Android 絵文字ポリシー

Android 絵文字ポリシー

Google の絵文字ポリシーは、Google プラットフォーム全体を通じて、一貫したインクルーシブなユーザー エクスペリエンスを促進できるように設計されています。

Android 12 以上で動作するアプリは、最新の Unicode バージョンが一般公開されてから 4 か月以内に準拠する必要があります。

最新の Unicode バージョンに準拠するためには、以下のいずれかの方法を選択して実施しなければなりません。

  • すでに AppCompat を使用している場合は、絵文字が有効になっていることを確認します。
  • アプリ内のすべてのサーフェスで、既存の EmojiCompat ライブラリを使用します。これにより、StaticLayout を直接使用するカスタム ビューに対応できます。
  • 絵文字の取り扱い、フォント、画像を、Unicode の最新バージョンに基づいて更新します。

アプリが最新の Unicode バージョンに準拠しているかどうかは、以下に示す絵文字の例が表示されるかどうかで確認できます。

Unicode バージョン
😶‍🌫️ 🧔🏻‍♀️ 🧑🏿‍❤️‍🧑🏾 13.1
🥲 🥷🏿 🐻‍❄️ 13.0
🧑🏻‍🦰 🧑🏿‍🦯 👩🏻‍🤝‍👩🏼 12.1
🦩 🦻🏿 👩🏼‍🤝‍👩🏻 12.0

 

絵文字の互換性に関する追加のガイダンスについては、こちらのリソースをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
92637
false