトのデータまたは検索結果に基づくデータ)のみが並べ替えられます。

ドメインの表では、ドメインの検索(部分文字列検索)と、ステータスによるフィルタ(OK または Not OK)が可能です。次の方法で、パスとカスタム スキームを検索することもできます。

  • スキームの検索(部分文字列検索)
  • ドメインの検索(部分文字列検索)
  • パスの検索(部分文字列検索)
  • アクティビティの検索(部分文字列検索)

注: パスの表で完全な URL(例: http://example.com/someStrangePattern)を入力すると、ダッシュボードがパスのタイプに応じてパターン一致を試みます。以下の例で考えてみましょう。

マニフェストで定義されたパスは、パターン(https://example.com/Some.*Pattern)です。

この場合、URL 全体を入力すると、このパスが返されます。この機能を利用して、検索ボックスに入力した URL がどのインテント フィルタとパスで処理されるかを確認できます。

検索機能ではクエリ パラメータが無視されるため、完全な URL を問題なく検索ボックスに貼り付けることができます。

アプリの構成

[アプリの構成] タブでは、アプリ バージョンの設定や関連付けられたディープリンクについて概要を把握できます。以下のセクションでは、このタブで表示および使用できる 2 つの表について説明します。各セクションをクリックすると、開いたり閉じたりできます。

[ドメイン] の表

[アプリの構成] タブの [ドメイン] の表には、アプリ マニフェストで宣言されているすべてのドメインが一覧表示されます。URL とアプリの関連付けを確認したり、アプリリンクを作成したりする際に便利です。アプリリンクを意図的に使用しておらず、ユーザー側の設定に基づいてウェブリンクを使用したい場合は、このセクションの内容が適切でない可能性があります。これは、設計上ドメインとアプリの関連付けが失敗するようになっているためです。

ドメインに問題がある場合は、ステータス列にカーソルを合わせると何が問題かを特定できます。行をクリックすると問題の詳細が表示されます。

ドメインの表で問題が発生した場合は、次の方法で解決してください。

  1. オーバーレイで JSON ジェネレータを使用すると、アセットリンク ファイルのコンテンツをドメインに直接コピーできます。このファイルには、アプリリンクが機能するために必要なすべての情報が含まれています。次の点に注意してください。
    • アセットリンク ファイルに必要な変更を加えてドメインにアップロードしたら、[ディープリンク] ページに戻って問題が解決したかどうかを確認します。
    • ジェネレータは追加型です。つまり、すでにドメイン内に存在するすべてのコンテンツが考慮されます。すべてのコンテンツをそのまま(またはファイルをダウンロードして)安全に貼り付けることができます。所有する他のアプリとの互換性が損なわれることはありません。変更の提案は緑色でハイライト表示されます。
  2. ドメインの問題を修正しても、すべてのユーザーに有効なアプリリンクを提供できるとは限りません。Android のほとんどのバージョン(Android 12 より前)ではインストール中にドメインの所有権の確認が行われるため、古いインストールでアプリリンクの受け取りを開始したい場合は、アプリの新しいバージョンをリリースする必要があります。
[アプリ マニフェストのリンク] の表

[アプリの構成] タブの [アプリ マニフェストのリンク] の表には、アプリのマニフェストに関連するデータが表示されます。Google Play は、アプリのインテント フィルタを検証し、パスごとにグループ化します(ウェブリンクの場合)。問題がある場合はいずれかの行をクリックすると、アプリの修正方法に関する詳しい情報が表示されます。パスをクリックすると、そのパスでサポートされているすべてのリンクが一覧表示されます。これは、スキーム(http または https)とドメイン(このパスとアクティビティを含むインテント フィルタに対して宣言されたドメイン)を組み合わせたものになります。

注: [アプリ マニフェストのリンク] の表に表示された問題を解決するには、AppManifest.xml ファイルを変更してアプリの新しいバージョンを公開する必要があります。現在のアプリ バージョンの問題は、すでに公開されているアプリ バージョンに関連付けられているためそのままとなります。

ヒント: 一部の Android ドキュメントでは、<data> タグごとに別々のインテント フィルタを使用するよう推奨されている場合があります。しかし、マニフェストの管理を容易にするため、同じパスやアクティビティでキャプチャするすべてのウェブリンクに同じインテント フィルタを使用することをおすすめします。複数の <data> タグを含めると、スキーム、パス、ドメインのすべての配列が組み合わされるため危険です。一方、ウェブリンクに同じパスを使用すれば、スキームが常に http または https になるため問題はありません。

ウェブの URL

[ウェブの URL] タブには、ディープリンクのカバレッジ(確認済みのドメインのうち、ディープリンクが設定されている上位の URL が占める割合を示す集計値)など、ウェブでのアプリのパフォーマンスに関する情報が表示されます。たとえば、ウェブクロールされた最も重要な URL、リンクされている Google 広告の広告キャンペーンからのクリック数が最も多いドメイン、ステータス情報などを把握できます。以下のセクションでは、このタブで表示および使用できる 2 つの表について説明します。各セクションをクリックすると、開いたり閉じたりできます。

[ほとんどの広告トラフィック] の表(Google 広告アカウントをリンクしている場合のみ)

Google 広告アカウントをリンクしている場合は、[ウェブの URL] タブに [ほとんどの広告トラフィック] の表が表示されます。この表では、キャンペーンのドメインがクリック数の多い順にランク付けされ、ユーザーリーチの割合とともに表示されます。ユーザーリーチは、アプリをインストール済みのユーザーのうち、ウェブ URL にアクセスした後にウェブに留まらず、アプリ内で解決した(またはアプリ選択ツールが表示された)ユーザーの割合を表します。

ドメインのステータス([ディープリンクあり]、[ディープリンクなし]、[問題が見つかりました])も確認できます。クリック数は多いがディープリンクが設定されていないドメインが見つかった場合は、それらのドメインにディープリンクを設定してユーザーをアプリに直接誘導することでユーザー エンゲージメントをさらに高めることができます。

いずれかの行をクリックすると、特定のドメインに関する詳細情報が表示されます。URL にディープリンクが設定されていない場合は、画面上の手順に沿ってアプリを設定してドメインの所有権を確認します。詳しくは、デベロッパー ガイドをご覧ください。プレビューのスクリーンショットを並べて表示できる場合は、ディープリンクを設定したドメインがウェブとアプリでどのように表示されるかを確認できます。ユーザー リーチの詳しい内訳を確認することもできます。選択した URL で想定される以下のユーザー結果が、すべてのアプリ バージョンで集計されて割合として表示されます。

  • アプリに誘導されたユーザー
  • アプリ選択ツールに誘導されたユーザー
  • ウェブブラウザに誘導されたユーザー
ウェブクロールされた URL

[ウェブの URL] タブの [ウェブクロールされた URL] の表には、ウェブクロールされた最も重要な URL とユーザーリーチの割合が表示されます。ドメインのステータス([ディープリンクあり]、[ディープリンクなし]、[問題が見つかりました])も確認できます。クリック数は多いがディープリンクが設定されていないドメインが見つかった場合は、それらのドメインにディープリンクを設定してユーザーをアプリに直接誘導することでユーザー エンゲージメントをさらに高めることができます。

いずれかの行をクリックすると、特定のドメインに関する詳細情報が表示されます。URL にディープリンクが設定されていない場合は、画面上の手順に沿ってアプリを設定してドメインの所有権を確認します。詳しくは、デベロッパー ガイドをご覧ください。プレビューのスクリーンショットを並べて表示できる場合は、ディープリンクを設定したドメインがウェブとアプリでどのように表示されるかを確認できます。ユーザー リーチの詳しい内訳を確認することもできます。選択した URL で想定される以下のユーザー結果が、すべてのアプリ バージョンで集計されて割合として表示されます。

  • アプリに誘導されたユーザー
  • アプリ選択ツールに誘導されたユーザー
  • ウェブブラウザに誘導されたユーザー

ディープリンクの設定にパッチを適用する

新しいアプリ バージョンをリリースせずに、パッチを作成して公開することで、ディープリンクを追加、無効化したり、ディープリンクに関する問題を解決したりできます。パッチは、今後のアプリ バージョンには適用されません。アプリ マニフェストを更新することで、今後のアプリ バージョンでもこの変更を適用できます。

パッチを作成したら、適用する有効なアプリ バージョンを選択できます。ページの右上のアプリ バージョン選択ツールの横に [パッチを作成] ボタンがあります。

パッチを作成するには:

  1. Google Play Console を開き、[ディープリンク] ページ([成長] > [ディープリンク])に移動します。
  2. ページの右上にある [パッチを作成] をクリックします。 
    • 注: [パッチを作成] をクリックすると、[ディープリンク] ページの下部に [パッチモード オン: 保留中の変更なし] というメッセージが表示されます。このステータスは、ディープリンクの設定に変更を加えると更新されます。
  3. ディープリンクの設定に新しいパスを追加する場合は、[ウェブリンクの追加] を選択します。
    • アプリ マニフェストでまだ指定されていないドメインを使用する場合は、まずドメインの表で [ドメインを追加] をクリックする必要があります。オーバーレイでドメインが確認されると、新しいウェブリンクを追加する際にそのドメインを使用できるようになります。ただし、このドメインでパッチを公開するまでドメインの表には表示されません。 
      • 注: [ドメインを追加] で追加したドメインは、今後のすべてのバージョンでも設定に含まれます。
  4. 必要な情報を指定して URL パラメータを定義します。
    • アクティビティ: プルダウン メニューを使ってアクティビティを選択します。
    • スキームとホスト: プルダウン メニューを使ってスキームとホストを選択します。
    • パス: 新しいディープリンクによるユーザーの誘導先の完全な URL を入力します。
  5. [パッチドラフトに追加] をクリックします。パッチドラフトに追加すると、ページの下部に [パッチモード オン: ディープリンクの変更が 1 件保留中] というメッセージが表示されます。
  6. (省略可)パッチを追加したいディープリンクが他にある場合は、同じ手順を繰り返します。
  7. パッチを公開する準備ができたら、[確認して公開] をクリックします。

パッチを使用してディープリンクを無効にすることもできます。ディープリンクを無効にすると、ユーザーはこのパスに関連付けられたリンクからアプリに直接移動するのではなく、アプリ選択ツールが表示されるか、ウェブブラウザに移動します。ディープリンクを無効にする手順は次のとおりです。

  1. Google Play Console を開き、[ディープリンク] ページ([成長] > [ディープリンク])に移動します。
  2. ページの右上にある [パッチを作成] をクリックします。 
    • 注: [パッチを作成] をクリックすると、[ディープリンク] ページの下部に [パッチモード オン: 保留中の変更なし] というメッセージが表示されます。このステータスは、パッチに変更を加えると更新されます。
  3. 無効にするパッチの横で、[OFF にする] をクリックします。
  4. (省略可)無効にしたいディープリンクが他にある場合は、同じ手順を繰り返します。

パッチを公開する準備ができたら、[確認して公開] をクリックします。選択したアプリのバージョンに変更を適用するパッチを確認して公開します。

よくある質問

ユーザーリーチとは何ですか?

ユーザーリーチは、アプリをインストール済みのユーザーのうち、ウェブ URL にアクセスした後にウェブに留まらず、アプリ内で解決した(またはアプリ選択ツールが表示された)ユーザーの割合を表します。この割合が高いほど、最適なランディング ページにリーチできたユーザーが多かったことになります。このデータは 1 日に 1 回更新されます。

ウェブクロールされた URL とは何ですか?

ウェブクロールされた URL とは、確認済みドメインの中で最も重要と判断された上位 URL のリストです。最も重要と判断されるのは、たとえばアクセス数や参照数が多く、ウェブ上のトラフィックが多く集まるページです。最も重要なウェブ URL にディープリンクを設定することで、アプリ コンテンツのエンゲージメントを高めることができます。この URL のリストは 1 日に 1 回更新されます。

Google 広告アカウントをリンクするにはどうしたらよいですか?

Google 広告キャンペーンのランディング ページのディープリンク ステータスを確認するには、まず Google 広告アカウントをリンクする必要があります。こちらの手順を参照してください。アカウントをリンクすると、広告キャンペーンの URL が Google Play Console の [ディープリンク] ページに表示されます。

ディープリンクのカバレッジとは何ですか?

ディープリンクのカバレッジとは、確認済みのドメインのうち、ディープリンクが設定されている上位の URL が占める割合を示す集計値です。ディープリンクのカバレッジが高くなるほど、プロダクトやサービスにおいて最適なユーザー エクスペリエンスを提供できていることになります。このカバレッジは、インストール済みのユーザー デバイスの状態に基づいて計算され、毎日更新されます。

ドメインを追加するとどうなりますか?

確認済みのドメインを追加すると、そのドメインに関連する URL が Google Play Console に表示されるようになります。ただし、この情報はすぐには反映されず、追加したドメインの URL が表示されるまでに 1 日程度かかる場合があります。また、現時点では確認済みのドメインをリストから削除することはできません。

Google Play Console の推奨に沿ってアセットリンクを修正しましたが、カバレッジは変更されません。なぜですか?

ディープリンクのカバレッジは、アプリの現在の状態ではなく、アプリをインストール済みのユーザーが特定の URL を開けるかどうかに基づいて集計されます。アセットリンクを変更したり、新しいインテント フィルタを追加したりしても、インストール済みのユーザーベースがそれらの変更を認識するまでには時間がかかります。カバレッジの値は、ユーザーに最新情報が届くにつれて徐々に変化していくはずです。

スクリーンショットをプレビューできる URL が限られているのはなぜですか?

プレビューのスクリーンショットについては、ページ内で利用可能な一部の URL に限定してテストを実施しているところです。プレビューが利用できないというメッセージが表示された場合でも、アプリに問題があるわけではありません。現時点でプレビューを利用できるのは一部の URL に限られますが、今後この機能の対象となる URL を増やせるよう取り組みを進めています。

URL はどのような方法でグループ化されているのですか?

どの URL を同じグループにするかは、ヒューリスティックを使用して決定しました。アプリにすでにインテント フィルタがある場合、それらは常に UI 内のグループとして表示されます。Google のアルゴリズムでは、インテント フィルタに一致しない URL のみがグループ化されます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー